日刊アメーバニュース

坂口健太郎の新旧彼女が同席 波瑠と高畑充希、視線合わず

2017年02月09日 07時00分
提供:NEWSポストセブン

「交際報道後初のツーショット登壇とあって、力が入りました。もちろんどの社の狙いもあの2人。ただ、1人挟んで隣にいた彼女のことが気になって気になって…」(スポーツ紙カメラマン)

 2月2日に行われた『第41回エランドール賞』は坂口健太郎(25才)と高畑充希(25才)カップルが受賞するとあって、例年以上の注目度に。会場には100人を超える報道陣がつめかけた。

『エランドール』とは、フランス語で「黄金の飛翔」という意味。60年以上の歴史ある賞で、毎年12月1日から翌年11月30日までに発表された映画やドラマから優れた作品、プロデューサー、俳優たちが選ばれる。

 中でも『新人賞』は、第1回では石原裕次郎(享年52)、高倉健(享年83)が受賞している名誉ある賞で、原則として6人以内の男女合わせた俳優たちが選ばれる。

 今年はNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』などに出演した坂口や高畑、『あさが来た』などのディーン・フジオカ(36才)、波瑠(25才)、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の星野源(36才)、映画『怒り』の広瀬すず(18才)が受賞した。

「どうしたって坂口さん、高畑さん、波瑠さんの並び順が気になります。高畑さんは坂口さんの今カノ、波瑠さんは元カノですから。交際期間はかぶってはいなかったものの、高畑さんは波瑠さんから朝ドラバトンを引き継ぐという縁もありましたしね…」(芸能関係者)

 気になる立ち位置は右から坂口、高畑、ディーン、波瑠、星野、広瀬の順に。話題のカップルが「偶然」隣り合うことになったものの、その隣に波瑠が立つことはなかった。

「3人が並んでスリーショットを撮られないように、事務所側から指令があったのでは…という声も現場ではあがってました。変に勘ぐられないように、ディーンさん1人挟むという“絶妙”な距離にしたんじゃないかと」(前出・スポーツ紙カメラマン)

 実際は、男女交互に五十音順で並ぶのが通例で、坂口・高畑カップルが隣同士なのも、波瑠との間に1人挟まったのも単なる偶然なのだとか。

 そんななか、高畑は坂口とのことを聞かれ、「どんなスピーチをするか話していました」と、舞台裏での仲よしエピソードを明かした。

「交際について触れてこなかった高畑さんにしては相当なリップサービスですよ。“3人”から目をそらせたかったのかもしれません」(前出・スポーツ紙カメラマン)

 高畑と波瑠の目線が合うことは一度もなかった。

※女性セブン2017年2月23日号


【関連記事】
高畑充希が坂口健太郎のマンションに通う姿をキャッチ
『東京タラレバ娘』で人気の坂口健太郎 高畑との交際も順調
現役カフェ店長G乳グラドル廣瀬聡子 店内で過激サービス
ビートたけし 「ニッポンは『世界のテレ東』みたいなもの」
深田恭子も連ドラで話題沸騰 TVにおける入浴シーンを考察 


コラムアクセスランキング

  1. 1今から秋までフル活用! 高コスパな「ユニクロの旬ワンピ」写真 8月18日10時01分
  2. 2IKEAでムダに棚を買って…月収50万でも毎月赤字のダメな特徴写真 8月18日08時47分
  3. 340代50代で離婚した女性の老後資金を貯める方法写真 8月18日18時00分
  4. 4お金が遠ざかる人がやっている「お金持ちになれない」3つの習慣写真 8月17日15時00分
  5. 5浮きブラ、ブラ紐……。「夏の下着問題」を解決する優秀ユニクロ下着5選写真 8月17日17時48分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る