日刊アメーバニュース

終電をあきらめ飲み明かす人に―乗換案内の「駅すぱあと」が「酔っ払いモード」強化

2017年01月11日 17時25分
提供:インターネットコム

終電をあきらめて飲み明かす人のため、乗換案内「駅すぱあと」に自宅への始発電車がいつか教えてくれる「始発案内」機能が加わった。専用Webサイトから利用できる。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

駅すぱあとは鉄道などの経路検索が簡単にできるほか、2016年11月末に数タップで帰宅のための最終経路と終電時間を確認できる「酔っ払いモード」を導入している。

酔っ払いモードには、学生より社会人から大きな反響があり、「終電を逃した人向けの始発案内も欲しい」「終電を諦めて始発まで飲み明かしたことがある」といった意見が集まった。

そこで今回さらに機能を拡張した。数タップで現在位置から自宅への終電、始発の時間が確認できるほか、始発時間までのカウントダウン機能もある。さらに「詳細な経路はこちら」という画面から、終電または始発の経路や乗り換え情報を調べられる。

終電・始発の時間を「安い経路での時間」または「乗り換えが少ない経路での時間」で切り替えて表示することも可能だ。

酔っ払いモードは、月額216円(税込)の「プレミアムコース」へ登録するか、「auスマートパス会員」に加入していれば利用できる。


【関連記事】
スマホで買い物したら、「駅のロッカー」で受けとろう―便利な「PUDO」、関西に初登場
年末、青春18きっぷのおともにいかが?―「JR時刻表」をiPhoneで見られるアプリ
山陽新幹線でまた8トンネル、携帯電話が利用できる
「優先席で席をゆずるべき」大幅減、「ゆずろうとして断られた」増加―意識調査

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

ITアクセスランキング

  1. 1最も多く清水富美加を取材した男の手記が「すごく共感できる」と絶賛2 2月18日21時00分
  2. 2フランス発のスマホ「Alcatel PIXI 4」がイオンモバイルにて1万円で発売写真 2月19日20時05分
  3. 3美しいデザインのスマホ用スタビライザー「Fancy」…iPhoneにぴったりのサイズ感とカラーリング写真 2月18日19時10分
  4. 4プリンストン、4K動画やハイレゾ音源に対応したNASキットを発売写真 2月19日20時10分
  5. 5「政治家はコートを着てはいけないというルールがあった」 水島広子元衆議院議員が選挙戦の思い出をツイート 2月19日15時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る