日刊アメーバニュース

ダイエット中に食べてもOKな5つのおやつ

2016年02月11日 10時00分
提供:モデルプレス

【ダイエット/モデルプレス=2月11日】ダイエット中だから甘いものは我慢!でも食べたい!しかし、ダイエット中でも食べてOKなおやつがあるんです。もちろん食べ過ぎはどんな食べ物でもNGですが、ご褒美感覚で食べるおやつは、ダイエットのストレスも軽減できますよね。

【さらに写真を見る】ダイエット中に食べてもOKな5つのおやつ

◆マカロン

甘みも強く、ややカロリーも高めですが、マカロンの主な材料はメレンゲとアーモンドプードル(アーモンドを粉末にしたもの)なので、実は腹持ちがいいスイーツなんです。

しっかりとした甘みが少量でも満足感を与えてくれるので、“ご褒美スイーツ”にぴったり。

それにマカロンってちょっぴりリッチなスイーツですよね。

デパ地下にあるような有名パティスリーのマカロンを買って、よりご褒美感を盛り上げれば、一日1、2個でも満足感が得られます。

美味しい紅茶やコーヒーを入れて、ゆっくりとティータイムを楽しむのはどうでしょう。

◆全粒粉ビスケット

全粒粉とは表皮、胚芽、胚乳の全てがついたまま製造された小麦粉のこと。

通常の小麦粉より食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

それに、普通のビスケットよりザクザクとした歯ごたえがあるので、食べ応え、腹持ちがいいんです。

カロリーは普通のビスケットと大差はないので食べ過ぎ注意ですが、ダイエット中に不足しがちな栄養素が豊富なので、甘くて美味しい栄養分と考えれば罪悪感も少なく食べることができますよね。

◆ダークチョコレート

ダイエット中にチョコなんて!と思う人もいるかもしれません。

しかしダイエット中こそチョコレートがオススメ。

濃厚な甘みと風味で、少量でも満足感を得られる上に、血糖値を素早く上げてくれるので空腹のときに少量食べるだけで食欲を抑えられます。

ただし気を付けたいポイントがあります。それは、カカオ含有量の高いチョコレートを選ぶこと。

60%以上のものが理想的ですが、なければコンビニなどにもあるダークチョコレートでもOK。

カカオにはポリフェノールが多く含まれているので、美肌効果やアンチエイジングも期待できます。

◆和菓子

和菓子は洋菓子にくらべてバターなどの油分が使われていないので、ヘルシーだと言えます。

特にあんこに使われている小豆はタンパク質と食物繊維が豊富なので、腹持ちがよくダイエットの味方。

糖分も多く含まれていますが、少量でも満足感を得られるので、ダイエット中は洋菓子より和菓子を選ぶとよいでしょう。

◆ヨーグルト

ヨーグルトは言わずと知れたダイエット食品ですよね。

乳酸菌などの善玉菌がお腹の調子を整え、便秘の解消にも効果を発揮してくれます。

ダイエット中に不足しがちなカルシウムも補うことができるので、ダイエットにピッタリのおやつ。

ただし食べていいのは無糖のプレーンのみ。

甘味には、美肌効果のあるはちみつや、お腹の調子を整えるオリゴ糖をプラスするようにしましょう。

いかがでしたか?

ダイエット中だからといって無理をして甘いものを完全に断つ必要はありません。

ストレスがかえってダイエットの妨げになることもあるのです。

いずれも食べ過ぎは厳禁ですが、ご褒美感覚で甘いものを食べて、辛いダイエット期間を乗り切りましょう。(modelpress編集部)

【関連記事】
ベッドの上で引き締めるカンタン筋トレ6通り
冬デブを招く悪習慣4つ あなたはいくつ当てはまる?
お風呂で汗がドバドバ出ちゃう!「333入浴法」って知ってる?
普段の生活でやってない?デブに導く姿勢5つ
寝ながらスリムを作る「湯たんぽ」ダイエットって知ってる?

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1片岡愛之助、妻・藤原紀香の存在に感謝「主治医がそばにいるみたい」写真6 6月24日11時15分
  2. 2仲里依紗、夫・中尾明慶を砂に埋めスマイル! 夫婦でハワイを満喫中?写真5 6月23日19時45分
  3. 3小泉今日子、迎えた50代は「思ったよりずっと楽しい」 若手との共演からも刺激写真8 6月24日15時15分
  4. 4島崎遥香、『ホーンテッド・キャンパス』大野拓朗と照れた笑顔で2ショット披露写真1 6月24日16時45分
  5. 5吉川ひなの、ハワイで目覚めた「食への意識」写真6 6月25日10時10分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る