日刊アメーバニュース

どちらを向いても切ない月9『いつ恋』 第5話で事件を起こすのは誰?

2016年02月15日 16時20分
提供:ORICON STYLE

 フジテレビ系で放送中のドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(毎週月曜 後9:00)は、きょう15日放送の第5話(15分拡大)で2011年までを描いた第一章が終わる。

“声”で泣かせた音の母親役で満島ひかりが第6話に登場

 同ドラマは、脚本家・坂元裕二氏書き下ろしの本格ラブストーリー。有村架純演じる音、高良健吾演じる練の二人を中心に、彼らを取り巻く木穂子(高畑充希)、朝陽(西島隆弘)、小夏(森川葵)、晴太(坂口健太郎)の6人が、それぞれの思いを複雑に交差させ、5年間という月日の流れと恋心の行方を描いていく。

 第1話で音は盗まれたかばんの中に入っていた大切な母親の手紙を北海道まで届けに来た“引越し屋さん”の練と運命的な出会いを果たし、養父に虐げられる日々から抜け出すべく練のトラックに乗って上京する。しかし、東京に着くなり、練を見失ってしまう。

 慣れない東京暮らしの中で、もう一度“引越し屋さん”に会いたいと思いを募らせる音。1年が経ち、介護施設『春寿の杜』で働き始めた音は、そこで施設を経営しているグループ企業の御曹司・朝陽と出会う。さらに練とも奇跡的に再会を果たし、第3話で音は練への思いをキスで伝えるが、第4話で練は音に好きという気持ちを告白しながらもその思いをあきらめなければならないと語り、木穂子とつき合うことを選んだ。

 外見もよくて性格もいいヒロインらしい音、自分のことよりまず相手の気持ちに寄り添おうとする練。デキる女を装っていた木穂子は自分をさらけ出せる練と出会い、朝陽は音への好意を言葉と行動で示していく。小夏のせりふで「好きになってくれる人を好きになれたらいいのに」というのがあったが、片思いが錯綜してどちらを向いても切ない。

 そして第5話、音と練をはじめ、音を思う朝陽、練を思う木穂子、小夏、そんな小夏を見守る晴太の6人の思いがぶつかり合う“事件”が起きる。口火を切るのは誰で、火をつけるのは…。この“事件”が彼らの人生を変える分岐点の一つとなり、第6話(22日放送)から物語は一気に5年後の“現在”へ展開する。「好き」という感情はこれほどまでにままならないものなのかと、人生を変えてしまうほどのものなのかと、そこに何かしら共感できる要素、理解できる一面があり、坂元氏が描く世界に興味がつきない。


【関連記事】
坂口健太郎&森川葵、『いつ恋』展示会にサプライズ登場 ファンから大歓声 (16年02月13日)
有村架純、『いつ恋』主題歌MVでアナザーストーリー 月9初の試み (16年02月08日)
福山雅治、『ガリレオ』以来3年ぶり月9主演 孤独なミュージシャン役挑戦 (16年02月01日)
有村架純、菅田将暉らが『エランドール賞』新人賞受賞 (16年02月04日)
有村架純&高良健吾主演、フジ“月9”『いつ恋』初回視聴率11.6% (16年01月19日)

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1西川史子、再び入院 今後の活動に言及<所属事務所コメント全文>19 12月03日16時33分
  2. 2観月ありさ、南果歩&渡辺謙に祝福された結婚式を語る 終了後は一転、どん底に…写真1 12月03日10時15分
  3. 3後藤真希、愛娘とメディア初登場で母の顔 子育てを語る「心配事は尽きない」写真10 11月29日21時01分
  4. 4内田理央がお尻スケスケショットの裏話を明かす写真3 12月03日18時10分
  5. 5嵐・AKB48・三代目JSB・乃木坂46ら豪華集結 「Mステスーパーライブ2016」全45組出演者発表11 12月02日21時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る