日刊アメーバニュース

NEXTグラビアクイーン制した佐藤麗奈 マルチな才能開花か

2016年02月12日 22時01分
提供:ドワンゴジェイピーnews

「ヤングアニマル」からグラビアクイーンを生み出したい!という願いから今回で4回目を迎える「NEXTグラビアクイーンバトル4thシーズン」のグランプリ、準グランプリが決定し、マスコミ向けのお披露目イベントが都内のスタジオで行われた。

過去最高の得票数を獲得し、グランプリに輝いたのは元アイドリング!!!メンバー”さとれな”こと佐藤麗奈。

佐藤は「まさか自分が優勝するとは予想外でした。最終の中間発表では新木さくらちゃんが1位になっていて”ヤバい!”って思ってました。毎日、かかさずハガキとか、投票してくださった皆さん1人1人に「ありがとう」と伝えたいです! 」と語った。

IMG_3412

準グランプリには、女装パフォーマーLadybeardが所属のアイドルユニットLADYBABYの金子理江が、また接戦の為今回は特別賞が設定され、元AKB48の”あーや”こと森川彩香、福岡を拠点に活動するアイドルグループLinQの新木さくらが選ばれた。

佐藤は17歳だが、インタビューの受け答えが実に軽妙だ。今後の活動などの質問に答えた時、手の動きが激しかったのだが、動けば動くほど、シャッターを切られる音が多いことに即座に気付き、「なんで手を動かすと、みんな写真撮るんですか!」とツッコみを入れ、記者たちを和ませるなど、リアクションが大きく、しかも反応が速い。自分のウリが「少し芸人っぽいところがある所」と言っているのも頷ける。また「2016年はグランプリも取ったことですし、自分らしさを出してバラエティー番組目指します!鈴木奈々さんみたいな」とも宣言している。

さらにグラビア活動について質問が飛ぶと「(グラビアは)全然自信ないんです。」としながらも「でも楽しいです。グラビアっぽい、”ボンキュッボン”のカラダではないので、自分はグラビアなんてやるもんじゃないって思ってたんですけど、そうでなくてもファンになってくれたり、”さとれなのグラビア良いね”って言ってくださるファンの方がたくさんいらっしゃったのがうれしくて、それが今回の企画参加のきっかけでもあります。グランプリを頂けて自信が付いたので、これからはいろんなグラビアにも挑戦したいです」と意気込み、今後のグラビア界の起爆剤に成り得る片鱗も見せた。

グラビア頂点の称号のひとつを獲得した佐藤だが、アイドリング!!!34号として全員卒業時まで在籍、しかし「まだアイドルでいたい!」との思いから、自身が中心メンバーとしてコンセプトを設定、企画段階から参画し、一部プロデュースも手掛ける新アイドルユニット”マジカルパンチライン”としても活動が本格化してきている。

佐藤も会見で「新しいアイドルグループ、マジカルパンチライン、略して”マジパン”の活動もしていて、衣装をデザインしたり、メンバーのオーディションもしたり、アイドリング!!!とは全く違う立場で頑張っています」と語ったように、アイドルとして、プロデューサーとしても活躍が期待されている。

2016年佐藤麗奈はマルチな才能が一気に開花しそうな勢いを感じる注目の年になることは間違いない。


【関連記事】
柳瀬早紀 100cm超乳”やなパイ”の迫力がやっぱりヤバい
おのののか よしもと劇場でセクシー水着撮影
「TOKYO IDOL FESTIVAL」来年も絶対開催宣言!
真野恵里菜が魅せた大人すぎるグラビア
柳ゆり菜 ハワイで「やりたいこと全部やっちゃいます!」

エンタメアクセスランキング

  1. 1海老蔵「まおとの最後のお別れ」 「2人に愛を注ぐ」と改めて誓う写真 6月26日14時48分
  2. 2市川海老蔵、息子・勸玄くんが突然の涙 子供たちの心の傷・不安な思い語る写真 6月26日11時32分
  3. 3市川海老蔵、家族で麻央さんの「みたまうつしの儀」終える写真 6月25日19時15分
  4. 4壇蜜、ピース又吉との交際報道にコメント写真 6月25日11時38分
  5. 5NMB48須藤凜々花の結婚発表に秋元康氏「切ない」総選挙野外開催の意図も語る写真 6月25日16時30分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る