日刊アメーバニュース

『アーロと少年』だけじゃなかった! ピクサー映画の主役がビビッた瞬間を大公開

2016年02月13日 14時00分
提供:海外ドラマNAVI

1995年の世界初となる長編フルCGアニメーション『トイ・ストーリー』以来、次々の大ヒット作を生み出してきたディズニー/ピクサーの新作『アーロと少年』。地球に隕石が衝突したことが原因で絶滅したと言われる恐竜たち。だが、もしも隕石が地球にぶつからず、恐竜たちが文明と言葉を持つようになったとしたら...? 本作は、そんなもしもの世界を舞台に、弱虫でひとりぼっちの恐竜アーロが家族の元に帰るため、大冒険を繰り広げるアドベンチャー・ファンタジー。

【関連コラム】もはや、視覚では感知できない!? 本当に優秀な「CG」効果の実力<前編>

今回の主人公は、ピクサー史上最も弱虫と言われるアーロだが、実は歴代キャラクターも時にビビッてしまう瞬間がたくさんあった。そんな歴代キャラクターたちの"ビビリ顔"の画像が解禁された。

"ビビリ顔"の一組目は、『トイ・ストーリー』のウッディとバズ。必死の形相を見せる彼らは、引っ越しで置いてけぼりになり、必死にトラックを追いかけている最中だ。二組目は、『モンスターズ・インク』のサリーとマイク。モンスターの世界に迷い込んだ人間の女の子ブーを守るために逃走しているシーンで、サリーとブーが余裕なのに対し、追っ手を振り返ったマイクはビビリ顔に。そして三組目は、『ファインディング・ニモ』のマーリンとドリー。行方不明になったマーリンの息子ニモを探す彼らは、クラゲの大群と遭遇。興味本位からクラゲを突つくドリーの横で、心配性のマーリンは猛毒を心配して恐怖の表情を浮かべている。

このように、歴代のキャラクターたちも怖いと感じる場面を経験している。これら全ての作品に共通しているのは、"困難や怖さを一緒に乗り越えたからこそ絆が深まる"こと。その点に観客もいつの間にか感情移入してしまうのだ。

弱虫で怖がりなアーロは、恐竜なのに自分よりはるかに小さな虫にすら怖気づくほど臆病な性格。そんな彼が、小さいけれど怖いもの知らずの人間の少年スポットと出会う。ピーター・ソーン監督は、アーロとスポットの関係をこう説明する。「彼らは同じ言語を話さないけれど、一緒に冒険するうちにものすごくたくさんの共通点があることを知っていく。そういう心の繋がりを通じて、アーロは友情のために恐怖心を乗り越えていくんだ」。いかに怖くても、親友のためなら頑張れると思うことで深い絆が芽生える。初めての友情を知ったアーロとスポット。種族の異なる彼らはずっと一緒にいられるのか――?

『アーロと少年』は3月12日(土)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:『アーロと少年』
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

【関連記事】
【ニュース】あの魚たちの冒険が再び! 『ファインディング・ドリー』特報が解禁
【ニュース】『インサイド・ヘッド』の感情たちも仮装! 愉快な画像が到着!
【ニュース】『Lie to me 嘘の瞬間』のモデルとなった心理学者も絶賛!映画『インサイド・ヘッド』で描かれる"頭の中"
【ニュース】第1作から20周年! 『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』ブルーレイ&DVD発売とデジタル配信が7月2日より開始
【ニュース】新作『スター・ウォーズ』の舞台裏は思いのほか緊迫してる!?

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1夏目アナと熱愛報道の有吉、意味深ツイート「狐につままれた気分」写真39 8月24日22時47分
  2. 2石原さとみ、紗栄子ら豪華メンバー集結の「5→9会」に反響「まぶしい」「参加したい」写真 8月24日15時07分
  3. 3チュート福田、結婚で徳井に変化「焦りはじめている」写真2 8月24日13時01分
  4. 4松田翔太×渡辺直美、「ネオミと松にぃ」のクールショットに絶賛の声写真 8月24日15時00分
  5. 5『ウゴウゴルーガ』の大人気キャラクターミカンせいじんまさかのレギュラー復活6 8月24日14時10分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る