日刊アメーバニュース

『スタートレック』新シリーズを『ハンニバル』のクリエイターが担当!

2016年02月11日 18時00分
提供:海外ドラマNAVI

1966年に放送がスタートして以来、不朽の名作として愛されてきたSFドラマ『スタートレック』が新たなシリーズとして帰ってくることは、以前お伝えした通り。このほど、その新シリーズのショーランナーに、サスペンスドラマ『ハンニバル』のクリエイターとして知られるブライアン・フラーが決定した。

【関連コラム】『スタートレック』の逆襲!?

米Varietyによると、ブライアンは2009年からの映画版シリーズを手掛けたアレックス・カーツマンとともに製作総指揮も担当する。長年、同シリーズのファンだったブライアンは、『スタートレック/ディープ・スペース・ナイン』や『スタートレック/ヴォイジャー』の脚本家としてキャリアをスタートさせている。

「僕の初めての『スタートレック』体験は、一番上の兄が部屋の明かりをすべて消した暗い空間で戦闘艦D7型クリンゴンのモデルを飛ばしたことだよ。TVシリーズを見る前から、あの世界に魅せられていたんだ」とブライアン。一方、カーツマンは「『スタートレック』のシリーズ復活は作品のルーツに戻るということで、何年もの間そのルーツはブライアンの熱心な想いに支えられていたんだ。彼の同シリーズに関する百科事典のように豊富な知識は、原作者であるジーン・ロッデンベリーが描いたビジョン、つまり見知らぬ惑星を探求し続けるという展望への愛情によって育まれたんだよ」と、ブライアンの同作への並々ならぬ想いを説明した。

「番組開始から50年が経つ『スタートレック』は、テレビの歴史を変えただけでなくポップ・カルチャーへも大きな影響を与えた草分け的なシリーズだ」と、CBSテレビジョンスタジオのデイヴィッド・シュタッフ社長は同シリーズの存在の大きさを語った上で、「我々がシリーズを復活させることを話し始めた時、アレックス・カーツマンとともにこの古典的で時代を選ばないシリーズを新しく、しかし本物の作品にしてくれる理想的な人物になるであろうブライアン・フラーという存在をすぐに知ったんだ」と、ブライアンがその大役に適任であると述べている。

今回の新シリーズでは、前シリーズや近年の映画版で描かれてきた世界とは別の新しいキャラクターや文明が登場する。また、その初回は2017年1月に米CBSで放送されるが、第2話以降はライブストリーミング配信で動画サービスを提供するCBS All Accessで配信される。新シリーズ『スタートレック』は、CBSの同サービスで初のオリジナルドラマとなる。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ハンニバル』
(C)2013 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

【関連記事】
【ニュース】不朽のSF『スター・トレック』、CBSオンデマンドでのシリーズ復帰が決定!
【ニュース】『世にも不思議なアメージング・ストーリー』を『ハンニバル』ブライアン・フラーがリバイバル!
【ニュース】『ハンニバル』ショーランナー、クラリス役にエレン・ペイジ起用をほのめかす
【ニュース】打ち切り決定の『ハンニバル』、クリエイターが映画化を企画中!?
【ニュース】NetflixとAmazonが『ハンニバル』続編の制作を見送り!

エンタメアクセスランキング

  1. 1市川海老蔵、小林麻央さんは「俺を助けに来てくれた」舞台に立ち続けた思い写真 6月27日10時38分
  2. 2小林麻耶、最後の家族旅行のために休暇を希望していた 坂上忍が明かす写真 6月27日14時23分
  3. 3海老蔵「まおとの最後のお別れ」 「2人に愛を注ぐ」と改めて誓う写真 6月26日14時48分
  4. 4市川海老蔵、ブログ更新しすぎの声に言及写真 6月27日14時47分
  5. 5窪塚洋介の妻・PINKY、出産を報告 名前も公表写真 6月27日13時07分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る