日刊アメーバニュース

選抜だけじゃない、NMB48実力派メンバーに注目

2016年02月13日 22時28分
提供:ドワンゴジェイピーnews

2016年に入り、本格的な世代交代が始まっているAKB48グループ。

新たな道を歩むグループの屋台骨を担っていくだろう、芯の強い実力派のメンバーを各グループから一人ずつ選んでいる今回の企画。前回のSKE48高木由麻奈(チームKⅡ)に続き紹介をするのは、NMB48メンバーからだ。



NMB48
石田優美(チームN)

石田優美
2015年、NMB48を語る上で重要なワードとなったのが「ダンス」。17歳の石田優美はその意味でグループに不可欠な存在へと成長していきそうです。2011年6月にNMB48二期生としてキャリアをスタートさせた石田。avex artist academyダンスコース出身者として、ジャズやHip Hopを咀嚼したハイセンスなダンスと共に、曲ごとにキレと柔軟性を使い分ける変幻自在の表現力を武器にし、公演にダイナミズムを生み出す。一方でステージング以外でもキレ味鋭い…超絶カミカミトークでホッコリさせる、愛されキャラでもある。

約4年という長きに渡る研究生時代を過ごし、その間には握手会で一人も来ないという辛い経験、心無い言葉が飛んだこともあったりと順当な日々は送ることが長年叶わなかったことも。それでも彼女は、渡辺美優紀から授かった「チームに入ること、CD選抜に入ることを絶対に諦めず達成してね!」という手紙と、岸野里香の「待ってるで!」の一言を胸に、最大の武器・ダンスを磨き続けて来た。

昨年冬、ついにチームNへの昇格を果たす。その期間実に1342日。その期待と長らくたまったうっ憤を晴らすように彼女は公演でさらなるインパクトを与え続けている。9人というごく少数、しかもダンスに特化したメンバーだけをチョイスしたシングル『Must be now』に選抜されたことが彼女の実力を表す何よりの証拠。期待に応える様に石田は見事なダンスを披露、NMB48がパフォーマンス集団であることを大いに印象付けるのに大きな役割を担った。

また、日々磨かれていく愛らしいルックスと共に、身体も見事に成長中。山本彩を筆頭にグラビア適正の高いメンバーが多いNMB48の中においても、上質なものを持っているので、これから彼女を多くの紙面で見かける機会も増えていくはずです。何よりまだ17歳、大きなノビシロを残した逸材と言えるでしょう。(田口俊輔)

写真(C)NMB48


【関連記事】
選抜だけじゃない、SKE48実力派メンバーに注目
選抜だけじゃない、AKB48実力派メンバーに注目
NMB48 山本彩「道頓堀よ、泣かせてくれ!」もう忘れないでしょ!
NMB48「道頓堀よ、泣かせてくれ!」ドキュメンタリー映画タイトル決定
NMB48初ドキュメンタリーで見せた白間美瑠と矢倉楓子の本音

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1小栗旬、撮影現場の差し入れに使う金額に衝撃8 3月27日15時35分
  2. 2大渕愛子弁護士、TVレギュラー復帰見送り 業務停止明け半年「責任の重大性を痛感」写真14 3月27日21時02分
  3. 3ダレノガレ明美「犬」を誤字で謝罪 天然ぶりが話題写真8 3月27日17時16分
  4. 4小倉優子、りゅうちぇるのちぇるちぇるランド設定を心配「この先どうするんだろう」写真18 3月27日13時34分
  5. 5MIYAVI&木村拓哉が『SONGS』初登場 『無限の住人』でタッグ写真7 3月28日13時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る