日刊アメーバニュース

【色彩心理学】白シャツに白スニーカー……ホワイトファッションが好きな人の性格はこれだ!

2016年02月17日 10時00分
提供:マイナビ学生の窓口



ファッションの中でも、「どんな色を使うか」にはその人の心理が表れやすいものです。今回は「白」に注目してみましょう。白シャツ、白スニーカーなどは永遠の定番アイテムですが、だからと言って毎日着るものでもありませんよね。そんな「白」アイテムをよく身に付けてしまう人にはどんな心理が隠れているのでしょうか。

■「正直で真面目」に見られたい

「白」は潔白や正直、誠実や真面目といったイメージの象徴の色です。その「白」を着ることで、「誠実に見られたい」とか「自分は正直で真面目である」ということをアピールしています。本人は無意識かもしれませんが、「白」にこだわる人には完璧主義者が多く正しいことを追求するところがあります。「正しくありたい」と思っているため、もちろん自分に厳しくあろうとし周囲から信頼されるでしょう。正義のためにたたかうところを持ち合わせているので利益のために人をだましたりせず、そもそも物欲自体が薄いという一面もあります。

■頑固になってしまうことも

ただ、その誠実で一本気なところは「頑固さ」につながりやすいため、他人にも厳しくしてしまったり周囲から煙たがられる場合もあるでしょう。「堅苦しくて正論ばかり言う」と思われていることもあります。人は正しいことばかりできるわけではありませんし時と場合によっては遊びも必要です。

■一見優しい人にだまされやすい

「白」を身に付ける人は「白」のイメージや力を取り入れたいと思っているので、言いかえれば本人はまだ「白」のイメージになり切れていません。そのため、他力本願であったり他人の意見に左右されやすい人とも言えます。他人の考えを聞くだけならまだしもそれに感化されてしまうので、だまされやすい傾向にあります。一見優しい人が近づいてきて「信頼されたがっている」ことを見透かされてしまうと、優しいことばで巧みに踊らされてしまうかもしれません。気を付けましょう。

いかがでしょうか。「白」アイテムは他の色を邪魔することなくクリーンなイメージをつけられますが、心の弱さや頑固さを露呈してしまうこともあるようですね。

(ファナティック)

【関連リンク】
臨床心理士に聞く! イライラ、怒りをコントロールする5つのポイントとは
【恋愛心理学】浅い? 深い? 椅子への「腰かけ方」で分かる気になる異性の心理4つ
実は話を聞き流している?! 「なるほど」が口癖の人の心理状態3つ
「いい人」と言われがちな人は要注意! 詐欺師が騙すためにつかう心理テクニックって?

※フィーチャーフォン向けサービスの停止とコメント機能廃止のお知らせ

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1GUサンダル、この夏絶対使えるのはこの3つ写真1 5月21日16時10分
  2. 25位でもチーズバーガー級!「スタバのフラペチーノ」カロリーTOP5写真9 5月20日20時00分
  3. 3専業主婦に向いている人の特徴って?正直すぎる回答に驚きも写真20 5月20日09時00分
  4. 4ちょっと引くわ…「おしゃべりクソババアかよ!」と思われる女性の話し方写真18 5月20日07時19分
  5. 5ふんわり香り美人に変身!香りが長続きする柔軟剤の正しい使い方写真16 5月20日10時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る