日刊アメーバニュース

東京に行きたかったチャニング・テイタム 『ワイスピ3』最悪なオーディションを告白

2016年02月11日 10時00分
提供:クランクイン!

 ダンス映画『ステップアップ』(07)の主演をきっかけに注目を浴び、『G.I.ジョー』(09)や『マジック・マイク』シリーズなどに代表される人気スターになった俳優チャンニング・テイタム。実は人気シリーズ『ワイルド・スピード』の第3弾『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(06)のオーディションを受けていたことを明かした。

【関連】「チャニング・テイタム」フォトギャラリー

 深夜の人気トーク番組『Jimmy Kimmel Live!(原題)』に出演したチャニング。司会のジミー・キンメルに最悪なオーディション体験を尋ねられると、「それはあの…『ワイルド・スピード3』だよ。『TOKYO DRIFT』だ」と、当時を思い出したのか少し恥ずかしそうに返答。「ものすごく東京に行きたかったんだ」と笑い、「東京でドリフトしたかった」とジョークを飛ばした。

 チャニングはオーディションがうまくいっていないと思ったらしく、「もう終わりだよね!? ひどい出来だ。もうやめるよ」と、自分から演技をやめてしまったという。当時のことは忘れることにしたというチャニングは詳細を覚えていないそうだが、うまくいかなかったのは自分の演技が下手だったのと、セリフを覚えておらずひどく狼狽してしまったことが重なったからだと分析した。結局、キャスティングディレクターや監督から「続けて」と言われることもなく、それで終わってしまったらしい。

 東京が舞台となった2006年の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』。チャンニングの代わりに(?)主役の座を射止めたのは、ショーンを演じたルーカス・ブラックだった。日本からは北川景子や妻夫木聡、千葉真一、中川翔子、真木よう子らが出演した。

■関連記事
「北川景子」フォトギャラリー
『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』場面写真
米誌「ギャラを貰いすぎている映画俳優」発表、ジョニー・デップが1位に
英Digital Spy「最もセクシーなセレブ」発表<フォト集>

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1狩野英孝が涙の謝罪会見、無期限謹慎を発表 相手女性への恋愛感情あった写真103 1月21日12時09分
  2. 2高橋一生、ミュージシャンの弟とは「父親が違う」 複雑な家庭事情が明らかに写真9 1月21日05時00分
  3. 3坂口杏里、ホストクラブ通いで借金疑惑に言及 現在の収入も告白写真78 1月18日18時09分
  4. 4山田優、第2子出産を発表「家族で力を合わせて楽しく過ごしていきたいと思います」写真14 1月21日11時20分
  5. 5中村蒼、交際6年の一般女性との結婚を発表 交際記念日にゴールイン写真6 1月21日18時12分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る