日刊アメーバニュース

体の潤いをキープして肌を傷つけない!スクラブの正しい使い方

2016年02月15日 00時00分
提供:オズモール

たまってしまった不要な角質をきれいに除去して、肌を柔らかくスベスベにしてくれる、ボディスクラブケア。生まれ変わったような肌触りになることから、手放せないという人もいるのでは? 

ところが、「使い方をひとつ間違えると、肌トラブルを引き起こすので、使用には気を付けましょう」と、日本化粧品検定協会の代表理事で、コスメコンシェルジュとして活躍している小西さやかさんは言う。

スクラブは、角質がたまって皮膚がゴワゴワしているときに、肌を摩擦して表面の汚れを取り除くケア。だいたい、肌は1カ月周期で生まれ変わりますが、週に何度もスクラブを使うことで、まだ表面に出てくるには早い、新しい角質までゴッソリ取り去ってしまうことに。

「そうすると結果として、肌の表層が過敏になり、弱い状態になるため、乾燥や肌荒れ、色素沈着を招いてしまう可能性があります。自分の肌のコンディションを見極めながら、週1回以下のケアにとどめておきましょう」(同)

また、生理中や冬から春になる季節の変わり目は、肌の状態が不安定になる傾向が。脱毛をした後も炎症を起こしている可能性があるので、使用を避けるのがベター。

また、肌質に合ったスクラブを選ぶのもおすすめ。次を参考にしてみて。

ソルトスクラブ…ボディの引き締め、血行促進させたい人向け
植物の種スクラブ…しつこい角質をきっちり落としたい人に
シュガースクラブ…保湿作用が高く、肌がもっちりするので乾燥肌向け

正しく使えば、いつまでもスベスベ肌をキープできる! 春がくる前に、肌をすみずみまで磨き上げよう。


小西さやか
日本化粧品検定協会の代表理事を務める。大手化粧品メーカーでの6年間の研究開発の経験を活かし、科学的視点から美容、コスメを評価できるスペシャリスト“コスメコンシェルジュ”として活動中。その知見から無駄なお手入れを省いた最短最適な美容法「なまけ美容」を推奨。今まで、毎週200種以上の化粧品を評価。その鋭い評価が好評で、各種の雑誌やメディアで新作コスメの評価を担当している。著書は「日本化粧品検定協会(R)公式 コスメの教科書―1級・2級対策テキスト」(主婦の友社)、「なまけ美容入門―「科学的な分析」でムダを省いたキレイの魔法」(主婦の友社)、「90パーセントのクチコミは間違っている?!  勘違いだらけのコスメ神話 (ビーズアップビューティブック)」(スタンダードマガジン)、「効果が9割変わる「化粧品」の使い方 すっぴんも、メイク後もキレイな人の習慣」(青春出版社)。


【関連記事】
冬のカサカサ敏感肌、どうする? 肌のプロが教えるレスキューケア
実は間違っていた?洗顔後の“化粧水の浸透タイム”が乾燥につながる理由
そのケア間違ってない?肌になにも与えない“肌断食”は老け顔の原因に!

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

経済アクセスランキング

  1. 1まさに飲むチーズケーキ! スタバの新作フラペチーノは丸ごとチーズ尽くし写真5 5月27日17時01分
  2. 2敵は紫外線だけじゃない!? 肌にシミができる意外な原因写真2 5月28日11時20分
  3. 3【やった】kiriの「濃厚クリームチーズアイス」が再再登場! 大人気のローソン限定アイス写真4 5月27日10時40分
  4. 4天丼の概念が加速する! てんやが満を持してローストビーフ天丼を発売写真5 5月27日14時38分
  5. 5ランサムウェアで暗号化されたファイルを元に戻すツールをトレンドマイクロが無償提供?写真 5月27日19時31分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る