日刊アメーバニュース

舟木一夫、新人演歌歌手・村木弾を激励「いろんな歌を歌っていける」

2016年02月12日 15時13分
提供:ORICON STYLE

 作曲家・船村徹氏(83)の最後の内弟子で新人演歌歌手の村木弾(36)が12日、東京・日枝神社でデビュー曲「ござる~GOZARU~」(17日発売)ヒット祈願を行った。同曲の作詞・プロデュースを行った歌手の舟木一夫(71)も駆けつけ、「ビジュアルで勝負をするんじゃないっていうところが魅力。今は演歌もイケメン男子と言われていますけれど、その対極でいったらいい。“ゴリラ系男子”」と辛口で冗談を交えつつ、「これからは一人で歩かなくてはいけない。頑張って」と力を込めてエールを送った。

【写真】デビュー曲ヒット祈願イベントの模様

 秋田出身の村木は、元とび職の経験もあり、12年半船村氏の内弟子として従事。船村氏が舟木にプロデュースを依頼し、デビュー曲の作詞を舟木、作曲は船村氏が担当。芸名の「村木」は恩師2人から1文字ずつもらってつけられた。

 苦節12年半でデビューにこぎ着けた村木は、船村氏と舟木に感謝を込めて「すばらしいレールを敷いていただいたので、あと走っていくのは自分」と決意し、「いい歌を長く歌いたい」と目標を語った。

 舟木は「なんでもないところが魅力」といい、「特にものすごく声に特徴があるわけでも、歌い方にクセがあるわけでもない。船村先生は、いろんな歌を歌っていけるから期待しているよとおっしゃっていた」と背中を押していた。

 所属レコード会社・日本コロムビアの社長・吉田眞市氏(47)とともにヒット祈願を行い、村木は舟木が見守るなかアップテンポの明るい応援歌「ござる~GOZARU~」を披露した。


【関連記事】
【オリコン】舟木一夫、46年ぶり初登場TOP50 (15年06月02日)
尾上松也、舟木一夫と初共演へ「すごく親近感を感じる」 (14年07月11日)
西郷輝彦&三田明、盟友・舟木一夫の生歌に「感動、涙出た」 (12年06月06日)
舟木一夫が芸能生活50周年パーティー「高校三年生が50年」 (12年06月05日)
演歌歌手・山内惠介、国民的キャラにあやかる? (16年02月08日)

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1成宮寛貴、芸能界引退を発表「本当にごめんなさい。そして、ありがとうございました」写真193 12月09日16時22分
  2. 2押切もえ&涌井投手、ハワイで挙式「二人で笑顔の溢れる家庭に」写真10 12月09日09時22分
  3. 3中居正広が驚きの飲酒習慣を告白、キスマイ北山との師弟関係も明かす?写真8 12月07日13時24分
  4. 4市川海老蔵、木村拓哉と初対決 長髪姿をほめられ「うれしかった」写真1 12月08日08時00分
  5. 5モー娘。札幌のコンサート当日に中止決定 悪天候の影響で会場に到着できず写真4 12月10日14時52分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る