日刊アメーバニュース

もう口臭に悩みたくない!根本的な治療法は?

2016年02月13日 16時00分
提供:オトコクラス

自分の口臭には、案外気づかないもの。一方で、「自分に口臭があるのでは?」と、一度気になれば常に周りの人の反応を意識してしまい、それもまた不安材料になります。気になる口臭についてどう考えればよいのか、そして、どのような治療法があるのでしょうか。

20代男性からの相談:「口臭を紛らわすだけでなく、治療したいが方法は?」


『口臭は自分自身で気づくことが難しく、周りが嫌な思いをしているのではないかといつも心配しています。歯磨きを丁寧かつ頻繁に行い、ミントのガムを噛んでいますが、口臭を紛らわすことにしかなりません。このようなことをしなくても口臭に悩まなくてもよいような、根本的な治療法はないでしょうか。(20代・男性)』


歯磨きやガムにも口臭抑制効果はあり

歯科医院で正しい歯磨き指導を受けるとよいでしょう。ガムは唾液の分泌を促して雑菌の繁殖を抑制しますので、口臭を軽減する効果があります。

『歯磨きを丁寧に行っている人でも磨き方が正しくないことがありますので、歯科医院で指導を受けるとよいでしょう。(歯科衛生士)』


『ミントのガムを噛むことで口臭を軽減するのではなく、噛むことで唾液の分泌を促して口臭を軽減すると考えるほうが正しいかもしれません。唾液は、弱いとはいえ消化機能を持っており、口腔内の雑菌が少ない状態であれば、それ以上に繁殖することを、ある程度抑制することができます。(歯科衛生士)』


口臭の有無を判断し、原因を特定することが根本的治療への道

まずは口臭の有無を客観的に判断すること、原因は口腔内の他に内臓やメンタルの不調も考えられますので、根本的治療のためには受診を。

『たしかに口臭は自分で気づきにくいもの。逆に、自分で気にしているほど臭っていないということもあり得ます。生き物である以上、まったく無臭ということはありません。口臭があるかどうか、親しい人などに客観的に判断してもらうのもよいでしょう。(歯科衛生士)』


『口臭の原因となる虫歯や歯周病、歯石や合わない詰めものや、かぶせものなどがあれば、この際、治療してください。この時点で悩みが解決することが多いです。それでも解決しない場合は、内臓かメンタルの不調が関係しているケースもありますので、歯科医師に相談してください。(歯科衛生士)』


『口臭は内科疾患からくることもあります。原因を追究して改善したいのであれば、歯科や内科の受診が必要になるかもしれません。(看護師)』

歯磨きやガムも、口臭をある程度抑制する効果はあるようです。根本的に口臭を治療したいのであれば、まずは口臭の有無を客観的に判断し、口臭があれば原因を特定することも一案です。原因としては口腔内の問題の他、内臓やメンタルの不調も考えられるそうです。

【関連記事】
気になって仕方ない口臭…いったい原因は何だ?
口臭が気になって人と話すのが怖い…どうしたらいい?
そばを歩いただけで臭いといわれる…口臭の治し方は?
気になる口臭…定期的に歯医者に通ったほうがよい?
気になる口臭…ガムを噛む以外にできることは?

この記事のコメント

11件を表示 / 1件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1お金持ちが明かす、お金を引き寄せる人が実践する3つの習慣写真35 9月28日19時30分
  2. 220代でも要注意!? 進行スピードが早い若年性乳がんの特徴と予防法写真7 9月29日18時00分
  3. 3「私が駄目なだけ」 「うつ」になってしまう3つの思考パターン写真17 9月29日19時00分
  4. 4せめて隠しといて! 男子の部屋にあったら、ちょっと引いちゃうアイテム6選写真12 9月29日18時00分
  5. 5実は問題アリかも! 「夫に不倫される妻」の特徴6つ写真81 9月25日17時50分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る