日刊アメーバニュース

東京に行きたかったチャニング・テイタム 『ワイスピ3』最悪なオーディションを告白

2016年02月11日 10時00分
提供:クランクイン!

 ダンス映画『ステップアップ』(07)の主演をきっかけに注目を浴び、『G.I.ジョー』(09)や『マジック・マイク』シリーズなどに代表される人気スターになった俳優チャンニング・テイタム。実は人気シリーズ『ワイルド・スピード』の第3弾『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(06)のオーディションを受けていたことを明かした。

【関連】「チャニング・テイタム」フォトギャラリー

 深夜の人気トーク番組『Jimmy Kimmel Live!(原題)』に出演したチャニング。司会のジミー・キンメルに最悪なオーディション体験を尋ねられると、「それはあの…『ワイルド・スピード3』だよ。『TOKYO DRIFT』だ」と、当時を思い出したのか少し恥ずかしそうに返答。「ものすごく東京に行きたかったんだ」と笑い、「東京でドリフトしたかった」とジョークを飛ばした。

 チャニングはオーディションがうまくいっていないと思ったらしく、「もう終わりだよね!? ひどい出来だ。もうやめるよ」と、自分から演技をやめてしまったという。当時のことは忘れることにしたというチャニングは詳細を覚えていないそうだが、うまくいかなかったのは自分の演技が下手だったのと、セリフを覚えておらずひどく狼狽してしまったことが重なったからだと分析した。結局、キャスティングディレクターや監督から「続けて」と言われることもなく、それで終わってしまったらしい。

 東京が舞台となった2006年の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』。チャンニングの代わりに(?)主役の座を射止めたのは、ショーンを演じたルーカス・ブラックだった。日本からは北川景子や妻夫木聡、千葉真一、中川翔子、真木よう子らが出演した。

■関連記事
「北川景子」フォトギャラリー
『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』場面写真
米誌「ギャラを貰いすぎている映画俳優」発表、ジョニー・デップが1位に
英Digital Spy「最もセクシーなセレブ」発表<フォト集>

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1小林麻耶、体調不良でイベント中止「心よりお詫び」写真13 5月23日18時21分
  2. 2『笑点』、新メンバー加入決定 5・29生放送で発表写真39 5月22日20時58分
  3. 3住居侵入被害の吹石一恵 所属事務所がコメント「元気に過ごしております」写真7 5月23日14時05分
  4. 4イモトアヤコ、日テレ連ドラ初出演 脱太眉で女優モード写真12 5月24日04時00分
  5. 5岡村隆史、月9『ラヴソング』出演成功 E村Pではなく素顔で10秒映る写真1 5月23日21時19分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る