日刊アメーバニュース

土屋太鳳、覆面歌手シーアMVで圧巻ダンス! 振付師絶賛「鳥肌立つ」

2016年03月02日 10時00分
提供:ORICON STYLE

 女優・土屋太鳳(21)が、“覆面”アーティストとして知られるオーストラリア出身歌手・シーアの新曲「アライヴ」の日本版ミュージックビデオ(MV)に主演し、コンテンポラリーダンスを初披露していることが明らかになった。在学中の日本女子体育大学で舞踊学を専攻している土屋がダンサーとしてのベールを脱ぎ、圧巻のダンスや“太鳳ジャンプ”を披露。本作の振付を担当した世界的ダンサー・辻本知彦氏は「シーアの音楽の世界に入った彼女の踊りを見て鳥肌が立つ。恐ろしいほどの変貌と表現力」と感服した。

【動画】「アライヴ feat. 土屋太鳳」予告編映像

 最新アルバム『ディス・イズ・アクティング』(2月発売)に収録されている「アライヴ」は、シーアと英グラミー歌手・アデルの共作曲。公式MVには日本人天才空手少女・高野万優ちゃん(9)が主演したことで話題となった。今回新たに制作された日本版のMVでは、3歳から日本舞踊やクラシックバレエなどを習っていたという土屋が、全編にわたってソロでダンスを披露することに。本格的なコンテンポラリーダンスを披露するのは今回が初となる。

 顔を露出しないことで知られるシーアは、昨年のグラミー賞授賞式でも背中を向けたままパフォーマンスして話題に。MVも毎回、自身のトレードマークのボブのかつらを着用した“分身”のようなパフォーマーが楽曲の世界観を演じることで知られ、ヒット曲「シャンデリア」では当時11歳の天才少女ダンサー、マディー・ジーグラーが“超絶”ダンスで世界中の音楽ファンを驚がくさせ、YouTubeの再生回数は11億回を突破。持ち歌すべてのMV総再生回数は24億回を超す。

 「シャンデリア」のMVでシーアを知ったという土屋は、今回の出演オファーを快諾。多忙なスケジュールの合間を縫って約3週間練習を重ね、撮影に臨んだ。振付は、2007年に日本人男性ダンサーとして初めて『シルク・ドゥ・ソレイユ』に出演した辻本氏が担当。土屋自身も創作に加わり、自身が得意とする“太鳳ジャンプ”などダイナミックな動きも取り入れた。

 シーアのアーティスト写真同様、黒髪と金髪半々のボブのかつらを着用した土屋は、繊細かつ時に狂気を帯びたよう表情を浮かべつつ、エモーショナルな楽曲の世界観を圧倒的なパフォーマンス力で表現。振付を担当した辻本氏は「本能的でありながら、しっかりと心の奥は冷静で、時折恐怖を感じさせる。振付を終えての感想は『ただただ、すばらしい…』のひと言でした。音楽と踊りに魂をいただきました」と脱帽した。

 ダンサー魂が覚醒した土屋は「身体全体で表現をすることに対するブランクがあったので、けいこでは悔しく思うこともありましたが、本当に幸せな時間でした」と振り返り、「撮影では『生きようとする何か』『生きたいと思う何か』を注ぎ込もうと思って挑みました。ご覧になられる皆さんにもそれが伝わるとうれしいなと思っています」とアピールした。

 YouTubeではきょう2日から「アライヴ feat.土屋太鳳」の予告編映像が解禁となり、本編は6日深夜に公開予定。

■「アライヴ feat. 土屋太鳳」予告編映像
https://youtu.be/LMdt_MD0gpY


【関連記事】
【写真】顔を露出しないことで知られる“覆面”歌手シーア
11歳の美少女ダンサーが世界を驚愕させた「シャンデリア」MV
シーア、初の邦画主題歌 『秘密』大友啓史監督「奇跡というしかない」 (16年02月25日)
前代未聞!シーアが『グラミー賞』でも素顔明かさず (15年02月09日)
福士蒼汰、土屋太鳳と“異色”ラブコメ「型破りな作品になる」 (16年02月18日)

この記事のコメント

16件を表示 / 6件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1中居正広が驚きの飲酒習慣を告白、キスマイ北山との師弟関係も明かす?写真6 12月07日13時24分
  2. 2北斗晶、闘病生活でも体重変化なし 上沼恵美子が復帰歓迎「おかえり!」写真1 12月07日06時00分
  3. 3生田斗真、関ジャニ∞のセンターで完璧ダンス コラボに興奮の声殺到「ジャニーズであることを再認識」3 12月07日23時13分
  4. 4『逃げ恥』新垣結衣&星野源、癒し系2ショット写真に「リアルに結婚してほしい」写真2 12月06日18時30分
  5. 5りゅうちぇる、心霊写真の正体はもののけ「勘違いして寄ってきた」写真12 12月07日12時45分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る