日刊アメーバニュース

ジャニーズWEST・桐山照史「芸能界の厳しさ知った」4人でデビュー発表した過去

2016年02月12日 13時08分
提供:クランクイン!

 連続テレビ小説『あさが来た』に出演しているジャニーズWESTの桐山照史が12日、NHKの情報番組『あさイチ』に出演。ジャニーズWEST結成の経緯を語ったほか、ドラマ共演者から寄せられた声に対して大いにテレてしまった。

【関連】若手ジャニーズ出演の人気番組『ザ少年倶楽部』、新MCに河合郁人と桐山照史が決定

 2014年にシングル「ええじゃないか」でデビューしたジャニーズWEST。関西ジャニーズJr.のツアーを行った際に、ジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川氏に自身らのデビューを直談判したことがきっかけだったと明かす。ジャニー氏からは、当初「そんなに甘いものじゃない」と、デビューに難色を示されたものの、その日の夜にOKをもらい、デビューに向かったという。

 だが、実際にデビュー発表をしたのは、当初予定されていた7人ではなく、桐山と中間淳太、重岡大毅、小瀧望の4人。その際「芸能界の厳しさというものを、改めて知った」と挫折を味わったものの「僕らから啖呵を切ってしまったからこそ、今後もずっと7人で力を合わせてやっていきたいと思いました」と改めてジャニー喜多川氏に懇願、7人でのデビューとなった。

 また、この日は『あさが来た』」で共演している俳優の山内圭哉からのコメント映像が到着。山内は桐山に対して「誰とでも仲良くなれるムードメーカー」と称賛する一方「(役に入る際に)ゆっくり入っていこうとすると、完全にホットな状態で入ってくるのでウザいなと。かわいかったりウザかったり」とイジられる。山内のコメントに「ほんとに恥ずかしいな」と、本気でテレてしまった桐山。そんな山内に桐山は「すごくアニキ肌で、そっと見守ってくれるタイプ。大好きです」とコメント。尊敬と憧れを持って接しているようだ。

■関連記事
ジャニーズWEST桐山照史、忍者映画なのに「俺だけ死体役…」と恨み節
瀬戸康史、口癖が「よっこいしょ」“おじさん化”指摘も否めず…
瀬戸康史、『あさが来た』“男版あさ”役に共通点は「エネルギー」
ディーン・フジオカ、『あさが来た』出演で「おばあちゃん孝行ができた」

※フィーチャーフォン向けサービスの停止とコメント機能廃止のお知らせ

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1小林麻央、ブログ更新できなかった理由を明かす写真2 5月24日14時45分
  2. 2NEWS小山慶一郎、田中聖逮捕に言及 容疑が事実なら「悔しく、許せない」写真13 5月25日16時00分
  3. 3前田敦子、高畑充希とブス会メンバーの現在に赤面「乳首出してて…」写真4 5月24日13時57分
  4. 4りゅうちぇるに実姉・比花知春がガチ謝罪写真8 5月22日15時24分
  5. 5GENKINGが実はローン地獄に落ちていた…『しくじり先生』で大転落した過去を激白7 5月24日16時30分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る