日刊アメーバニュース

シャーロット・ケイト・フォックス、邦画初出演!『高台家の人々』斎藤工の祖母役

2016年02月12日 11時48分
提供:クランクイン!

 綾瀬はるか、斎藤工が出演する人気コミックの映画化『高台家(こうだいけ)の人々』(6月4日公開)にて、NHK連続テレビ小説『マッサン』で一躍脚光を浴びた女優シャーロット・ケイト・フォックスが邦画初出演を果たす。

【関連】「シャーロット・ケイト・フォックス」フォトギャラリー

 原作は『ごくせん』『デカワンコ』など数々のヒット作・映像化作品を誇る森本梢子による同名コミック。妄想好きな主人公・平野木絵と、テレパシー能力を持つ名門家系の長男・高台光正の前途多難な恋を描く。今回追加キャストにシャーロットほか、大野拓朗、夏帆、坂口健太郎、塚地武雅が決定した。

 シャーロットが演じるのは、斎藤演じる光正の祖母にあたるイギリス出身の高台アン。人の心を読めるテレパシー能力を持ちながら、国境を越えた大恋愛の末、名家・高台家の茂正と結婚し家庭を築く人物だ。20代の恋する乙女から、時が流れて70代の孫を持つ祖母まで幅広い年齢の役柄を演じるという。そして夫である茂正を演じるのは2016年上半期の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』への出演が決定している新星・大野だ。

 シャーロットは初の邦画出演を「とても貴重な良い経験」と語る。70代を演じるため特殊メイクを施したそうで「特殊メイクとそのメイク落としは少し大変でした」と苦労を吐露するも「それでも、寒い撮影の中でともに年老いた役を演じ、乗り切ってくれた大野さんとの現場は楽しかったです」と大野との共演が支えになったようだ。

 一方、大野はシャーロットの印象を「とてもお茶目な方」と明かす。「茂正とアンの生き方が主人公たちに大きな影響を与えます。台本を読んだときに、そのシーンで自分自身涙してしまいました。そんなステキな役をやらせていただけることがすごく幸せです」と喜びをコメントした。

■関連記事
主演「綾瀬はるか」フォトギャラリー
「斎藤工」フォトギャラリー
綾瀬はるか、斎藤工に妄想告白!? 『高台家の人々』特報解禁
シャーロット、米・映画監督がブレイクを予言!? キュートな素顔覗く秘蔵映像を公開

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1市川海老蔵、自宅が観光地化で引っ越し検討「麻央のことが一番なので」写真14 2月24日14時27分
  2. 219歳夏木マリのビキニ姿に一同騒然!写真3 2月23日19時10分
  3. 3GENKING、個性派着物ドレスで美バストチラリ写真3 2月23日19時49分
  4. 4水野美紀、縁切り神社の前で…「毎回毎回、佳境です」写真2 2月23日19時50分
  5. 5木村拓哉、アクション監督絶賛の300人斬りシーン公開 映画『無限の住人』写真14 2月23日17時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る