日刊アメーバニュース

「そ」という言葉の響きについての考察過程

2016年02月11日 19時00分
提供:しらべぇ

言葉を選ぶ際、「意味」以上に「響き」を重視している俳優/ハイパーメディアフリーターの黒田勇樹です。

このコラムは、子供の頃から芸能の世界で台本や台詞に触れ続け、今なお脚本家やライターとして「言葉」と向かい合っている筆者の視点から、様々な「言葉の成り立ち」について好き勝手に調べる「妄想的」な語源しらべぇです。

■響きに対しての研究
言葉の「響き」を考察するときの基本が「似た響きの言葉の共通点を探す」。

文化を遡ってみても、俳句だったり、ダジャレだったり、ラップの韻だったり、古くから現在まで人間は、形を変えながら言葉の意味と響きの研究を続けているのです。

筆者が注目したのは「そる」という言葉。

先日、テレビを見ていたところ木製のソリ(雪遊びで使うヤツ)を作成する際、職人の方が「曲げ木」という謎の技術を使って底の刃の部分を「反らせて」いたんですね。それを見て気がついたわけです。

「反って」いるから「ソリ」なんだと。これだけでも大きな発見だと思ったのですが、これではまだ序の口。

■ 他の「そり」「そる」についても
sirabee0211kuroda002©iStock.com/ChrisBoswell


・「ヒゲを、剃る」

・革靴の底をあらわす「レザーソール」

・スペインの観光地「コスタ・デル・ソル」


出来るだけ関係なさそうな「そる」を集めてみたのですが、驚きの共通点が。

それは「湾曲」 です。ヒゲを剃るのも湾曲した面に、刃を当てていく作業。革靴のソールも、真っ直ぐではなく若干湾曲して、反り上がっています。

究極が「コスタ・デル・ソル」。スペイン語の「ソル(Sol)」は太陽を意味するのですが、日照の多い温暖なこの土地、太陽光で景色が「湾曲」して見えても不思議ではありません!

そうなってくると、相手の形に合わせるという意味では「沿う」や「添う」も、同じく何かをはらんでいる気がしてきます。

■キーパーソンは「そ」!
お坊さんのことは「僧」。そして、なにかを思うことは「想」。ああ、「ソリ」から始まり「ソウ」へ...。 言葉の研究には終わりがありません。むしろここが始まりなのです。

...ん? 「そ」が、始まり...?「祖」!?!? 長くなってしまったので、今回は考え方のご紹介ということで続きはまたの機会に。

(文/ハイパーメディアフリーター・黒田勇樹


【関連記事】
プリウスに乗る男性はおごってくれる?HVに乗る人の傾向が判明
Gカップグラドル岸明日香が「焼肉デート」でモテる極意を伝授
組織の名前は数字を入れるとカッコいい

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1イケナイことしたんだからね! 不倫の代償に関する仰天エピソード13選写真4 7月26日16時00分
  2. 2鳥肌級の寒さ!Facebookで「キモすぎる投稿をする」男たち5選写真30 7月27日10時30分
  3. 3私も今からなれる!? 「負け組」に見えて「勝ち組」な女性の特徴3つ写真48 7月25日07時30分
  4. 4ひとりになりたいのに…同僚とのランチが苦痛なOLの本音写真2 7月26日18時30分
  5. 5やん、メンズにバレてる!! お金にルーズな女性の特徴4選 「やたら●●を購入」ほか写真10 7月25日16時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る