日刊アメーバニュース

客引き退治に「上野警察署」スピーカー作戦の成果

2016年02月10日 05時00分
提供:デイリー新潮

“オイコラ警察”も今や昔。平成のおまわりさんは、我々が危ない目に遭わぬよう優しく声をかけてくれる。ただし、自動音声で――。

 東京・上野の仲町通り界隈は、池波正太郎が愛した「池の端藪蕎麦」や鈴本演芸場が軒を連ねる。昔ながらの情緒が漂う街角だが、夜の帳が下りれば片言の日本語を操るお姉さんたちが、“ノミ放題、アサマデ5000円ヨ”なんて調子でしつこく付き纏う。風情も何もあったもんじゃないのだ。

「都条例で路上の客引き行為は一切禁止です。警察も見つけ次第、取り締まっていますが、イタチごっこが続いています」(社会部記者)

 地元商店会の要望を受けて、上野警察署が、仲町通りを中心に始めたのが“スピーカー作戦”。界隈の随所に隠された拡声器からは、精悍な印象を受ける男性の声で〈ご通行中の皆さん! こちらは上野警察署です。客引きの甘い言葉にご注意ください。笑みを浮かべ親しげに近寄り今日は飲みですか、キャバクラですか、風俗ですか? 良い子がいますよ。任せてくださいと言葉巧みに近寄ってきます〉といった具合で数十秒毎に警告を発する。

 実はコレ、新宿や池袋ではひと足早く導入された新兵器だった。

「上野では昨年の12月26日から放送を開始しましたが、この1カ月で明らかに客引きの数は減っています。強いお酒を飲ませて泥酔した客のカードから多額の現金を引き出す“払い出し”という手口の被害が多発していたのですが、1月の相談は2件のみでした」

 と、所轄の上野署は胸を張る。ちなみに、気になる声の主はプロの声優さんだそうだけれど、なぜ“DJポリス”を登板させないのか。

「週刊新潮」2016年2月11日号 掲載


【関連記事】
「国の年金は信用できない!」で、個人年金はやったほうがいいの? 荻原博子さんに聞く
新年早々、空き巣に「4500万円」をやられた教訓
下半身の触れたお湯で上半身を穢してはいけない 明治天皇の入浴法
ハダカになっても稼げない「風俗嬢」の天国と地獄 リアルな月収を大公開!
30~40代での住宅ローン返済計画が「老後破産」を招く!

この記事のコメント

11件を表示 / 1件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

国内アクセスランキング

  1. 1靴店に車突っ込む=男性巻き込まれ死亡-東京5 9月26日19時50分
  2. 2入院1週間以内で2人死亡=88歳寝たきり、同じ部屋-横浜患者殺害1 9月27日05時24分
  3. 3御嶽山噴火、遺留品今も160点=長期保管、遺族らに公開-長野県警写真 9月26日14時49分
  4. 4ダルビッシュ投手弟に有罪=賭博開帳罪を適用-大阪地裁2 9月27日11時33分
  5. 5難病「全身性強皮症」で53歳で急逝したノンフィクション作家 最期の日々を編集者が明かす写真1 9月26日13時10分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る