日刊アメーバニュース

拳の挨拶は激痛と隣り合わせらしい「フィストバンプ・シミュレーター」

2016年02月11日 15時00分
提供:Kotaku




気の合う仲間との挨拶や波長の合った瞬間を共有するときに拳をぶつけ合う「フィストバンプ」。英語では「bro fist」と呼びますが、この挨拶をシミュレートするゲームが登場しました。



【大きな画像や動画はこちら】
ただ相手と拳をぶつけ合うだけのゲームですが、指を開いたままだと大変なことに......。以下より、トレーラーを見てみましょう。

痛そうな上にややグロい描写があるので閲覧注意です。





Steam Greenlightに登場した『Bro Fist Simulator』(ブロー・フィスト・シミュレーター)は、先日行われたGlobal Game JamでMuro Studioが制作したもの。



指ごとにボタンが設定されています。指でいろんなハンドサインを作ってポイントをためましょう。でも気を付けて! もしフィストバンプするときに指を閉じていなかったら、指が飛んで行っちゃいますよ!



年内公開予定の正式リリース版ではハンドサインが追加されるほか、実績やリーダーボード、手首の装飾も可能になるとのこと。

現在、デモ版がプレイできるようになっており、シングルプレイはもちろん、2人プレイにも対応しているので、フィストバンプする仲の友達と一緒にプレイしてみてはいかがでしょうか?

プレイの際にはくれぐれもゲーム内で友達の指を吹き飛ばして、友情に亀裂が入るなんてことがないようにお気をつけください。


ソース:『Bro Fist Simulator』、YouTube via Kotaku

(abcxyz) 関連記事

確定申告を高速化! 全自動のクラウド会計ソフト「freee」で16連射すると...?
コンビニで買える! 支払い地獄を避けられるVプリカギフトの天使な使い方
スタートアップ企業がやるべき 「PRを駆使した伝え方」とは
「水」をデザインする。日本のトイレの驚くべき進化とは?
クイズ! どっちの映画が儲けたでSHOW?

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1GENKING、性同一性障害の診断書を公開 ワンオクTakaも反応<コメント全文>写真1 1月23日11時30分
  2. 2グラドル次世代エース・白石あさえ、大迫力ボディを大胆露出写真2 1月23日11時20分
  3. 3里田まい、マー君の行動に感激「一応私はアスリートの嫁」「贅沢すぎる」写真1 1月23日14時01分
  4. 4土屋太鳳、肩出し&ボディライン強調の振り向きショットが可愛い!写真4 1月24日00時00分
  5. 5江角マキコが芸能界引退 今後は「子供に専念」写真45 1月23日17時45分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る