日刊アメーバニュース

ローン審査の前に! たった1,000円で信用情報を入手するには?

2016年02月10日 03時32分
提供:みんなの住まい


住宅購入の際、切っても切れないのが「住宅ローン」の契約です。自分がどれくらいの融資を受けられるのか、そもそも審査に通るのか? など初めてでは不安に感じる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ローン審査前に知っておきたい「信用情報のチェック」について解説します。



信用情報って何? 自分でわかるの?


画像 指定信用情報機関(CIC)のWebサイトトップページ。開示方法はPC、スマホ、携帯電話、郵送、窓口など選ぶことが可能。
銀行など金融機関による住宅ローンの審査は、モデルルームなどで相談すると物件担当者が代行してくれます。ローン審査に受かれば、ローンの話を具体的に進めていくことになるわけですが、時にはローン審査で落ちてしまうという人も……。しかし、落ちた時、なぜ落ちてしまったのかという理由は個人情報なので、物件担当者には明かされず、本人にも教えてもらえません。
金融機関の担当者は、あなたの現在の勤務先や年収といった情報のほかに、クレジットカードやその他ローンなどの利用状況が記録された「信用情報」を特定の機関で照会し、チェックしています。この情報になんらかの問題があると、住宅ローン審査落ちの一因となる場合もあります。となると、自分の信用情報がどうなっているのか、すごく気になりますよね。実はこの情報は、自分でいつでも確認できるのです。今回は「みんなの住まい」編集部員がスマートフォンを使って実際にトライしてみました。

手元に準備するもの(スマホで開示する場合に必要だったもの)
・スマートフォン
・クレジットカード
・運転免許証(あれば)
・メモとペン




PCやスマホでもできる! たった1時間以内で開示完了
面倒な手続きや手数料が必要では? と思う方もいるかも。でも実際はわりと簡単で、自宅のPCやスマートフォンからでも確認できます。手数料はたったの1,000円。スマホやPCで操作すると情報入力したクレジットカードでの支払いになります(窓口開示なら現金支払いで税込500円とさらにオトクですが足を運ぶ面倒さがあります)。さっそく手順を見ていきましょう。




開示手順
1. CICのサイトTOPから「スマートフォンでの開示」を選択し、「お手続き前の確認事項」(インターネットの利用環境や、PDFが開けるかどうか)の確認をします。PCの場合、iOSは利用できないので、Macユーザーの方は注意してください。
インターネット開示が利用できる環境(2016年2月5日現在、CICサイトより)

開示方法
利用できる環境
PC
対応OS
Windows VISTA、Windows 7、 Windows 8、Windows 8.1、Windows 10
対応ブラウザ
Internet Explorer7、8、9、10、11、Microsoft Edge
スマートフォン
対応機種
iPhone(iOS 7.0.6 以降)、Android
携帯電話
対応機種
docomo:imode 1.0 およびimode 2.0、Softbank:3GC、au:WAP 2.0
※上記のPC、スマートフォン、携帯電話でも、CICのシステムとの相性等によりインターネット開示できない場合もあります。
2. 利用規約と注意事項 (画面操作の注意点や開示に必要なパスワードを忘れたり、誤ってキャンセルを押してしまった場合の対処法など)の確認をします。
3. サイトに掲載されている「受付番号取得はこちらから」の番号に電話をかけ、音声ガイダンスに従って受付番号を取得します。受付番号はこの後スマートフォンを使った開示手続きに必須となるので、しっかりメモをとりましょう。※受付番号の取得はクレジットカードの契約時に使用している電話番号でかける必要があります。
4. 端末機能の確認や、開示報告書の取扱注意事項、スマートフォンセキュリティについての注意事項、利用条件の承諾事項を確認し「承諾する」にチェックボタンを入れてから「インターネット開示を行う」に進みます。
5. 「お客様情報の入力」を行います。

6. 入力内容の確認をします。間違いがなければ「確定」ボタンを押してPDFをダウンロードします。この内容確認の際、ページの下に開示報告書のPDFを開くためのパスワードと、PDFダウンロード方法が記載されています。この部分もしっかり確認して、パスワードをメモすることを忘れずに! 編集部員は入力内容の確認に気をとられ、この部分をよく読まないまま「確定」を押してしまい、PDFダウンロード後にパスワードがわからず、とても慌てました。(都度画面キャプチャを残していたので無事パスワードはわかりました)

無事ダウンロードが完了し、パスワードを入力すると以下のようなデータで開示情報を確認できます。

編集部員がダウンロードしたPDFは、全部で9ページ分。最初の1ページ目は開示日時や使用者の名前、取扱いの注意等が書かれた表紙的なもの。そして2~8ページ目までは「クレジット情報」として各会社の契約内容が記載されていました(1ページにつき1契約分)。クレジットカードは3枚しか持っていませんが、過去5年以内に携帯電話やタブレットの契約(本体価格の分割払いなど)を携帯会社と交わしていたため、全部で7件でした。最後の9ページ目は、自分の信用情報の開示をいつどんな会社が行っていたかの記録が記載されていました。




「A」「$」はどんな意味? 表の正しい見方と大事な項目

報告書にはたくさんの項目がありますが、各項目には番号が付けられていて、CICのサイトで各項目について詳しく解説されています。今回は特に注意してみておきたい項目とその見方についてご紹介します。
まずは報告書1番下にある入金状況。「$」のマークはその月に正しく入金がされたという意味で、「A」があると未入金ということになります。クレジットの支払いが遅れたりすると、ここに記載されてしまいます。「-」は請求も入金もなかった(クレジット利用がない)ことを表しています。

次に支払い状況についてです。25番の残債額は報告日の時点でクレジット会社に対し、まだ支払いが完了していない残りの金額が記載されます。そして「26.返済状況」。ここに「異動」と記載されていた場合、長期にわたる支払いの遅れ(※)や、あなたの代わりに保証会社が返済した記録があったことを記しています。また、裁判所が破産を宣告したものも記載されます。※返済日より61日以上、または3カ月以上の支払いの遅れ(延滞)があったもの、あるもの。
この「異動」の記録は、延滞などが解消した後も、その情報の保有期限が来るまで残るそうです。
一番下の「31.終了状況」には、クレジット契約が終了しているか、継続中かなど処理の状況が記載されます。

次に、報告書右上の割賦販売法の登録内容と貸金業法の登録内容についてです。割賦販売は商品やサービスを分割払い契約にした時の内容で、「32.割賦残債額」にはまだ支払いが完了していない残りの額が記載されます。また、支払いの遅延の有無も記載されます。貸金業とは、カードローンでのキャッシングサービスなどを利用した際の契約内容が表示されます。こちらも支払いが完了していない場合には残高が、遅延などあればその内容が表示されます。



使っているのに……支払い情報が載っていない場合は?
あまり使用していないけれど、毎月ネットオークションの会員費(340円)を支払っているクレジット機能付き銀行キャッシュカードの情報が真っ白でした。少額では表示されないのかなと問い合わせてみたところ、分割払いにしていないと表示が出ない会社もあるそうです。大手銀行カードなどはそういった仕組みになっているところが多いとの回答でした。



こんな時どーする!? まわりに聞けない素朴な疑問

CICのサイトのQ&Aページ、電話での問い合わせを参考に、気になる疑問をいくつかピックアップしました。





・情報の登録や更新のタイミングはいつ?
クレジット契約の場合、情報の登録や更新のサイクルは原則、月に一度となっており、加盟するクレジット会社によって締め日が違うため、そのタイミングは異なります。支払いの情報が反映されるまでに1~2カ月かかる場合もあります。また、貸金業法に基づく個人信用情報の場合(キャッシング)は、新規契約および内容変更のあった時から最大で翌日までに行うことになっています。


・登録されている情報は削除できるの? いつまで掲載されるの?
登録内容が事実であれば、訂正・削除はできません。 情報の種類によって保有期間があり、期限が過ぎた情報は自動的に掲載が削除されます。

保有期限について
クレジット情報
契約期間中、および取引終了から5年間
※取引終了している場合は表面の右上にある保有期限に年月が記載されます
申込情報
クレジット会社等がアクセスした日から6カ月
利用記録

・過去に自己破産で免責決定を受けたのに、まだ残高が残ってる!
免責された残高が登録されたままになっているのは、破産手続き後に免責が決定した場合、裁判所によっては債権者であるクレジット会社に免責通知をしていないところがあり、そのため、契約しているクレジット会社が免責決定の事実を知らず、情報が更新されていない場合があるようです。登録しているクレジット会社に対して、免責決定事実を確認できる資料を準備の上、ご相談してみてはいかがでしょうか。



実際にやってみてわかったこと
1時間以内に開示しないと受付番号が無効になるので、落ち着いて時間のあるときがベスト。後からPCに転送、プリントアウトなどしたい方は最初からPCで行う方がいいかもしれません。また、スマホで操作する方はPDFを保存できる環境をあらかじめ準備しておきましょう。異なるブラウザですぐ開いたりは出来ません。
初回開示から24時間以内なら、受付番号を再取得したのち再開示が可能(費用がかからない)だそうです。スマホで開示後、PCや他のブラウザで開きたいという方は時間を確認して行うようにしましょう。
初めて住宅ローンを組む時「審査ってなんだか不安」と感じる方はたくさんいると思いますが、このような情報をあらかじめ知っておくと、購入に向けてどんな準備が必要か、より明確になってくるのではないでしょうか。気になる方は一度試してみてくださいね。




【関連記事】
30代で家を買う! 不動産購入初心者が聞くに聞けないギモンを解決

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 13位会計前の菓子を食べる!「スーパーでイラつくNG親子」1位は…写真78 6月29日07時40分
  2. 2ダサい夫をユニクロで改造する3アイテム。計9000円で別人に!写真39 6月27日09時02分
  3. 3最後は抜歯まで行き着く「銀歯治療」の負の連鎖写真28 6月29日07時00分
  4. 4「4つのK」にご注意!嫁姑問題が起きやすい嫁の特徴4つ写真13 6月27日23時00分
  5. 5朝の玄関でイライラ…「幼稚園・保育園行きたくない!」グズる子どもへ親がしてはいけないNG行動3つ写真5 6月29日07時15分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る