日刊アメーバニュース

日産がつくった「すごいイス」―使ったあと自分でもとの場所にもどる

2016年02月15日 16時50分
提供:インターネットコム

日産自動車が作った新型のイスがすごいと評判だ。会議などで使ったあと、てんでばらばらの場所に置いても、手をたたくだけで、もとあった場所に戻っていく。クルマの駐車アシスト技術から着想を得たのだとか。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

「INTELLIGENT PARKING CHAIR(インテリジェントパーキングチェア)」という名前で、脚にローラーを内蔵しており、360°移動できる。さらにどこに行けばよいかを指示するとそれに従う機能もある。

要するにうわべはイスの形をした、ちょっとしたロボット、と考えてもよいだろう。会議室などの天井の四隅にイスの位置を監視するセンサーなどを取り付けておけば、正しい位置に行くよう無線で伝えるだけで、散らかった状態から一気にもとのきちんとテーブルに並んだ状態に戻せる。

クロスオーバーSUV「X-TRAIL(エクストレイル)」の駐車アシスト技術から着想を得たそう。詳細な仕組みは異なるが、上からの視点で位置を分析し、自動操舵で移動するという基本の部分は同じだそう。

ただし実用品というよりは日産の技術力の高さを宣伝するための見本で、実際のイスの制作は、先端技術などを生かした宣伝を得意とする企業、BIRDMANが手掛けている。

巧みに機能するようすをYouTubeなどで動画として公開中だ。

日産ではあくまで宣伝のための見本と断ってはいるが、ここまでよくできていると、ぜひ実用化に向けた研究も進めてほしいと、ついつい希望したくなる。


【関連記事】
冬は乗車の前に「#猫バンバン」―スキマに猫がいないか確かめて
日産、100体のロボ「ペッパー」を一挙採用―配属式のようすは正直こわい
ソフトバンクのロボットPepperが日産の車を販売?
日産の「下取り参考価格シミュレーション」サイトが改ざん、サーバーを停止

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

ITアクセスランキング

  1. 1モリサワとさくらインターネットが協業、レンタルサーバの利用者にWebフォントを無料提供写真 6月29日22時10分
  2. 2電子マネーがついた「おサイフ」腕時計―ソニーが発売写真 6月30日17時30分
  3. 3もふもふしたりつみ上げたい! ポップな『ファインディング・ドリー』のTSUM TSUM [オタ女]写真 6月30日07時30分
  4. 4災害時に家族の居場所を地図で確認できる「みまもりマップ」、ソフトバンクが提供開始写真 6月29日15時44分
  5. 5軍用規格、豪雨・雪山で使えるスマホ「arrows SV」―鉱石を削ったような質感写真 6月30日18時15分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る