日刊アメーバニュース

Su凸ko D凹koi、文化放送アナウンサーのズタボロ恋愛エピソードで楽曲を制作!?

2016年02月11日 16時00分
提供:OKMusic

3ピースガールズバンド・Su凸ko D凹koi(すっとこどっこい)が、文化放送『くにまるジャパン』火曜アシスタント・鈴木純子アナウンサーのズタボロ恋愛経験をモチーフにした楽曲を制作。2月10日、Su凸ko D凹koiが生放送に出演し、2月19日(金)の渋谷ワンマンライブでこの楽曲を披露することが決定した。

【その他の画像】Su凸ko D凹koi

ことの始まりは、2015年11月の『くにまるジャパン』へのSu凸ko D凹koiのゲスト出演。作品に「恋愛に失敗する女性」が多いことから、歌のモチーフになりそうな鈴木アナのズタボロ恋愛エピソードを話したことがきっかけだ。番組内で野村邦丸アナウンサーが、曲作りのネタにならないかと持ちかけたところ、Su凸ko D凹koiが1月20日に再度ゲスト出演し、楽曲「小麦粉女」を披露した。それを聴いた鈴木アナは、青春時代の酸っぱい思い出がよみがえったのか、思わず号泣。

そして2月10日、Su凸ko D凹koiが番組出演し、2月19日(金)に渋谷チェルシーホテルで行なわれるワンマンライブにて、ファンの前で初のフルバージョン生演奏をすることを発表。メンバーが語ったこの楽曲への想いは、下記を参照してほしい。

■【メンバーよりコメント】

■おうむ(dr)
鈴木純子アナの恋愛を、まさか私達が歌にすると思ってなかったです(笑)。後半にセリフがあるんですが、本番どんな感じで言おうか今から考えていて…皆さんの前で初披露するのが楽しみです!

■どい(vo)
チェルシーホテルの名前にちなんでラブホテルをイメージしたライブです。鈴木アナの曲は、後半にかなりいいセリフができたので、まだどこでも披露していないこのセリフを聴きに来てください!
次回アルバムの収録曲候補にもなっています(笑)

■りな(gu)
死ぬ勢いでワンマンライブ頑張るので、絶対来てください!

■「Su凸ko D凹koi 2/19(金) 渋谷チェルシー★ワンマンメッセージ」
https://youtu.be/l8NPFFpaU6g

■【鈴木純子アナウンサーのズタボロエピソードとは… 】

■「そこをなんとか」と粘って付き合ってもらった
公衆電話で酔った勢いで先輩の自宅に電話して告白。「鈴木のことは妹にしか思えないんだよな」とやんわり(はっきり)断られているのに「そこをなんとか」と粘ったところ、「うーん、じゃ、付き合うか」と言ってもらいました。粘り勝ちのスタート。

■「ついてくるな」といわれた
こんなスタートだったため、程なく別れがやってきました。何とか最後に会ってほしいといって、会ってもらったものの、未練たらたら。なかなか離れられず、最後彼の家に向かう総武線の電車まで付いていったところ、「鈴木、これ以上付いてくるなよ。おれ、今日これ(スニーカーを指す)だからな。走ったら速いからな」と、最後に釘を刺される。もうついていかないからと、最後に手紙を渡した。未練たらたらの手紙は今からでも回収したい。これが、中島みゆきさんの歌『わかれうた』のように、「道に倒れて誰かの名を呼び続けた(ような)ことがある」と言っているゆえんです。

■小麦粉女
全力の想いを全力で否定される体験。弟には「小麦粉女」といわれました。意味は「つなぎのおんな」。これを読んで少しは男を勉強しろ、とホットドッグpressを渡されました。…これが1990年代前半の、昔話です。

■『「涙隠して尻隠さず」リリースツアー 〜お尻丸出し女の逆襲〜 ファイナル・ワンマン』

2月19日(金)  渋谷チェルシーホテル
開場18:30 開演19:30
チケット価格:前売 ¥2,500(当日 ¥3,000)

【関連リンク】
Su凸ko D凹koi オフィシャルHP
Su凸ko D凹koi、4月3日ワンマンで重大発表
旅立ち、別れ、感動…心に残る卒業ソング特集
元記事を読む

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1上野樹里&トライセラ和田唱が結婚「二人にとって、とても自然なことでした」写真29 5月26日15時15分
  2. 2小林麻耶、体調不良でイベント中止「心よりお詫び」写真18 5月23日18時21分
  3. 3泰葉、うつ病を克服 2年間「苦しい日々」と告白写真5 5月26日09時27分
  4. 4松田聖子、54歳でCM初の下着姿披露 モナ・リザ風美女ショット公開写真71 5月25日00時06分
  5. 5中田クルミ、卵巣のう腫を告白 子宮内膜症も併発、7月に手術写真5 5月26日21時11分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る