日刊アメーバニュース

橋口亮輔監督、どん底経験も「まだ映画界で仕事をやれる」 スタッフの献身に感謝

2016年02月14日 06時00分
提供:ORICON STYLE

 映画監督の橋口亮輔氏が13日、都内で行われた映画賞『2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン』に出席。7年ぶりの長編『恋人たち』が日本映画ベスト・テン第1位に選出され、スタッフらに向けて「みんな献身してくれた。映画界にもこういうスタッフたちがいるんだと思って、まだ映画界で仕事をやれるなと思わせてくれた」と感謝を伝えた。

日本アカデミー賞 「持ち回り」の誤解を生む、映画賞の“性格”

 自身の監督作『ぐるりのこと。』(2008)の後に「人生のどん底を経験した」としみじみ回想。苦境時代を支え、再び監督として映画の道へ戻してくれた深田誠剛プロデューサーにお礼を述べると、「どん底の頃、映画業界なんてクソだと思っていた。でも、クソじゃない人もいっぱいいた」と飾らない言葉で思いをスピーチに込めた。

 同作に出演し、33歳にして新人男優賞を受賞した篠原篤は「僕にはお芝居の才能が何一つないと思いながら必死で20代を過ごして、30代でもなかなかチャンスはなく、俳優を辞める才能もありませんでした」と吐露。しかし、「諦めずに続けてきてよかった。信じてくれた橋口監督、ありがとうございました」と感無量の様子だった。

 同作は、それぞれに異なる事情を持つ3人の男女の物語をつづる人間ドラマ。自分に興味を持ってくれない夫と気が合わない義母と生活している女性、同性愛者で完璧主義の弁護士、妻を通り魔に殺害された夫を中心にストーリーが展開する。

主な受賞作品・受賞者は以下のとおり。

■日本映画ベスト・テン第1位:『恋人たち』(橋口亮輔監督)
■外国映画ベスト・テン第1位:『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(ジョージ・ミラー監督)
■文化映画ベスト・テン第1位:『沖縄 うりずんの雨』(ジャン・ユンカーマン監督)
■主演女優賞:深津絵里(『岸辺の旅』『寄生獣 完結編』により)
■主演男優賞:二宮和也(『母と暮せば』により)
■助演女優賞:黒木華(『母と暮せば』『幕が上がる』『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』により)
■助演男優賞:本木雅弘(『日本のいちばん長い日』『天空の蜂』により)
■新人女優賞:広瀬すず(『海街diary』により)
■新人男優賞:篠原篤(『恋人たち』により)
■キネマ旬報読者賞:川本三郎


【関連記事】
広瀬すず、新人賞に「本当に光栄」 能年玲奈も祝福 (15年12月28日)
【写真】姉・アリスと広瀬すずの制服ツーショット
【写真】綾瀬はるか、広瀬すずら“四姉妹”が浴衣姿披露
樹木希林&本木雅弘“親子”で同時受賞 第40回報知映画賞 (15年11月26日)
【動画】【第58回ブルーリボン賞】本木雅弘、衣装に込めた思い「役を背負うように羽織っていく」 (16年02月09日)

この記事のコメント

11件を表示 / 1件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 12世タレント・華子、離婚後に味わった地獄をテレビ初告白写真12 12月05日06時00分
  2. 2内田理央がお尻スケスケショットの裏話を明かす写真12 12月03日18時10分
  3. 3西川史子、再び入院 今後の活動に言及<所属事務所コメント全文>29 12月03日16時33分
  4. 4山本耕史、父になる心境を明かす 香取慎吾の携帯番号ゲット秘話「俺をなめるな」写真13 12月05日11時46分
  5. 5中森明菜 7年ぶりステージに涙「心から感謝」 80分熱唱で完全復活写真12 12月05日04時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る