日刊アメーバニュース

愛子さまの拒食症が打ち砕く、陛下の「生前退位」構想

2017年03月18日 08時01分
提供:デイリー新潮

■「愛子さま」の拒食症が打ち砕く陛下「生前退位」構想(上)

 陛下による「生前退位」構想には、皇太子さまと雅子妃へご自覚を促そうとする思いが秘められていた。それは本誌(「週刊新潮」3月9日号)で報じた通りだが、愛子さま(15)の拒食症が現実のものとなり、この病気のままならぬ性質が陛下の切なる願いを打ち砕かんとしているのだった。

 ***

「痩せたね」が褒め言葉で、「ふくよかになったね」が必ずしも相手を称える言い回しにならぬ以上、多くの女性はいわば「痩身教」を奉じ続けることになる。

 他ならぬ愛子さまもまた、そのひとりでいらっしゃるようなのだ。

 3月3日、新宿区早稲田の学習院女子中等科。

 午前9時10分。早稲田通り脇に停車したミニバンから降りられた愛子さまは濃紺で膝上丈のウール・コートのいでたちで、歩きスマホならぬ歩きテキストで学校へ向かわれたのだった。



 この日から始まった中学生として最後の試験が、合格点のいわば境界線(ボーダーライン)を意識させるあまりだろうか。左手のテキストは英語の【受動態】をテーマにしており、こんな問題が並ぶ。

〈京都はたくさんの人々に訪問されています〉〈私たちは本当に驚きました〉

 5分弱の登校シーンにおける足取りはしっかりとされていた。去る2月23日に我々が目撃した写真ほどには激痩せぶりを感じさせないのだが……。

 それはすなわち、皇太子さまの57回目の誕生日の折に公表されたご一家の肖像写真を指す。全身写真(1)は昨年7月のものであり、これと比べれば愛子さまの痩身の度合いが際立つのだ。

 この体重減は、昨年9月に始まった愛子さま独自の食事制限から来ているわけだが、改めてそのひとくさりを振り返っておこう。

■マスク姿を見かけなくなり

 夏休み中におけるお出ましの映像を見たクラスメイトは2学期が始まって、こう声をかけている。

〈お洋服もすごく似合っていた。痩せたね〉

 愛子さまの耳に心地よく響いたこういった言葉は、更に痩せることがより自分を美しくさせるのではないかという思考回路へと導いた可能性が低くない。事実、東宮関係者のひとりは、

「体重が増えるのはよろしくないとお考えになっている節があって、そこに嵌りこんでしまうとそう簡単には元に戻せないようです」

 と困惑しきりであるし、さる皇室ウォッチャーはこんな風に見立てる。

「たとえ夏であってもマスクをされることが多かったのです。が、3学期に入ってマスク姿をあまり見かけなくなりました。いまのご自身に納得、あるいは満足されているというお気持ちがそうさせているのではないかと映ります」

「私が聞いたことがあるのは……」

 と、精神科医の片田珠美氏がこんな診断をする。

「ある女の子がクラスのなかでダイエット競争をしました。それで1番になった彼女は周りからきれいになったねと褒められたのですが、そこで“痩せるといいことがあるんだな”と勘違いし、ダイエットが止められなくなり、エスカレートした挙句、拒食症になってしまった。これを『不適切な学習』と呼びます」

■ブレーキがかからず



 本誌はかつて、陛下による生前退位のご真意について報じた。それは、さる関係者の言葉を借りれば、

「陛下は、皇太子さまと雅子さまのお振舞はまだ物足りなく、もどかしさを覚えてしまうことが多い。一刻も早く天皇皇后というお立場に就いてもらい、そのご身位にふさわしいはたらきをしてほしいと切に願われているのです」

 ということになる。愛子さまの現状と陛下のご意向とは密接不可分の関係にあるのだが、ともあれ、愛子さまの状態をもう少し見極めてみよう。

 愛子さまが採られたのは、主に炭水化物を避けるダイエット。その内容については、ノンフィクションライター・友納尚子氏による昨年の本誌45号への寄稿において、大要こうある。

〈白米はほとんど召し上がらなくなっていた。朝はパンをひと口にヨーグルトやジュースだけ。夜は肉類をほとんど召し上がらず、たまに喉越しのよいうどんを口にされることがあっても半人前ほどで大半は御膳に残される。水分もあまり摂らなくなってしまった〉

 ダイエットに詳しい、愛知みずほ大学の佐藤祐造学長はこう警告する。

「人間の脳神経細胞が正常に作動するためには1日150グラムのぶどう糖、お茶碗で言うならば軽く3杯分の白米が必要です。これを摂らなければ身体はタンパク質や脂肪から糖を作ろうとする。行き過ぎると身体のなかで無理が生じ、例えば腎臓に悪影響が出たり、筋肉組織が壊れたり、代謝がうまくいかなくなったり。半年以上の糖質制限は危険。やり方が簡単だから、普及しているようですが」

 更に、精神科医の和田秀樹氏によれば、

「精神医療における拒食症の診断基準は、年齢・性別に対して著しい低体重が生じている状態で、にも拘らず体重増や肥満への強い恐怖感があること、あるいは体重増加を妨げる持続的な行為をしていること、体重や体型への不適切な自己評価を持っていること……といった点になります」

 前述したように、体重が増えることに対して愛子さまが恐怖感と行かないまでも後ろめたさをお抱えになっていることや、

「“以前、食べない時期があった”という話を聞く限り、拒食症という診断に矛盾はないと思います」(同)

 ***

「愛子さま」の拒食症が打ち砕く陛下「生前退位」構想(下)へつづく

特集「『愛子さま』の拒食症が打ち砕く 陛下『生前退位』構想」より

「週刊新潮」2017年3月16日号 掲載


【関連記事】
【寝室問題】は皇室にもあった 昭和天皇が変えた「寝室の作法」
「紀子さま」「佳子さま」が激しく口論した「青いタンクトップ」と「見せブラ」
今上天皇に血統の近い、知られざる「男系男子」の存在が!
雅子さま、素手で蚕を触れない!? 迫りくる「皇后教育の壁」
小倉優子「夫の不倫」離婚が「慰謝料ゼロ」でもおかしくない理由

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

国内アクセスランキング

  1. 1眞子さまの車が自損事故=走行不能に、けが人なし24 4月27日13時34分
  2. 2高齢2女性、手つなぎ転落=駅ホーム、はねられ死亡-神奈川県警40 4月24日19時58分
  3. 3菊川怜の結婚でまたしても倫理観が問われるフジテレビのやり方写真2 4月28日17時00分
  4. 4入れ墨彫師が無罪主張=医師法で初の正式公判-大阪地裁25 4月26日16時24分
  5. 5合法化活動「一線から退く」=医療用大麻の意義主張-高樹被告12 4月27日17時49分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る