日刊アメーバニュース

東京に行きたかったチャニング・テイタム 『ワイスピ3』最悪なオーディションを告白

2016年02月11日 10時00分
提供:クランクイン!

 ダンス映画『ステップアップ』(07)の主演をきっかけに注目を浴び、『G.I.ジョー』(09)や『マジック・マイク』シリーズなどに代表される人気スターになった俳優チャンニング・テイタム。実は人気シリーズ『ワイルド・スピード』の第3弾『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(06)のオーディションを受けていたことを明かした。

【関連】「チャニング・テイタム」フォトギャラリー

 深夜の人気トーク番組『Jimmy Kimmel Live!(原題)』に出演したチャニング。司会のジミー・キンメルに最悪なオーディション体験を尋ねられると、「それはあの…『ワイルド・スピード3』だよ。『TOKYO DRIFT』だ」と、当時を思い出したのか少し恥ずかしそうに返答。「ものすごく東京に行きたかったんだ」と笑い、「東京でドリフトしたかった」とジョークを飛ばした。

 チャニングはオーディションがうまくいっていないと思ったらしく、「もう終わりだよね!? ひどい出来だ。もうやめるよ」と、自分から演技をやめてしまったという。当時のことは忘れることにしたというチャニングは詳細を覚えていないそうだが、うまくいかなかったのは自分の演技が下手だったのと、セリフを覚えておらずひどく狼狽してしまったことが重なったからだと分析した。結局、キャスティングディレクターや監督から「続けて」と言われることもなく、それで終わってしまったらしい。

 東京が舞台となった2006年の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』。チャンニングの代わりに(?)主役の座を射止めたのは、ショーンを演じたルーカス・ブラックだった。日本からは北川景子や妻夫木聡、千葉真一、中川翔子、真木よう子らが出演した。

■関連記事
「北川景子」フォトギャラリー
『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』場面写真
米誌「ギャラを貰いすぎている映画俳優」発表、ジョニー・デップが1位に
英Digital Spy「最もセクシーなセレブ」発表<フォト集>

エンタメアクセスランキング

  1. 1「過保護のカホコ」ばあば(三田佳子)が衝撃事実を告白 カホコ(高畑充希)と視聴者に動揺広がる写真 8月17日00時01分
  2. 2藤本美貴、第3子妊娠説に言及 松浦亜弥からの連絡明かす写真 8月17日16時29分
  3. 3冴島(比嘉愛未)& 藤川(浅利陽介)の急展開に視聴者も悲痛 藍沢(山下智久)がかけた言葉…5人の友情に感動<コード・ブルー第5話>写真 8月14日22時49分
  4. 4佐々木希、胸揉まれ妄想…大胆シーンに視聴者興奮「エロすぎ」「振り切ってる」<伊藤くん A to E>写真 8月16日11時57分
  5. 5YOUが衝撃告白「芸能人じゃなきゃもっと路上でチューしてる」写真 8月15日16時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る