日刊アメーバニュース

U-23日本代表、リオ五輪OA枠の切り札は「三浦カズ!」

2016年02月13日 08時00分
提供:日刊大衆

 1月26日、6大会連続の五輪出場の切符をつかんだ“ドーハの歓喜”に日本中が沸いた。「サッカー男子のリオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねたU-23(23歳以下)アジア選手権がカタールで開催されましたが、日本代表は準決勝のイラク戦に勝利し、リオ五輪出場を決めました」(スポーツ紙記者) 同時に、8月5日(日本時間6日)の開会式前日から始まる世界との戦いを前に、さらなる戦力アップを目指す日々が始まった。「そのため、チームを率いる手倉森誠監督や日本サッカー協会による“深謀遠慮”が欠かせません」(前同)

 ここで議論の的となるのが、オーバーエイジ(OA)枠の存在だ。「1992年のバルセロナ五輪から、男子サッカーの出場資格は23歳以下の選手に限定され、96年のアトランタ五輪から24歳以上の選手を3人まで登録できる制度が導入されました」(専門誌記者)

 五輪での登録選手上限は18人。OA枠もこの中に含まれるため、これを利用するかしないかは各国サッカー協会の判断に委ねられる。「とはいえ、ロンドン五輪では出場全16チームがOA枠を使っていた。日本も、徳永悠平と吉田麻也というA代表経験のあるDFをOA枠で招集したことが功を奏し、世界4位という結果を残しました」(同) すでに、リオ五輪の開催国ブラジルでは、スペインのバルセロナに所属し、ブラジルA代表のエースであるネイマールが“チームの一員になって貢献したい”と参加意思を表明するなど、各国の動きも活発だ。

「日本協会も“五輪出場に強い意欲を持っている”ことを条件にリストアップを開始。ロンドン五輪直前で落選しながら、2014年のブラジルW杯のメンバーに選ばれた1・FCケルン(ドイツ)のFW大迫勇也や、谷間の世代で五輪には縁がなかった鹿島のMF柴崎岳らの名前が挙がっています」(夕刊紙記者)

 そんな中、ある“切り札”の存在が囁かれている。「連れていくのは、三浦知良ですよ。今からちょうど30年前、サンパウロ州の名門クラブであるサントスFCでプロデビューし、ブラジルのことを知り尽くしているカズがチームに加われば、“リオ経由ロシアW杯行き”を目指すヤング・サムライにとって、これ以上ない安心感を与えるでしょう」(前同)

 現在48歳の世界最年長サッカー選手であるカズ。とはいえ、OA枠での起用ではなく、ブラジルW杯でも務めたアンバサダー(大使)としての方が現実的だ。「93年、初のW杯出場の夢をイラク代表の同点ゴールにより断たれた“ドーハの悲劇”。あの年に生まれた若い戦士たちを、“ドーハの悲劇”を経験したカズが支える。日本サッカーの力が総結集するんです」(同)——キングとともに、若き侍が世界に挑む!


【関連記事】
本田圭佑を超える逸材…U‐23代表・南野拓実「日本代表の次世代エース」
日本代表・本田圭佑「ブチギレクラブ批判」のしたたかソロバン勘定
本田圭佑は7億円超え!? サッカー日本代表経験者たちの気になる年俸ランキング
サッカーからの引退を発表した澤穂希、参議院選挙への出馬あるか!?
「澤選手に失礼!」「さんまはいらない!」サッカー・クラブワールドカップ決勝大会であの悪夢が再現!?

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1長江健次、恩師・萩本欽一と30年間絶縁状態 『しくじり先生』で不義理を懺悔写真15 7月25日06時00分
  2. 2時任三郎、娘・Cana歌手デビューに「応援してやって」写真3 7月25日12時47分
  3. 3イモトアヤコ、「死の壁」アイガーへ挑戦「落ちたら助からねえな」写真15 7月24日21時06分
  4. 4ベッキー、さんま&中居に感謝「あードキドキしました」写真11 7月24日15時50分
  5. 5Nissy(西島隆弘)×有村架純、息ぴったりダンスに反響殺到「呼吸を忘れる可愛さ」写真 7月23日06時30分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る