日刊アメーバニュース

「論理的に考えたらそっか」と納得! 元外資系女子がダイエット成功談を語る

2016年03月22日 17時00分
提供:マイナビニュース

●激務の外資系女子にダイエットの余裕はゼロ?

こんにちは、トイアンナです。かつての私は月の残業時間がかなりになる外資系企業でゴリゴリ働いていました。

今回お話しするのは、女子にとって永遠のテーマでもある「ダイエット」。かくいう私も意識する1人でした。ハードな外資系企業では、起きて活動している時間が長いおかげか、基礎代謝が増えてある程度は痩(や)せるのですが、そこからさらにダイエットを開始するには厳しい状態。それもそのはず、いわゆる「ダイエットはこうすべし」に従えない条件がそろっていたからです。

○ダイエッターが逃げ出すバッドコンディション

・睡眠時間が不規則
朝8時から会議が始まる日もあれば、深夜4時まで残業して朝10時出社なんてことも。フレックスタイムといえば聞こえはいいものの、実際には早朝から深夜まで残業が入りうる無法地帯でした。

職場環境にも問題はあると思いますが、今回はひとまず置いておき、睡眠時間が不規則すぎてお肌はボロボロ。「22時から深夜2時は肌のゴールデンタイムだからよく寝ましょう」なんて記事を読むたびに「肌を生かしてキャリアを殺すか、キャリアを生かして肌を殺すか」と頭を抱えたものです。

・お菓子など間食の誘惑が多い
会議、会議、そして外出。分単位でみっちり詰まったスケジュールは効率的な働き方を提供してくれる代償に、私のランチタイムも削ってくれました。そうなると目に付くのがお菓子の誘惑。会社も乙女心をよくわかっていて、おからで作ったお菓子も配給されました。が、譲らざるを得ないんです、メタボを気にする先輩に……!

乙女のダイエットより、エラい人の血圧。かくして若い社員はチョコレート菓子へ手を伸ばしてはカロリー過多を味わっていました。先輩のせいじゃないんです、すべては残業が悪いんです。

・ジムへ行く時間に帰宅できない
繁忙期ともなれば、出社が9時で帰宅が深夜0時。それを土日も繰り返します。一方、スポーツジム(以下ジム)の開業時間を見てみると、東京の赤坂・六本木エリアであれば24時間営業ジムがあるものの、通常の店舗は23時には閉店……。

いざ運動しようと思ってジムに登録したくても、ジムが開いている時間は働きっぱなしで登録する機会すらないというのが現状です。ああ、港区に住むお賃金があればよかった。

……と、ダイエットを始めるには不向きな暮らしをしていた中でも、なんと1カ月に8キロ減量できたことがあります。というのも、あるプロジェクトが深夜に及び、連日連夜ファストフードをてんこ盛りで食べていたらむくむく太ってしまったのが原因。ダイエットの成功要因は8キロ減らせるほど太っていたことが何より大きいものの、少しでも参考になれば幸いです!

●1カ月8キロ減を可能にした"ハードで極端な"ダイエットとは
○「論理的に考えて、そりゃ痩せるよ」という話

ありとあらゆるダイエットのページに書いてある黄金ルール。それが「消費カロリーを摂取カロリーより増やせば痩せる」という話です。そして消費カロリーを増やすために運動してみたり、食事制限を課して摂取カロリーを減らしたりします。

じゃあ、両方やっちゃえばいいんじゃない? と思いついた私。

運動には有酸素運動と無酸素運動があって有酸素じゃないと痩せないとか、いやいや筋力トレーニングなくして美ボディーはどうとか、考えるのって面倒じゃないですか? 食事だって、やれこの野菜は糖質が多いとか、食べる順番がどうとか考える心の余裕、毎食ありますか??

こうして、忙しくてもできる究極のダイエットは「ハードな運動をしながら、摂取カロリーを制限すること」だと思いました。特にダイエットを始めた時期はプロジェクトが佳境で、長期的ダイエットを試みようものなら過労で倒れるリスクがありました。

そこで、たった2つのシンプルな方法で1カ月8キロ減量を達成しました!

1.摂取カロリーを800kcal/日に制限

2.5kmマラソン/日

ええ、このダイエットはハードで極端です。

特に私は運動が苦手で、学生時代から体育だけはビリをうろうろ。ドッジボールでは真っ先に当てられるドン臭い役回り。ですから集団競技ではなく、1人で黙々とこなせる競技を選びました。激務のため業務後の深夜1時から着替えてランニング開始。大体30分から1時間ほどかけて、ゆっくり走りました。

つらさを感じないためにトランスやアイドルソングなどアップテンポの曲をかけて、自然と足が動くようにテンションを上げていました。特につらいのは筋肉痛が襲い掛かる3日目ですが、逆に5日目くらいから「あれ、5kmってこんなに短かったっけ?」と思うくらい楽に。さらにコースが同じだと景色に飽きてしまうので、数日に1回は別のルートをたどっていました。

一方、800kcalに抑える食事制限ですが、朝はこんにゃくゼリー、昼はサラダチキン、夜はおでん……とコンビニでも意外と食べられるメニューでこなしていました。そのほかにもローカロリー食材として、白身魚のお刺し身、カップ麺の低カロリー商品、納豆、半熟ゆで卵あたりがオススメです。

○肉体的に厳しいことも、短期間ならできる!

無謀とも言えるダイエットを達成できたのは「1カ月で終わらせる」心意気があったから。本当の目標体重は-6キロだったのですが、極端なダイエットでリバウンドも発生することを考えて、さらに-2キロを追加。最終的に8キロ減らすことができました。その後リバウンドもしましたが、最終的に-6キロをキープ。運動したおかげで汗をかいて老廃物が流れたのか、肌の調子も良くなった気がします。

このダイエットをたとえるなら、ボクサーの試合前減量。ダイエット期間中は記憶が飛ぶほどつらかったですが、そもそも仕事が忙しすぎて記憶も飛ぶほどつらかったので何の問題もありませんでした(悲鳴)。

ここまで、健康に非常に悪そうなダイエットをご紹介してまいりました。もちろん、期間に余裕が持てそうなときはマトモなダイエットを試みてほしいと思います。もし激務だからダイエットできないと思っている方がいらしたら、"やればできないこともないぞ"という「マインドセット」のご参考になれば幸いです。

※本コラムは個人の体験に基づくものであり、医療的な効果などを示唆・保証するものではありません
※画像は本文と関係ありません

○著者プロフィール: トイアンナ

外資系企業で約4年勤務。キャリアの一環としての消費者インタビューや、独自取材から500名以上のヒアリングを重ねる。アラサー男女の生き方を考えるブログ「トイアンナのぐだぐだ」は月間50万ページビューを記録。現在もWebを中心に複数媒体でコラムを連載中。

【関連記事】
あなたの体内の老化具合がわかる「体年齢診断テスト」がオープン
なぜ外資系企業にはスリムでキレイな女子が多いのか? 驚きの美容法を公開
生理前にイライラ! 私の悲惨な「やらかし」体験を告白します (1)
生理はつらいよ! 女子がひた隠しにしている「生理中の失敗」 (1)
避妊率99.9%! 私が「ピル」を10年使っている理由を教えます

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

国内アクセスランキング

  1. 1靴店に車突っ込む=男性巻き込まれ死亡-東京5 9月26日19時50分
  2. 2入院1週間以内で2人死亡=88歳寝たきり、同じ部屋-横浜患者殺害1 9月27日05時24分
  3. 3御嶽山噴火、遺留品今も160点=長期保管、遺族らに公開-長野県警写真 9月26日14時49分
  4. 4ダルビッシュ投手弟に有罪=賭博開帳罪を適用-大阪地裁2 9月27日11時33分
  5. 5難病「全身性強皮症」で53歳で急逝したノンフィクション作家 最期の日々を編集者が明かす写真1 9月26日13時10分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る