日刊アメーバニュース

大島優子、二人芝居のプレッシャー克服 秋元康の助言で出演決意

2016年02月10日 15時48分
提供:クランクイン!

 放送作家・鈴木おさむが手がける舞台『美幸 -アンコンディショナルラブ- 』の制作発表が10日、都内で行われ、出演する鈴木浩介、大島優子と鈴木おさむが登場。かなりきわどい台詞があると明かした大島は、「人生で一度も口にしたことがない言葉なので…。言えないです」と含み笑いを浮かべていた。

【関連】舞台『美幸 -アンコンディショナルラブ- 』制作発表<フォトギャラリー>

 『美幸 -アンコンディショナルラブ- 』は切なさと悲しさが同居する、狂気にも似た究極の愛の物語。かつて残酷ないじめにあった少女・美幸が、大人になり経験する無償の愛が描かれる。書籍化もされ話題となったセンセーショナルな舞台作品が、さらなる進化を遂げてよみがえることになった。

 舞台経験が豊富な鈴木浩介は、美幸の憧れの存在である“雄星”をはじめ、男性登場人物5役を一人で演じ分ける。自身の経験を振り返り、「今までの中で一番大変だったのは、首しか出ていない舞台(笑)。体の自由がきかなかったので結構大変でした。ただ2人芝居をちゃんとやるのは初めてなので、僕が完全に脳みそストップしたらと思うと。大島さんに迷惑だけはかけたくないというプレッシャーはすごいです」と、隣で微笑む大島に恐縮していた。

 そして主人公の美幸を演じることになった大島は、出演の経緯について、「ラジオで『二人芝居をやってみないか』と言われて。ずっとやってみたいとは思っていましたが、できるのかどうかということが怖くて。でも、秋元康さんにかつて『無理をしろ』と言われたんです。負荷をかけないと成長しないと言われたので受けました」と、恩師の言葉が背中を押したと告白。

 さらに、激しい愛が作品内で描かれることについて触れ、「恋愛に関しては、浩介さんに教えていただこうと思います(笑)」と大島は愛くるしく目をパチッとして見せ、鈴木浩介も「じゃあ…教えます!」と舞台での愛憎劇に向けて気合いを入れ直していた。

 鈴木おさむ劇場『美幸 -アンコンディショナルラブ-』は5月12日から24日まで東京・本多劇場、5月27日から30日まで大阪・サンケイホールブリーゼにて上演。


■関連記事
「大島優子」フォトギャラリー
「鈴木浩介」フォトギャラリー
大島優子、野呂佳代との“素顔”ショット披露
大島優子、AKB48出演作は「気になる」 女優のやりがいは “いいものを作った” 充実感

この記事のコメント

12件を表示 / 2件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1成宮寛貴、芸能界引退を発表「本当にごめんなさい。そして、ありがとうございました」写真184 12月09日16時22分
  2. 2押切もえ&涌井投手、ハワイで挙式「二人で笑顔の溢れる家庭に」写真9 12月09日09時22分
  3. 3中居正広が驚きの飲酒習慣を告白、キスマイ北山との師弟関係も明かす?写真8 12月07日13時24分
  4. 4生田斗真、関ジャニ∞のセンターで完璧ダンス コラボに興奮の声殺到「ジャニーズであることを再認識」4 12月07日23時13分
  5. 5市川海老蔵、木村拓哉と初対決 長髪姿をほめられ「うれしかった」写真1 12月08日08時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る