日刊アメーバニュース

子育てはつらいもの? もしもの時は周囲に頼ろう

2016年03月10日 13時00分
提供:WomanNews

核家族が増えてきて、子供を持つお母さんたちが閉塞感を感じつつ子育てをしている世の中になってきました。特に出産前までバリバリ働いていた女性にとって、育児をするのはとてつもない精神的な疲労を感じることと思います。

「世の中のお母さんたちみんな、楽しそうに子育てしてるのにこんな風に思う私が悪いのかな」

お母さんたちを追いつめているのは、勝手な母性神話なのかもしれませんね。世の中のお母さんたちはみんな笑ってるから、他の女性はみんな子どもを育てたんだから、子供は可愛くて当然、笑って育てられて当然、そんな勘違いをしているのかもしれません。

でも、はっきり言って子育て中に「ムキーっ」となったり「もう嫌だ!」って思っちゃうのはみんな同じです。楽しいだけで子育てなんてできるものではないのです。つい怒っちゃっても、イライラしちゃっても、それは普通のことなのです。

【子どもと向き合っていればイライラすることだってある】

子どもと真剣に向き合っていればイライラすることだってあります。だって、子育てって自分とは違う人間のペースに合わせまくるってことですからね。自分のしたいことはできないし、一人の時間なんてほとんどないし、寝るのも小刻みだし、これできついと思わない人は聖人か何かか!?と思います。子どもといて大変だと思う人は子どものことをちゃんと見てるんですよ。だから自分を責めないでくださいね。

【虐待してしまいそう…そんな時は周囲を頼って!】

子どもを愛してるのに虐待してしまう、こういうパターンは少なくありません。また、その時は子どもが憎くて憎くて虐待したけど、振り返ってみるとなんで虐待しちゃったんだろう?と後悔の念でいっぱいになる、こういう人もいるようです。

子どもを虐待している人の多くは≪追い詰められている≫場合が多いです。お母さん自身に余裕がないのですね。昔は地域の人や同居家族がヘルプを受け止めてくれたものですが、今は母親と乳幼児の2人きりの空間で行われるため、防ぐことができません。

もし、ちょっとでも「やりすぎたかな」「最近子供に興味が持てない」「私といたら子供がダメになる」そう感じることがあったなら、周囲の人に助けてもらいましょう。児童福祉士は悩めるお母さんの相談にしっかりと乗ってくれます。ヘルパーさんを雇うのもいいでしょう。実のお母さんや近所の人たちに頼るのもいいです。

「虐待なんて恥ずかしい」なんて思っちゃいけません。周囲に相談し、子供を救おうとするのは母親からの最大の愛です。「虐待しそうな自分から子どもを守って!」という声は子供を守るために大事なのです。また、子供が小さい時期に関係修復をしておけば、子供がある程度大きくなったら憑き物が落ちたように子供に対する興味がわいてくることもあります。まずは誰かに相談すること!これが最悪なケースを避ける最適な手段です。

【本当は父親が関係調整をするべきなんだけど…】

イクメンという言葉が流行りだし、父親も育児参加する時代となりました。これは核家族化した現代日本で子供を育てる上で必要不可欠なことだと思います。けれど、実際には父親が育児に参加できないというケースが多いようで、理想と現実のギャップに悩まされているカップルばかりのよう。

まず第一に父親が有休をとれない、ということと、子供が生まれたからと言って早く帰宅することが出来ないということが挙げられるでしょう。つまり、社会全体の子育てへの理解が足りていないというところですね。また、会社自体は子育てパパへの支援をしてやりたいと思っていても、この不況の中、なかなかそれをカバーできる力がないというのも問題になっているのかも知れません。こちらは、世の中の時勢の問題ですので、一朝一夕で片付くものではなさそうです。

もう一つ、子育てに無関心というパパが存在しているのも母子を追いつめる原因となっています。「子育てって母親の仕事だろ?」「自分の母親はしてたもん」「子育てして家事を完ぺきにしてこそ母親!」そんな風に思うバカ男は結構いるらしいですね。

ここまでひどくなくても、無意識に自分はお手伝い程度の認識をもってしまっていて子育てに気が回らないパパもいるようですので、手伝って!というアピールはしておいた方がよさそうです。子供は母親だけのものではありません。二人の子供ですから二人で育てられるようにするべきです。

【子育てってつらいもの?】

子育てって確かにつらいです。労力半端ないですし。でも、終わってみたら「あの頃は良かったな」「もう一度赤ちゃん抱きたい」なんて思うもの。渦中の人間にはわからないけれど、過ぎ去ってしまえば良い思い出となるつらさなんですよね。なので今、真っ最中の人に言いたい!赤ちゃん時代は一瞬!よちよち時代も一瞬!カタコト時代も一瞬!なのでその瞬間をしっかり覚えておくようにしましょう。大きくなった時、子供の成長を振り返る、それが母親への子供からの最大のお礼なんじゃないかな~と思います。




(女子のお悩み解決コラム-WomanNewsウーマンニュース-)

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1夫婦なのになぜ? 「一緒に寝ない」夫婦の実態8 写真27 7月27日20時01分
  2. 2アレ…もしかして?夫が「嫁の浮気」に勘付くさりげない3つの変化写真8 7月27日21時00分
  3. 3イケナイことしたんだからね! 不倫の代償に関する仰天エピソード13選写真11 7月26日16時00分
  4. 4毎日やってた!美容師が教える「髪が傷むNGヘアケア習慣」6つ写真5 7月27日11時45分
  5. 5もう、無理かも……アラフォー独女が結婚を諦めてしまった5つのワケ写真16 7月27日17時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る