日刊アメーバニュース

マイホームは「消費税10%になってから購入」した方がお得な人って!?

2016年02月28日 21時00分
提供:Woman Money

2017年4月から、消費税が8%→10%になることが決まりました。
「大きな買い物は今のうちに」と思って、マイホームの購入を本格的に考えられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
例えば、建築代金が3,000万円の場合、
3,000万円×(10%-8%)=60万円
の増税になります(土地代には税金がかかりません)。
しかし、消費税10%後に契約を結んだ方がお得な方もいるのです!
そこで今回は、ファイナンシャルプランナーの著者が、消費税10%後から適用される“住宅取得等資金の贈与制度”についてお伝えしていきます。
 
■「住宅取得資金等の贈与制度」とは?
贈与税は、110万円を超えた場合に課税されます。
例えば、贈与を受けた金額が、
1,000万円の場合:275万円!
3,000万円:1,250万円!
となり、受け取った側(受贈者)が申告して贈与税を納めなければなりません。
しかし、住宅資金に充てるためのお金を直系尊属(祖父母、父母など)から贈与を受けた場合には、一定額が非課税になる制度が“住宅取得等資金の贈与”なのです。
 
■どうして、増税後がお得なの?
この制度の非課税枠は、契約月が、
2015年の場合:1,500万円まで
2016年1月~9月の場合:1,200万円までとなっていましたが、
2016年10月~2017年9月の場合:3,000万円になるのです(消費税10%が適用され、省エネ住宅の場合)。
祖父母や父母からの贈与が見込まれる場合は、「増税だから」と契約を急いではいけません!
贈与により、住宅ローンの利息支払の軽減や相続税の節税効果がありますよ。
ただし、この非課税枠は、2017年10月~2018年9月になると、1,500万円になってしまいます。
贈与の金額にもよりますが、購入予算やローンシミュレーションに加えて、契約の時期も選んでいきたいですね。
 
■住宅取得等資金の贈与を受ける際の注意点
贈与を受けた翌年の3月15日までに、住宅の引き渡しをされている事が前提になります。
もし間に合わない場合は、非課税でなくなってしまう可能性もあります。
余裕をもったスケジュールで工事をしてもらう事が大切ですね。
いかがでしたか?
“何がお得か”は、その人の状況で全く違ってきます。
自分の状況と制度を照らし合わせて、ベストな選択をしていきましょう。
(冨士野喜子)
※ 記事中でご紹介している商品・サービス・に関してのトラブル等について当方では一切責任を負いかねます。ご自身の責任でご判断下さい。
※ 当記事は、発行日現在の法令・通達等に基づいて作成しております。
※ この記事の内容は、発行人の個人的見解を示したものでありますので、当記事のご利用により、利用者及び第三者が被る直接的および間接的な損害について、賠償責任を負いません。実務に当たりましては、法令または公的機関による情報等についてもご参照のうえ、ご自身の判断と責任のもとにご利用ください。
 
【画像】
※ Graphs / PIXTA(ピクスタ)
 
【関連記事】
還付申告って知ってる?確定申告とどう違う?
パートナーは大丈夫?たった2つの質問で分かるお金の考え方
家計簿が続かない人でも安心!年に数回で家計状況がわかる「資産簿」って?
来年こそ、三日坊主にさようなら!上手くいく家計簿の選び方と付け方
どんな「定期預金」がある?近年、多様化する銀行を賢く活用する方法

コラムアクセスランキング

  1. 1海老蔵、麻央さん思い出し「しっかりしろ!」と鼓舞 読者からは心配の声も…写真 6月26日15時00分
  2. 2ユニクロ待望の新作「スラブハイネックTシャツ」がSNSで早速話題♡写真 6月26日19時30分
  3. 3彼の実家で、育ちがよく見える「お嬢しぐさ」とは?写真 6月26日08時46分
  4. 4子育て熱心ほどヤバイ!? 既婚女性が「不倫相手と出会いやすい場所」写真 6月26日10時20分
  5. 5最愛の妻でも…「幸せな男が結婚後に後悔していること」ホンネ5つ写真 6月26日12時15分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る