日刊アメーバニュース

ジュウオウシャーク柳美稀、久々の女性ブルー戦士として「記憶に残るヒロインに」

2016年02月13日 06時00分
提供:テレビドガッチ

スーパー戦隊シリーズ40作目となる新作『動物戦隊ジュウオウジャー』(テレビ朝日系列、毎週日曜 7:30~)が、2月14日からスタート。『百獣戦隊ガオレンジャー』(2001年にシリーズ第25作記念作として放映)以来、15年ぶりに“動物”をメインモチーフにした作品で、“ジュウオウジャー”と名乗る5人のヒーローが登場する。


ジュウオウイーグル/風切大和役を中尾暢樹、ジュウオウシャーク/セラ役を柳美稀、ジュウオウライオン/レオ役を南羽翔平、ジュウオウエレファント/タスク役を渡邉剣、ジュウオウタイガー/アム役を立石晴香がそれぞれ演じる。

この作品は、“本能覚醒”をキーワードに、“動物学者”である人間の大和と4人の“ジューマン”たちがヒーローとして活躍する。“ジューマン”とは動物の顔をもつ異世界・ジューランドの住人たちを指し、宇宙からの敵の攻撃を受けたことにより、故郷を追われ、大和とともに地球を守るヒーローとなる。この“ジューマン”は、ジューマン態(顔が動物)、人間態、ヒーローと3つの姿を持つが、これはスーパー戦隊史上初の設定。また、ベテランの寺島進は、大和の叔父で動物専門の彫刻家・森真理夫役で登場し、5人の成長を見守る。

放送に先駆け、メインキャスト5人にそれぞれにインタビューを実施。この模様は5日間連続で毎日アップしており、今回はその第4弾として、ジュウオウシャーク・セラ役の渡柳美稀さんが登場。長身と人懐こいキャラクターでモデルとして活躍し、そこで培った豊かな表現力で、女優としても期待が集まっています。尚、女性のブルー戦士は『魔法戦隊マジレンジャー』(2005-06)に登場したマジブルー以来というのも注目です。

――出演がまず決まった時の心境は?

本当に驚きと、嬉しさが一緒に来ましたが、不安な気持ちの方が大きかったのかなと思います。でも、今まで、こんなに大きい仕事をしたことがないので、家に帰ってから本気で泣いてしまったくらい本当に嬉しかったのを覚えています。

――ジュウオウシャーク/セラはどんな役ですか?

セラは、とても気が強く、ツンデレなん感じの女の子です。レオをライバル視しているところがあり、勝ち気なんですが、たまに素直に喜んだりするところがあるので、可愛いところもあったりますね。普段の私と似ているところもあったりします。

――どんなところが似ていますか?

あまり人には言わないのですが、負けず嫌いなところがありまして、そこはセラちゃんと結構似ているのかなと思います。悔しくても、あまり表に出さないタイプなので、「全然平気」みたいな感じで言っちゃうので、もうちょっとその感情を表に出せたらいいのかなとは思っています。

――この作品に携わるにあたり、あえて準備したことって?

何日か前から早起きを頑張ってみたりしました。でも、頑張ってはみたものの、なかなか成果は出ずに……(笑)。

――1年間、目標にしていることは?

まだまだ演技経験が浅いので、この1年で大きく成長できたらなと思っています。また、女の子のブルーっていうことで、結構レアなのかなと……。なので、皆さんの記憶に残るような愛されるヒロインになれるように頑張りたいと思います。特に小さいお子さんには、「あ、セラだ。かわいい!」とか、「かっこいい!」って言われるようになっていきたいと思っています。

――私、柳美稀は見た「〇〇さんは〇〇だった!」

アムちゃん(立石晴香さん)が、ミニーちゃんの真似をしていて……(笑)。顔真似なんですけど、それが結構衝撃的で……(笑)。普段見せないような顔を見せてもらえたので、「あ、こういうこともする子なんだ!」っていうふうに思って楽しかったです。

――1年間、目標にしていることは?

まずは、自分自身の成長と、タスクの成長を一緒にしていけたらと思っています。また、他の現場では、なかなかアクションを学ぶことができないので、この作品を通じて、そういったアクションを学んで、自分の今後の役者人生に活かしていけたらいいなと思っています。

――最後にメッセージを!

『動物戦隊ジュウオウジャー』は、動物がモチーフのヒーローです。みんな尻尾があるのですが、セラは唯一の“ヒレ”なので、そこも注目して見ていただけたらなと思います。また、セラの、可愛いところやカッコイイところ、また、アクションシーンもあるので、ぜひ、楽しんでいただけたらと思います。


関連リンク
【動画】“ジュウオウシャーク”柳美稀、久々の女性ブルー戦士として「記憶に残るヒロインに」

“ジュウオウライオン” 南羽翔平、圧倒的な身体能力で“野生感”を表現

“ジュウオウタイガー”立石晴香、実は肉食女子!?「猛獣に憧れて…」

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1山本耕史 パパ質問に笑顔でうなずく 家族は「どんどん増えていったらいい」写真1 8月24日12時51分
  2. 2『スマスマ』冒頭に32秒メッセージ「最終回まで全力で」 初回VTRや名場面とともに写真7 8月22日22時02分
  3. 3塩谷瞬、小林多喜二役抜てきに涙「彼が遺した魂を演じる」写真4 8月23日16時06分
  4. 4フジモン、ユッキーナからの暴言に仰天「生で食え!」写真5 8月23日07時00分
  5. 5観月ありさ、三角関係描くドラマで新境地 25年連続主演の節目は「極力引き算」写真1 8月23日15時18分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る