日刊アメーバニュース

和食材と国産ワインの幸せなマリアージュ。麻布の「可不可 KAFUKA TOKYO」をチェック

2016年02月18日 00時00分
提供:オズモール

麻布十番商店街から小径を進むとたどり着くモダンな建物。外階段で2階に上がり、木の引き戸を開くとキッチンと隔たりのない広々としたダイニングが現れた。ここは「暗闇坂 宮下」をはじめ多くの話題店を手がけてきた宮下大輔さんが2015年5月に開いた、和素材の料理と和酒の店。

「日本のすぐれた食材や心地いい空間を提供することはもちろん、ここではゲストともっと深くかかわり合える場を作りたかったんです」と、宮下さん。

同店では、コース(6480円~)のほか、一品料理や国産チーズプレートなどのアラカルトも用意。国内外で高評価を得る国産ワインと日本酒を揃え、注目酒5種を味わえる「お酒ペアリング」(2160円)で楽しむのもおすすめ。

写真は、備長炭で香ばしく焼きあげたかますの炭焼き。エビのオイルにタコや大豆のフリット、旬野菜のソテーを添えて。グラスに入ったワインは、ミサワワイナリーの「グレイスワイン グリド甲州」(ボトル5400円)。


和に強くこだわる一方で、「可不可」にはコテコテの和は見当たらない。料理もまるでフレンチのようにスタイリッシュ。

スープ、前菜4品、魚と肉料理、食事、デザートが付く「可不可コース」(8640円)には、例えば、「冬の走りの本日はサバの刺身 ライムソース」や「チーズと自家製カラスミ 無農薬かぶらのロースト」(写真)などが登場するそう。


信頼できる生産者の食材を活かした料理を美しい伝統工芸の器に盛り、世界で評価される国産ワインや日本酒と味わう。そんなレストランとしての機能に加えて、週末には食材の目利き師を招いた料理教室やワインの醸造家を迎えたイベントなどを開催。

例えば、毎月第3土曜に開かれる料理教室では、季節の定番料理を宮下さんが調理するデモンストレーションを行い、最後にみんなで味わうというもの。和のいいモノとゲストをつなぐ“ラボ”としての役割も果たしているここならきっと、国産ワインの魅力を教えてくれるはず。



【関連記事】
季節の味を風情ある空間で楽しむ。神楽坂でいただく彩り豊かな和食3選
おでん、江戸前寿司、天ぷら…浅草の老舗でいただく日本の「鉄板グルメ」3選
わざわざ足をのばしたい。若手作家が作る感性あふれる和菓子3選
晴れた日はテラス席で作りたて甘味を。本郷三丁目の「廚 菓子 くろぎ」をチェック!
やっぱり「和」って気持ちが落ち着く。『OZmagazine』最新号「和のさんぽ特集」発売!

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

経済アクセスランキング

  1. 1「ルマンドアイス」新潟県以外で一時販売休止 十分な供給を確保できない状態写真10 8月24日15時28分
  2. 2何度も読みたい 幼馴染の男性からひまわりの花束をもらう漫画が意味が分かると切ないと話題に写真9 8月22日15時26分
  3. 3重量ズッシリなのに驚きの安さ! コストコ「フードコート」の大人気メニューをチェック!写真 8月24日08時54分
  4. 4普通のハンコ……じゃなかった! 名前の一部にワンコが隠れている印鑑「犬のはんこ・ワン鑑」が登場!写真2 8月23日12時18分
  5. 5おいもの甘みが濃い~!ファミマ新作「安納芋のタルト」--なめらかな安納芋ペーストが絶品写真3 8月24日08時30分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る