日刊アメーバニュース

堀北真希と知英の絆に亀裂が!?『ヒガンバナ』第5話

2016年02月10日 06時00分
提供:テレビドガッチ

堀北真希が主演を務める、日本テレビ系のドラマ『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』(毎週水曜22:00~)。2月10日放送の第5話では、知英演じる長見薫子を中心に物語が展開していく中で、これまでベールに包まれていた彼女の家族構成などが明らかになる。

女性犯罪者および女性被害者対策を目的に設置された非公式の課・警視庁捜査七課を中心に物語が展開。一癖も二癖もある美しい女性ばかりが揃う捜査七課は、男性刑事たちから、根に猛毒を持つ花“ヒガンバナ”と揶揄されている。堀北が演じる一匹狼の超マイペースな刑事・来宮渚は、極めて高い共感力ゆえに、“事件現場に残る声”が聞こえるという特殊能力を持つ。ひとたび事件現場に立ち、ヘッドフォンを外すと、被害者や加害者の強烈な感情とシンクロして、その場に残された声が聞こえて気絶してしまう。その時、渚がつぶやいた“事件現場に残る声”が、事件解決のキーワードになっていく。

第5話は、有名バレエ団の附属高校で、発表会のプリマドンナに抜擢された透子(尾中琴美)がアレルギーショックにより意識不明の重体で発見されるところからスタート。透子は薫子(知英)の妹で、将来を嘱望された天才バレリーナ。バレエという厳しい実力社会の中で渦巻く女同士の嫉妬や羨望の真っただ中で、渚はどんな感情と“シンクロ”し、どんな真実を発見するのか。ヒガンバナにとって初めての単独捜査を実現したすみれ(大地真央)だったが、妹の透子を心配する薫子と、冷静に事件を分析し続ける渚の間にも亀裂が……。そして、事件を通して少しずつ絆が生まれつつある渚と謙人(DAIGO)の関係にも急展開!?

これまで薫子については、アメリカの名門医大を出た帰国子女のエリート監察医で、恋愛に対して積極的ということしか明らかになっていなかった。しかし、第5話では、日本にやってきた経緯や家族について明かされるほか、白衣や術衣といった仕事着ではない私服を披露するシーンも登場する。

関連リンク
【インタビュー】知英「アクションやミュージカルもやってみたい」堀北真希から応援も

堀北真希主演『ヒガンバナ』ポスタービジュアル解禁 キャスト陣からコメント

DAIGO、堀北真希主演『ヒガンバナ』で7年ぶりの連ドラレギュラー出演

堀北真希『ヒガンバナ』主題歌が謎の女性アーティストJYに決定

『ヒガンバナ』ほか人気テレビ番組を無料配信「TVer(ティーバー)」公式サイト

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1山本耕史 パパ質問に笑顔でうなずく 家族は「どんどん増えていったらいい」写真1 8月24日12時51分
  2. 2『スマスマ』冒頭に32秒メッセージ「最終回まで全力で」 初回VTRや名場面とともに写真7 8月22日22時02分
  3. 3フジモン、ユッキーナからの暴言に仰天「生で食え!」写真5 8月23日07時00分
  4. 4塩谷瞬、小林多喜二役抜てきに涙「彼が遺した魂を演じる」写真4 8月23日16時06分
  5. 5塚本高史、真夏でもマスクが欠かせない理由とは?写真6 8月24日13時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る