日刊アメーバニュース

岡田将生×松坂桃李×柳楽優弥、ゆとり世代が宮藤官九郎ドラマで世の理不尽に挑む 

2016年02月10日 06時00分
提供:クランクイン!

 俳優の岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥の3人が、宮藤官九郎の脚本による4月期の新ドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)にて共演することが分かった。演出を、映画『舞妓Haaaan!!!』『謝罪の王様』で宮藤とタッグを組んだ水田伸生監督が務める。

【関連】「岡田将生」フォトギャラリー

 本作は「ゆとり第一世代」と社会に括られる、1987年生まれのアラサー男子3人が、仕事に家族に恋に友情に、迷い、あがきながらも懸命に世の中の理不尽に立ち向かう人間ドラマ。入社7年目のごく一般的なサラリーマン・坂間正和を岡田が、「ゆとり先生」と舐められる小学校教師・山路一豊を松坂が、妻子がありながらも客引きとして繁華街を転々としている11浪中の浪人生・道上まりぶを柳楽が演じる。

 岡田は「水田監督と宮藤さんのタッグで、まさか自分に声を掛けていただけるとは、こんなに嬉しいことはありません。そして今回同世代の松坂桃李さん、柳楽優弥さんと一緒に一つの作品を作れるという嬉しさ。考えるだけで興奮してきます」と喜びを語る。

 台本がとにかく面白いと絶賛する松坂は「その面白さを芝居できちんと表現できるかが何より怖いです」と不安を吐露するも、「同世代の岡田くん、柳楽くんと共に、幅広い世代の方に愛されるような作品を目指していきたい」と意気込んだ。

 「10代の頃、宮藤官九郎さんの作品から受けた衝撃はとても大きい」と明かす柳楽は「僕自身も、あのクドカンワールドに入れる事が楽しみで仕方ありません。同世代のゆとりメンバーで、一括りにされてきたゆとり達の逆襲が始ま…ると思います」と濁しつつ、作品をアピールした。

■関連記事
「松坂桃李」フォトギャラリー
「柳楽優弥」フォトギャラリー
岡田将生「初めてが染谷でよかった」壁ドンを超えた“壁ドカン”生披露
松坂桃李、クリスマスデートはショッピングと遊園地!?「パディントン」と妄想デート

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1篠田麻里子「最後のお仕事」に共演者どよめく AKB卒業後初舞台で気合写真22 7月27日13時15分
  2. 2藤木直人に第3子誕生写真12 7月26日14時08分
  3. 3安倍なつみ、第1子男児出産 夫・山崎育三郎と「夫婦そろって感動し涙し感謝」写真6 7月27日21時30分
  4. 4KinKi Kids堂本光一、剛とは「挨拶もしない」 楽屋での様子明かす写真5 7月27日10時53分
  5. 5ロッキード事件・田中角栄逮捕から40年。石原慎太郎が「墓場まで持っていく」真実とは写真3 7月27日10時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る