日刊アメーバニュース

広島人が大阪人に激怒「日本発祥のお好み焼きは広島風!関西風は韓国起源」

2016年03月13日 07時30分
提供:しらべぇ

どちらも美味しい日本の庶民的グルメとして知られているが、それに納得がいかないというのは、広島県在住の山本さん(仮名)。
彼いわく、「関西風のお好み焼きはじつは韓国起源で、起源の捏造で日本一になった食べ物」で、真の日本発祥のお好み焼きは広島風なのだという。
いったいなぜ彼が関西風お好み焼きは韓国起源と考えるようになったのか? その3つの理由を記者に教えてくれた。
①粉と具材を混ぜて焼く文化が日本にない

「まず理由としてあげられるのが、『粉と具材を混ぜて焼く文化が日本にない』ということ。
お好み焼きの起源とも言われる安土桃山時代に千利休が考案した『麩の焼き』や、それをルーツに江戸時代末期に作られた『助惣焼き』、どちらも生地を焼いてから餡を巻く料理です。
また、明治時代から大正時代に食された、現代のお好み焼きに近い『どんどん焼き』や『一銭洋食』も、同じく生地を最初に焼きますよね。
もんじゃ焼きも当時はうどん粉を水で溶いて焼くだけのもので、具を混ぜて焼くようになったのは昭和30年代後半からと言われています。
そのため、具材を混ぜて焼く関西風お好み焼きは、生地を最初に焼く日本発祥の料理とは違うルーツを持っていると言っても良いはずです。
韓国ではパジョンと呼ばれている、李朝時代に作られたネギなどの具を粉と混ぜて作る『チヂミ』が起源と言っても良いのではないでしょうか?
麩の焼きをルーツに持つお好み焼きは、関西風のお好み焼きでなく、生地を最初に焼く広島風お好み焼きなのです」
②なぜかほとんどのお好み焼き屋にキムチが置いてある
「大阪のお好み焼き屋はほとんどの店にキムチが置いてありますが、広島のお好み焼き屋でキムチを置いてあるところはあまりありません。
豚キムチ焼きなどお好み焼きにキムチを入れて焼く料理も関西風お好み焼きにはたくさんありますよね。これは関西風お好み焼きは韓国人が作ったからだと推測されます。
広島風お好み焼きにもトッピングでキムチは確かにあるのですが、これは客の好みに合わせて置いてあるだけでしょう。カクテキやオイキムチまで置いてあるお好み焼き屋は広島にはほぼ無いですよ。
大阪の有名お好み焼きチェーン『鶴橋風月』は韓国にも2店舗お店を出しており、現地でも大人気ですよね。きっとルーツが韓国だから受け入れられやすいんだと思います」
③そもそも大阪風お好み焼きを最初に出したのは東京の店
「最後に、関西人はお好み焼きを大阪発祥のように言っていますが、最初に現代のような形の関西風お好み焼きを出したのは、昭和12年に東京で創業した『浅草染太郎』です。
それをあたかも大阪発祥のように言い、キムチをブチ込んで東京のお好み焼きよりも大阪のお好み焼きの方が本場だと喧伝している関西人は恥ずかしくないんですか?
安土桃山時代の麩の焼きにルーツを持つお好み焼きは広島風お好み焼きで間違いないんです。起源を捏造している関西人には恥を知って欲しいですよ」
…という理由であった。確かに山本さんの言っていることは理がかなっているような気もするが、実際のところはどうなのだろうか?
よく「広島県民に広島風お好み焼きを“広島焼き”と言うと怒られる」とは聞くが、どちらも美味しいお好み焼きであることには間違いないので、仲良くしてほしいものである。
(取材・文/しらべぇ編集部・雨間ゆうすけ)
福山雅治も食べた!「お好み焼き」の名店を目黒で発見
【レシピ】沖縄風お好み焼き『ヒラヤーチー』が超簡単で激ウマ
セブンイレブンのロングセラー商品「ブリトー」が安ウマすぎる
丸亀製麺と富士そばの夢のコラボが実現できる台湾の新光三越
京王線・明大前駅の『せんベロ呑み屋』がウマすぎて困る

この記事のコメント

12件を表示 / 2件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1お金が貯まる! 「すぐ結果が出る」節約方法6つ写真9 12月05日06時40分
  2. 2オレにそんなこと言われても……男子大学生に聞いた、正直ウザイと思う女子のLINEメッセージ5選写真6 12月04日19時30分
  3. 3メッセージで確認! 女子大生が本命男子だけに送る脈ありLINE5選写真5 12月04日15時00分
  4. 4すんげぇキレイになっててびびった……! 別れて後悔した女性の特徴・6選写真11 12月05日06時47分
  5. 5赤ちゃんは特に要注意!冬場の室内の暖めすぎに潜む危険とは?写真 12月04日20時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る