日刊アメーバニュース

インバウンド無情 皇族ゆかりの長崎「旗松亭」破綻

2016年02月10日 05時05分
提供:デイリー新潮

 かつては貿易港として栄えた、長崎県平戸市。現在は“長崎の教会群とキリスト教関連遺産”としてユネスコ世界遺産の登録を目指す観光地でもある。

 国際観光ホテル「旗松亭」――客室数90室、屋上露天風呂やパノラマ展望大浴場を有する、平戸市内でもトップクラスのホテルなのだが、経営する有限会社旗松亭は1月29日、長崎地裁佐世保支部に民事再生法の適用を申請し、保全命令を受けた。負債額は約22億円になるという。

「創業は1949年。69年の長崎国体開催の折り、平戸をご訪問される昭和天皇皇后両陛下のご宿泊先として、ホテルを開業。他にも今上両陛下や、オランダのアレクサンダー皇太子(現国王)も滞在されています。まさに平戸観光の中心的存在でした」(地元紙記者)

 増築や改装などの資金を金融機関からの融資に頼っていたが、景気低迷による客室稼働率の低下で資金繰りが悪化。2010年には借入金が債権回収会社に売却されてしまった。経営の効率化などさまざまな策を講じたが、昨年1月期の売上は約5億8200万円と、ピーク時の半分にダウン。宿泊客数回復の見込みが立たず、とうとう自主再建を断念したのだった。

「訪日観光客2000万人だ、と言いますが、これが観光後進国・日本の観光の現実です」

 と言うのは、ノンフィクション作家の桐山秀樹氏。

「大多数を占める中国や台湾、韓国からの観光客の“ゴールデンルート”は、やはり東京〜京都〜大阪で、最近ようやく北海道や金沢が増え始めた程度。“爆買い”以外の観光地では、ディズニーランドやUSJなどのアミューズメント型の施設が人気です。その意味では長崎県の場合、佐世保市のハウステンボスがダントツの人気なのです」

 実際、ハウステンボスは15年9月期決算で、経常利益100億円を達成するなど“ひとり勝ち”だ。

「昼も夜も楽しめる“統合リゾート”を目指さない限り、インバウンド需要の恩恵は受けられない。観光政策の問題です」(同)

 全国の観光地にとって、対岸の火事ではない。

「週刊新潮」2016年2月11日号 掲載


【関連記事】
「他人の表情から感情を読み取れる」と考えるのは間違いだった/それ、人間アレルギーが原因です
爆買い中国人が街角から一斉に消える 日本列島が蒼ざめる「最悪シナリオ」2016(2)
インバウンド向け「福袋」の楽しみ方
無意識に「敵」を作る最悪の「余計な一言」とは?
デスクワークは死亡リスク1.4倍! 「座り仕事」と「睡眠不足」がもたらす悪夢とは

国内アクセスランキング

  1. 1女優の真理明美さん死去 8月15日22時14分
  2. 2ダイビングの女性死亡=高松 8月14日19時44分
  3. 3覚せい剤容疑で中学教諭逮捕=路上で所持、「使用目的」-警視庁 8月16日13時37分
  4. 4松居一代「彼、終わりですよ」 船越の浮気を疑わなかった理由はEDハゲ 写真 7月31日08時00分
  5. 5殺人未遂容疑で町職員逮捕=事件後、職場に戻る-静岡県警 8月16日19時06分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る