日刊アメーバニュース

【オトナの女子力アップ講座】Vol.4: 美と健康のためのプチ挑戦

2016年02月17日 22時00分
提供:Doctors Me


小さなことからコツコツと。
前回は、自分への愛を意識することからはじめませんか?というお話をさせていただいたと思いますが、自分への『愛』は決して甘やかす事ではなく、むしろ「私、頑張れ!」と、自分応援系の「愛」でありたいわけです。

そうして健康であるために、美しくあるために、自分を応援するために、前回も最後に少し触れていますが、自分への愛を意識して、日頃からコツコツ何かを続けて行く事がとても大切になってきます。

西川きよしさんが言われていました「小さな事からコツコツと」と。

この言葉は、ありとあらゆる所に通ずる言葉だと思いますが、私は自分自身の美容や健康を意識する時、特に思い出すようにしています。

走ることは大の苦手。“フルマラソン”に挑戦したことも!
幼い頃からどちらかと言うと運動は苦手、中でも走る事が大の苦手だった私ですが、4年前に半年間で2回のフルマラソンと富士登山に挑戦した時期がありました。

1回目の初フルマラソンは東京マラソン。その4ヶ月後に初海外フルマラソンでハワイ島のコナマラソンに出場し、そしてまたその後、初富士登山。走る事が苦手な私には、まさに挑戦、挑戦、挑戦の半年間でした。

この時の経験は、今でも私の中の「やればできるんだ」に繋がっていますし、「大人になってから何かに挑戦する事の大切さ」を知れた貴重な経験となっています。また何かに挑戦したいとも思っています。そして、数年経った今、その経験から見えて来たものがもう一つあります。

それは「継続することこそ、大切」ということです。私は、この貴重な半年間の経験を終え、また次のフルマラソンのお誘いも色々と頂きましたが、結局続かなかった。一流のアスリートや部活などで、昔かなりストイックに体を鍛え、練習していた人が、

「また自分の中のストイックなスイッチがONになってしまうと、どんどん突き詰めてしまって止まらなくなってしまうから、もう極端に挑戦したくない」

なんて話もたまに耳にするのですが、私とレベルは全く違えども何となく理解できるお話です。

ですから、日々の美容と健康に関しては、挑戦しすぎてもう一度再開するのが億劫になってしまうよりも、毎日の生活の中で「これだけは欠かしていません!」と、どんなに小さな事でも良いから何かをコツコツ長く続けて行く方がメンタルも安心・安定させながらアプローチできるのではないかと考えます。

無理をしないで、些細なことから始めましょう。
「グリーンスムージー作り」から始まって「こまめにハンドクリーム塗るようにする」とか、「髪を巻くときはつま先立ちする」とか(笑) 他にもありますが、私が現在、自分への愛を「意識」して「継続」しているのは、本当に些細なこと。

でも、毎日少しづつ継続している部分が、ある瞬間良い感じになっているのに気付くことってありますよね? 自分への愛を「意識」して「継続」すること。これは大きな挑戦ではないかもしれませんが、とても良い効果が現れる「プチ挑戦」なのではないでしょうか?

まさに「美は1日にしてならず」ですが、個人的には、あの半年間の挑戦を思い出しつつ、日常の「美と健康のためのプチ挑戦」を頑張らなくては!そんな風に思うのです。

~ウェブマガジン『Nstyle』編集長:廣瀬 規子~

【関連記事】
【妊活心理カウンセラーのコラム】Vol.9: 夫婦間でのコミュニケーションについて考えよう!
【高岡由美子の健康美コラム】Vol.2: 高岡流、健康美の考え方
自分しか愛せない?自己愛性パーソナリティ障害とは。

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1えっ私が…!?「心の病」を発症しやすいママの意外なタイプ写真25 12月06日22時30分
  2. 2部屋干し臭で彼からドン引きされないために エアコンの風で洗濯物を乾かすのは今すぐやめて! 12月07日09時29分
  3. 3顔立ちはキレイなのに、美人に見えない「オーラなし女子」の特徴とは写真6 12月08日21時22分
  4. 4真面目な人! と見せかけて、「隠れオンナ好き」っぽい男子の特徴6つ写真24 12月07日07時01分
  5. 5ソコ盲点だった!?「会社を辞めるとき」に注意しないといけないこと4つ写真6 12月07日07時45分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る