日刊アメーバニュース

内田理央精一杯出し切ったので悔いはないふんどし姿でみせた新境地&女優魂! 『血まみれスケバンチェーンソー』インタビュー

2016年03月08日 18時32分
提供:EntamePlex

3月5日より公開となった映画『血まみれスケバンチェーンソー』(R15+)の舞台挨拶が6日、都内で行われ、主演の内田理央をはじめ、キャストの山地まり、佐藤聖羅、玉城裕規、そして、山口ヒロキ監督が登壇した。



本品は、『月刊コミックビーム』(KADOKAWA)で連載中の三家本礼による同名慢画を実写映画化。うぐいす学園に通う無頼のスケバン女子中学生:鋸村ギーコ(内田)が、天才的なマッド・サイエンティストの能力を武器にクラスメイトを次々と改造人間に変貌させ自らの帝国を築こうと目論む碧井ネロ(山地)と激しい死闘を繰り広げる強烈スプラッタアクションムービー。

この日、キャストたちはサプライズで劇中の衣裳で登場! 主演の内田が、4kgのチェーンソーを担ぎ、血まみれのセーラー服姿にゲタという出で立ちで客席から登場すると、会場から大歓声が沸き起こった。



本作が映画初出演だった元SKE48の佐藤は「マネージャーさんから『股間からミサイルを撃つ役だけどいい?』って一文だけのメールがきて即答できなくて“とりあえず詳細をください”と返信して、すぐに漫画を読ませていただきました。(ミサイルを撃つシーンの)撮影では、音も鳴らないしミサイルも出ないので…M字開脚でただひたすら腰を振るというシュールな撮影でした(笑)。どう実写化されるのか不安しかなかったんですけど、仕上がりを観るとめちゃくちゃかっこよくて自分に惚れ惚れしました」と振り返った。



怨憎演じる玉城は、女性から男性へと改造させられてしまう役とあって「女子中学生役だから当然スカートを穿くと思って太ももの付け根まで役作りで毛を剃って脚を出す気満々だったんですけど、スカートが(くるぶしより少し上くらいの)ロング丈だったので空回りで終わってしまいました」と明かし、笑いを誘った。



主役のギーコに立ちはだかる強敵・ネロを演じた山地は「タイトルだけだとグロいスプラッタ映画なのかなと思われがちですけど、実は笑いあり感動もありで、人それぞれ受け止める場所が違って楽しめる作品です。私ももう4回観たけど全然飽きない! 何度も観て笑ってほしいです」と作品の仕上がりに自信をみなぎらせていた。

そして、主演の内田は「ポップでおバカで青春なスプラッタムービーですが、“マイノリティー(少数派)な人たち、頑張れ!”という裏テーマも込められていて、共感してくださる方もいらっしゃるかなと思っています。こういう映画は、世の中が平和だからこそ楽しんでいただけると思うので、世界が平和になればいいなと願いながら、たくさんの方々に観ていただきたいです」とアピールして締め括った。



そして、今回エンタメプレックスは、舞台挨拶直後の内田を直撃。映画初主演にして、ふんどし姿でチェーンソーを振り回すという破天荒な主人公を見事に演じきり強烈なインパクトを残した彼女に話を聞いた。

――初主演作が無事に公開を迎えましたね。舞台挨拶を終えて率直な感想はいかがですか?

「この作品は、とにかくインパクトがものすごいので、いい意味でファンの方たちを裏切れたと思います。初めての主演映画がこの作品ですごくよかったなと思っています。たくさんの方から感想をいただけて嬉しさでいっぱいです」

――公開前から血まみれのポスタービジュアルなど話題を呼びました。ふんどし姿でチャームポイントのお尻を惜し気もなく出していましたね。

「周りからは“ふんどしイヤじゃなかったの?”ってよく聞かれたんですけど、明るく楽しく演じることが出来ました。ふんどし姿に抵抗や一切の迷いはなかったです」

――この作品は漫画原作ですが、原作ファンの期待を裏切れないというプレッシャーなどはありましたか?

「スタッフさんやキャストの皆さんがどれだけその作品に愛を持って力を注いだのか原作のファンの方が観ると分かると思うんです。原作のファンの方たちの期待を裏切れないなという想いもありましたし、私も漫画が大好きなので、そこはかなり考えながら演じました。私だけでなく、山口監督も他のキャストの皆さんもみんなその想いが強かったので、ここまで出来たんじゃないかなと思います」

――今回演じた鋸村ギーコは強烈なキャラクターでしたが、役作りはどのように取り組みましたか?

「まず、漫画を読んでイメージを膨らませていきました。声のトーンや巻き舌で喋るところがとても難しかったです。今、作品を観たら“もっと出来たんじゃないか”っていう悔しい気持ちも湧いてきちゃいますけど、撮影ではその時出来る事を精一杯出し切ったので悔いはないです」

――撮影は夏だったそうですが、4kgのチェーンソーを振り回したり大変だったんじゃないですか?

「真夏の炎天下での撮影だったので過酷でしたけど、気合いで乗り切りました。正直、あまり記憶がないくらいで……(苦笑)、スタッフさんやキャストの皆さんにはすごく助けられました」

――山口監督の演出はいかがでした?

「現場では、ほとんど何も言われなくて……自由にやらせていただきました。私から提案しやすい環境を作ってくださったので、山口監督に提案したり相談しながら演じました。でも、最後のネロ(山地まり)とのキスシーンだけ、監督から『もっと長く! エロくお願いします!』って言われて、“そ……そこだけ言う!? キタ~!”って(笑)。ここは、こだわりのシーンなんだと思って、より真剣に演じたのを憶えています(笑)」

――初のキスシーンが山地さん。ファンにとってはダブルの衝撃でしたね。

「最初、キスシーンがあると聞いた時はびっくりしました。でも、迷っている暇もなくあっという間にそのシーンの撮影の日がやってきて……、恥ずかしがってるって悟られたくなくて平気なフリをしていたんですけど、内心はすごく緊張してましたね(笑)」



――今回演じたギーコは、『仮面ライダードライブ』で演じた詩島霧子とは真逆なキャラクターでしたし、女優としての振り幅をみせられたのでは?

「そうですね。『仮面ライダードライブ』のあとに、この役をいただいたことによって、自分の中で“こんな役にチャレンジ出来た!”っていう自信にも繋がりました。もっといろんな役に挑戦したいですし、もっとファンの方たちが驚くようなことをやっていきたいです」

――内田さんは演じることの面白味はどのようなところに感じてますか?

「普段生活していると、恥ずかしいような失敗をしたり、怒られたり、悲しい出来事があって落ち込んだり……イヤなこともたくさんありますけど、それが経験となって活かせるお仕事だと思います。女優を始めてから、生きていくのがより楽しくなりました(笑)」

――最後に、内田さんの思う本作の見どころをお願いします。

「原作を読んだことのあるファンの方にも、初めてこの映画を観るという方にも、どちらも楽しめる映画になっています。たくさん血まみれのシーンが出てきますが、ただのスプラッタ映画とは違って、すごくコミカルで、おバカで青春要素もあって、ちょっと感動のある不思議な映画になっています。普段こういうジャンルを観ないという方でも、ポップで観やすい作品に仕上がっていると思います! “こんな映画もあるんだ!?”って、心を空っぽにして観ていただけたら嬉しいです」

映画『血まみれスケバンチェーンソー』(R15+)は、シネマート新宿、ユナイテッドシネマ豊洲ほかにて全国公開中!

©2016三家本礼・KADOKAWA刊/VAP

【関連リンク】
映画『血まみれスケバンチェーンソー』 内田理央、斎藤工主演ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」にゲスト出演

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

経済アクセスランキング

  1. 1カップヌードルが「缶詰」になった??? しかもお湯いらずの「生カップヌードル」がものすごく気になる写真14 9月29日18時10分
  2. 2佐々木希と桜井日奈子のコスプレ写真に反響 「なんだこの美しさは」「岡山と秋田の奇跡」写真 10月01日10時07分
  3. 3贅沢素材を使用した沖縄モス40周年記念バーガー登場写真 9月29日18時08分
  4. 4スタバ紅茶専門ブランド「ティバーナ」日本初上陸写真12 9月28日13時25分
  5. 5ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、ヤフーと連携し転売対策強化へ 「Yahoo!チケット」でのチケット販売開始写真 9月29日17時14分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る