日刊アメーバニュース

香りや色も効果的!? 「女性ホルモン」を活性化させるためにしていること4選

2016年02月11日 18時48分
提供:マイナビウーマン

女性の体にとって、なくてはならないのが女性ホルモン。女性ホルモンのバランスが崩れると、体調不良にもつながります。そんな女性ホルモンを「活性化」させるために、女性のみなさんが実践している方法にはどんなものがあるのでしょうか? 早速聞いてみました!

■大豆イソフラボンを積極的に摂る

・「大豆や豆乳を積極的に摂る」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「大豆をたくさん食べるようにしています。イソフラボンがいいと聞いたことがあるからです」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「豆乳を飲んでいる。大豆イソフラボンが女性ホルモンを増加させる働きがあるとテレビで見たので」(30歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

多かったのは「大豆や豆乳などを積極的に摂る」という方法でした。大豆に含まれる「大豆イソフラボン」が、女性ホルモンと似た働きをすることは有名ですよね。納豆が苦手な人は、豆乳や豆腐がオススメです。

■規則正しい生活をする

・「規則正しい食生活や睡眠」(30歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「健康的な生活をする。よくわからないけれど、体調はよくなるので」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「規則正しく生活する。規則正しいのが1番の健康法だと思うから」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

「規則正しい生活をする」という方法も多く挙げられました。睡眠不足や栄養不足の状態では、女性ホルモンの働きも鈍ってしまいます。健康のためにも、早寝早起きや食事に気を付ける生活を送りたいですよね。

■恋愛をする

・「ときめきを持ち続ける。常に恋愛をする」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「いろいろなことにときめき? ドキドキ感? を感じる」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「恋愛をする。活性化されそうだから」(33歳/情報・IT/技術職)

よく「恋をするとキレイになる」と言われていますが、恋をしてときめきを感じることによって女性ホルモンの分泌が盛んになることもあるようです。恋をすると肌がつやつやになったりするのは、女性ホルモンのおかげかもしれませんね。

■香りや色を上手に選ぶ

・「ローズ系の香りのするコスメやアロマを使っている」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「色が選べるならなるべくピンクのものを選ぶようにしている」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

ほかには女子力が上がりそうな「ローズ系の香りがするコスメやアロマ」や「ピンク色の物を選ぶ」という方法もありました。ローズの香りには女性ホルモンを整える働きがあり、ピンク色には女性ホルモンの分泌を促す作用があるので、女性ホルモンも活性化しそうですね。

■まとめ

女性ホルモンを「活性化」させるために、女性のみなさんが実践している方法についてご紹介しました。大豆イソフラボンは有名ですが、ローズの香りやピンク色に女性ホルモンを活性化させる働きがあるとは驚きでした。女子力アップのためにも、これらの習慣を今すぐ取り入れたいですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年1月22日~1月27日
調査人数:136人(22歳~34歳の女性)

関連リンク
肌やバストにあらわれる!? 「女性ホルモンが多い」女性の特徴4つ
ホルモンバランスの乱れを感じるのは、あの瞬間! 女性ホルモンを整えるコツは?
冷えを撃退! 「代謝力アップ」診断

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1実は問題アリかも! 「夫に不倫される妻」の特徴6つ写真57 9月25日17時50分
  2. 2ワーママの尻拭い役? 子なし夫婦が「損してる」と感じた体験談4つ写真30 9月26日20時00分
  3. 3女性の朝食欠食率が増加中!朝がラクになる「夜家事」のコツ4つ写真13 9月26日06時30分
  4. 4沈黙の多い夫婦も!「脳卒中のリスク」が1.5倍になる人の特徴写真2 9月26日22時00分
  5. 5ないないっ! 男性が、色気をまったく感じない女性の体形5選写真14 9月25日20時38分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る