日刊アメーバニュース

「若作り」で何が悪い! 気持ちが若いと入院リスクが減る

2016年03月09日 12時00分
提供:CIRCL

 「年甲斐もなく派手な格好して…」なんて、陰で悪く言われている上司やママ友。でもそんな人のほうが健康で長生きできるらしい。

□実年齢より年老いて感じたら要注意
 1万人以上を調べた結果、自分が実年齢より若いと感じる人は、入院のリスクが低いことが明らかになった(※1)。

 実年齢とは、本当の年齢のこと。これに対し「感覚年齢」は自分の精神的、肉体的状態を振り返ってみて自分自身が何歳に感じるか、というもの。実年齢とは必ずしも一致しない。試しにご自分の感覚年齢を実年齢で割ってみてほしい。その値が高い人ほど、入院するリスクが高くなるそうだ。「気が若い」は健康を保つ秘訣ということだ。

□高齢化社会 いかに健康年齢を長くするかが大事
 いまや総人口の25%が65才以上になり、その割合は増える一方の日本(※2)。いかに老化を遅らせ、健康年齢を長く保つかは一人一人に課せられた最重要課題だ。年を取れば若い頃のように無理は出来なくなるし、あちこち不調が出てくる。だからといって同じ年齢でもすっかり老け込んでいる人もいれば、はつらつとしている人もいる。その違いは何だろう?

□さらに入院することで老化が進む
 老化にともなって病気やケガが多くなるが、盲点はそれにともなう「入院」だ。入院によって老化が進むという、あまり嬉しくない調査結果が出ている(※3)。

 入院で適切な治療を受けて、本来ならば若さを取り戻すはずが、制約の多い状況で動ける範囲も限られ、食事も自由にならないことなどから一気に老け込むのだという。病気にならないように気を付けるのも大切だが、気を若く保つことで入院リスクを減らすのも重要だ。

□若作りは若返り 入院リスクを減らそう
 「病は気から」とはよく言ったもので、どこも悪くないのに調子が悪いと思い込むだけでだんだん塞ぎがちになり、今度は本当の病気になりかねない。感覚年齢が若い人のほうが肉体的、精神的にも健康というだけでなく、老けて感じる人よりも寿命が長いそうだ。

 いい例が「美魔女ブーム」。実年齢より若くてきれいな中年層が増えている。また最近はお年寄りでも、昔と比べて元気な方が多いと感じる。「年齢なんてただのナンバー」とは、あるタレントさんの名言。やはり人から見られるという意識があるせいだろうか、テレビで見かけるタレントさんは、実際の年齢よりずっと若々しい。

 自分は若い、と思い込むだけで健康が保てるなら安いものだ。この春は服装や髪形を少し若作りして、若者でにぎわう街へお出かけしてみてはいかがだろうか。

【関連記事】
高層階ほど心停止後の蘇生率が低い?17階以上で1%以下まで激減!
20年越しの調査が結実 ランニングは長生きにもうつにも効く
薄毛には植毛?植毛先進国アメリカでトラブル急増中! 慎重な判断を
フケや抜毛の徹底防止? オシャレ女子の正しい髪の洗浄法
睡眠中のトイレ1回でも「夜間頻尿」背後に隠された重大な病気とは?

この記事のコメント

19件を表示 / 9件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1朝はダイエットの黄金タイム!「1日中太らない体」を作る朝活4つ写真8 5月22日08時30分
  2. 2このメッセージはスルー対象! 男性が既読無視した彼女からのLINEの内容4つ!写真8 5月23日07時45分
  3. 3これこそ一生ものの幸せ! 旦那様に大事にされる女性の特徴4つ写真103 5月18日06時38分
  4. 4「若さ」や「かわいさ」ではなかった! 男性が思う「いい女」の特徴4選写真22 5月23日06時45分
  5. 5手取り15万円で土日出勤も ブラック化する保育園10 5月23日07時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る