日刊アメーバニュース

「ガリガリ君リッチ 桜もち」がモッチモチでうまい!同価格の「桜もちもなか」と食べ比べてみた

2016年03月03日 19時30分
提供:えん食べ

『ガリガリ君リッチ』シリーズから、春を感じる新作「桜もち」が登場。3月1日より各所で販売されています。想定価格は140円(税込)。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

これは、さくらの風味と塩味の効いたさくら味のアイスに、さくら味のかき氷と“もちソース”、粒あんを入れたアイスキャンディー。数量限定かつ季節限定のフレーバーです。

筆者も近所のコンビニで発見。と、すぐそばにセンタンから販売されている期間限定アイス「桜もちもなか」(税込140円)も置いてあったので、せっかくだからガリガリ君と食べ比べてみることにしました。今日(3月3日)はひなまつりでしたしね。

●「桜の葉」はないけどほぼ桜餅

ガリガリ君リッチ 桜もちは、外側からピンク(さくら味アイス)、ピンク(さくら味かき氷)、白(もちソース)、茶色(粒あん)の4層仕立て。パッと見はピンク一色ですが、構成要素を見るとなかなか実物の桜餅に近い味が期待できそう。

対するセンタンの桜もちもなかは、さくら味のアイスに、もちソースと桜の葉入り桜あんを重ね、もなか皮でサンドしたもの。サイズはガリガリ君よりも大きく、カロリーも少し高い。

●筆者は桜もちもなかの方が好き

ごめん、ガリガリ君。私は桜もちもなかの方が好きだった。でも、前半はガリガリ君の方が好印象だったんです。

ガリガリ君は、まず全体として桜の風味が強め。そしてもちソースは上半分にだけ入っています。このもちソースがモッチモチでおいしい!かぶりつくと、口の中で桜風味のアイスと粘りのあるもちソースが絡まり合って、確かに桜餅を食べているようでした。

また、中央に入っている粒あんにはほくほくあずきの粒がちゃんと入っていて、しっかり塩が効いた味。桜の葉がない分、この塩気が桜餅のしょっぱさ(葉の部分)を見事に再現していました。

…ただ、もちソースと粒あんと桜アイスを同時に味わえる時間がちょっと短い。この3つがそろって初めて桜餅として完成されるのに。もちソースは前半に食べ終わってしまうので、映画にたとえるなら開始30分でもうクライマックスを迎えちゃって後半はじゃっかん惰性で鑑賞してる感が否めませんでした。

一方でセンタンの桜もちもなかは、ほぼどこをかじっても桜餅の味わいが楽しめたのが筆者の心をつかみました。

クリーミーなアイスもなめらかな桜あんも、桜の主張が控えめ。食べた後にフワッと香りが鼻から抜けていく上品な味わいです。また、アイスともなか皮の間に挟まったもちソースは、モチモチ感こそガリガリ君に劣っていたものの、全体にまんべんなく入っていたのが嬉しかった。もなか皮との合わせ技で食べごたえもあります。

●よく見たら“関東風”と“関西風”だった!

で、食べ終えてから気づいたんですが、それぞれのパッケージに描いてある桜餅のイメージ画像が違うタイプのものでした。

ガリガリ君は関東風、桜もちもなかは関西風。言われてみれば、ガリガリ君を販売する赤城乳業は埼玉、桜もちもなかを販売するセンタン(林一二)は大阪の会社ですもんね。そもそも違う桜餅をイメージして作られたのだから、味わいも違って当たり前なのでした。

みなさまは、どちらがお好きですか?


【関連記事】
“ガリガリ君”に甘酸っぱくてフルーティな「アセロラ」
ガリガリ君に濃厚“フォンダンショコラ”味!「ガリガリ君リッチ フォンダンショコラ」
ガリガリ君にイチゴ果汁入り「いちごサワー」!スッキリなのに濃い味わい
ジェラートみたい?「大人なガリガリ君 白桃」--国産白桃33%使用

この記事のコメント

16件を表示 / 6件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

経済アクセスランキング

  1. 124億杯販売されたセブンカフェから初のカフェラテが登場!写真4 1月20日15時00分
  2. 21999年以来のバナナソフト、ミニストップに!チョコソースで味わう「チョコバナナソフト」も写真2 1月19日07時30分
  3. 3チョコがゴロゴロ! スタバの人気ケーキにチョコフレーバーが復活写真2 1月21日10時00分
  4. 4野生のTOKIOか……! YouTubeのチュートリアル動画で勉強してゼロから家を作った女性がすごい写真 1月21日10時00分
  5. 5離れて暮らす家族と音声メッセージでコミュニケーション ぬいぐるみ型ロボット「ここくま」が1月25日に発売写真 1月20日22時55分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る