日刊アメーバニュース

アカデミー賞ノミネートに見る、映画会社の「勝ち組」「負け組」

2016年02月12日 05時05分
提供:MOVIE Collection

アカデミー賞作品賞にノミネートされた8本の米国での配給会社は以下のようになる。

『レヴェナント:蘇りし者』(20世紀フォックス)
『オデッセイ』(20世紀フォックス)
『ブルックリン』(フォックス・サーチライト)
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(ワーナー・ブラザース)
『スポットライト 世紀のスクープ』(ロープン・ロード・フィルムズ)
『ブリッジ・オブ・スパイ』(ディズニースタジオ)
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(パラマウント)
『ルーム』(A24)

「勝ち組映画会社」が20世紀フォックスとフォックス・サーチライトのフォックス・グループで、今年の作品賞ノミネート作は3本と最も多い。

フォックス・グループは近年のアカデミー賞で躍進を続けており、フォックス・サーチライトが、2009年『スラムドッグ$ミリオネア』、14年『それでも夜は明ける』、15年『バードマン』で作品賞に輝いている。今年は特に『オデッセイ』と『レヴェナント:蘇りし者』の配給戦略が的中した。

まず、『オデッセイ』の米国公開日は昨年の10月2日。アカデミー賞狙いの作品は12月公開が多いため、早めに公開して賞シーズンの先手を打った。2年前のSFドラマ『ゼロ・グラビティ』(ワーナー・ブラザース配給)が10月4日公開だったので、参考にしたのかもしれない。

逆に『レヴェナント』は賞レースぎりぎりの12月25日にわずか4館で公開をスタート。年明け1月8日から3375館に拡大公開して賞レースをけん引している。

「負け組映画会社」は2つ。1つはソニーグループで、ソニーピクチャーズとソニークラシックというグループ会社両方でノミネートを逃した。

もう1つはワインスタイン・カンパニー。09年以来作品賞にノミネートされてきたが、初めてノミネートを逃した。

ワインスタイン・カンパニーは、“アカデミー賞の賞取り屋” ハーヴェイ・ワインスタインが設立した会社だ。彼は1979年にミラマックスを設立して、90年から毎年のようにアカデミー作品賞にノミネート。『イングリッシュ・ペイシェント』『恋におちたシェイクスピア』『シカゴ』と3度作品賞に輝いている(『ノーカントリー』もミラマックスだが、ワインスタインが同社を去ってからの受賞)。

2005年にワインスタイン・カンパニーを設立してからも09年を皮切りに作品賞候補を出し続け、11年に『英国王のスピーチ』、12年に『アーティスト』で作品賞を受賞した。アカデミー賞を狙ったキャンペーンや配給戦略に長けていることで知られるが、神通力にかげりが出てきたようだ。『イングロリアス・バスターズ』『ジャンゴ 繋がれざる者』と2作連続で作品賞にノミネートされたクエンティン・タランティーノ監督作は同社が配給しているが、新作『ヘイトフル・エイト』は作品賞候補を逃した。これも同社にとっては誤算だっただろう。(文:相良智弘/フリーライター)

相良智弘(さがら・ともひろ)
日経BP社、カルチュア・コンビニエンス・クラブを経て、1997年の創刊時より「日経エンタテインメント!」の映画担当に。2010年からフリー。

【関連記事】
アカデミー賞ノミネート発表/ノミネートは白人俳優ばかり? Netflix作品もゼロで保守的な傾向
【週末シネマリサーチ】大本命! 三代目J Soul Brothers旋風が映画界に巻き起こるか!?
【興行トレンド】2015年の勝ち組・負け組(ハリウッド編)/昨年から興収2倍の伸び!ユニバーサルが勝ち組の筆頭
【興行トレンド】『SW』効果で一挙に拡大! 4D体感型シアターは劇場生き残りの切り札となるか
『キャロル』女性同志の美しすぎる恋愛に酔いしれる

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1au「三太郎」CM、謎の一寸法師役が判明 『桐島』出演の俳優・前野朋哉写真13 5月31日13時13分
  2. 2ワンオクTaka、佐藤健と2ショット披露 『せか猫』鑑賞後に主人公と食事へ写真3 5月30日11時32分
  3. 3【真田丸】橋本マナミ、13年ぶり大河出演 細川ガラシャ役写真6 5月30日16時25分
  4. 42代目『まる子』姉役に豊嶋真千子が決定 水谷優子さんバトン受け継ぎ「精一杯演じる」写真9 5月29日18時31分
  5. 5石黒彩、番組での発言を訂正し謝罪「低収入ではなかった」写真12 5月30日23時42分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る