日刊アメーバニュース

前編/大本命! 三代目J Soul Brothers旋風が映画界に巻き起こるか!?

2016年02月12日 05時04分
提供:MOVIE Collection

【週末シネマリサーチ】〜意外なところにヒットの秘密が!〜

週末公開される注目映画の興行収入や観客動員数を、キャストのメディア露出や注目ニュース度をもとに推測! ヒット予想を展開します。「あの人の熱愛!」や「思わぬスキャンダル」報道が大ヒットの要因になるかも!?

2月6日-7日のランキングは、リドリー・スコット監督の最新作『オデッセイ』(20世紀フォックス)が全国814スクリーンで公開され、初週土日動員33万人で1位発進。快進撃を続ける『信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)』(東宝)のV3を阻止した。その『信長〜』も週末土日動員30万人を記録し、興収はすでに25億を超える大ヒットとなっている。

今週は、ケイト・ブランシェットがアカデミー賞・主演女優賞にノミネートされている『キャロル』(ファントム・フィルム)や、マイケル・ファスベンダーが主演男優賞にノミネートされている『スティーブ・ジョブズ』(東宝東和)が公開。どちらも公開規模は大きくないが注目だ。さらに熱狂的ファンが多いダンス&ボーカルグループ「三代目J Soul Brothers」初のドキュメンタリー映画『Born in the EXILE 三代目J Soul Brothersの奇跡』(東宝映像事業部)も不気味な存在だ。
(※ランキングは初週土日の観客動員数、上映館数は公式HPや配給情報参照)

[今週の上位ランキング予想]
◎[1位予想]『Born in the EXILE 三代目J Soul Brothersの奇跡』(東宝映像事業部)
〇 該当作なし
▲ 該当作なし
△[7位予想]『スティーブ・ジョブズ』(東宝東和)
△[9位予想]『キャロル』(ファントム・フィルム)
*『ライチ☆光クラブ』(日活)
*『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』(アスミック・エース)
(◎:大本命 ○:対抗 ▲:一発あり △:穴で *:期待)

◎【1位予想】『Born in the EXILE 三代目J Soul Brothersの奇跡』
2年連続レコード大賞に輝くなど、飛ぶ鳥を落とす勢いの「三代目J Soul Brothers」を14年10月から密着したドキュメンタリー映画。15年に行われた初の単独ドームツアーの模様や、個々のメンバーたちの素顔を追う。

俳優としても活躍をみせる「三代目J Soul Brothers」。ELLYや岩田剛典が出演した映画『クローズEXPLODE』(14年/東宝)は全国307スクリーンで公開され初週土日動員21万7000人を記録。初日舞台挨拶では、そうそうたるキャストが並ぶ中でも、ELLYや岩田への声援は凄かった。登坂広臣が出演した『ホットロード』(14年/松竹)も全国302スクリーンで公開され初週土日動員28万4000人とロケットスタート。こちらも主演・能年玲奈と同等かそれ以上の声援が登坂に浴びせられていた。

劇場公開数は約150館。トップを狙うには15〜20万人ぐらいの動員は欲しいと考えると、やや厳しい印象はあるが、とにかくファンは熱狂的で土日連日リピート鑑賞も十分考えられる。昨年、同時期に公開された『テラスハウス クロージング・ドア』(東宝)が全国160スクリーンで初週土日動員約19万人を記録。共通点は全くないが、150館程度でも18万-20万人ぐらいは動員することは可能だろう。(後編へ続く…)

【関連記事】
映画『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』が売上げの一部を台湾南部地震に寄付
【興行トレンド】『スター・ウォーズ』連勝を阻止したのは小栗旬主演作! では、スピルバーグ作品に勝った「怪異の物語」とは?
【興行トレンド】アカデミー賞ノミネートに見る、映画会社の「勝ち組」「負け組」
『キャロル』トッド・ヘインズ監督インタビュー

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1夏目アナと熱愛報道の有吉、意味深ツイート「狐につままれた気分」写真21 8月24日22時47分
  2. 2山本耕史 パパ質問に笑顔でうなずく 家族は「どんどん増えていったらいい」写真1 8月24日12時51分
  3. 3マイコ、結婚祝福に感謝 プロポーズの言葉は「秘密にさせて」写真 8月25日14時16分
  4. 4『スマスマ』冒頭に32秒メッセージ「最終回まで全力で」 初回VTRや名場面とともに写真7 8月22日22時02分
  5. 5フジモン、ユッキーナからの暴言に仰天「生で食え!」写真7 8月23日07時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る