日刊アメーバニュース

iPhoneのバッテリーを大量消費するFacebookアプリ、削除で15%も電池寿命UP

2016年02月09日 14時10分
提供:MdN

iPhoneのバッテリーを大量消費するFacebookアプリ、削除で15%も電池寿命UP
The Guardianの記事

英日刊紙ガーディアン(The Guardian)は、Facebookアプリがスマートフォンのバッテリー消費に与える影響について検証し報じている。

2015年には、バックグラウンド更新をオフにしても稼働し続け、バッテリーを消費し続けることが明らかになったFacebookアプリ。Facebookはそれをバグだと認め、改善したとしていた。しかし、Facebookアプリが電池を使い続けているのではという疑念は消えず、ガーディアン紙は検証を行った。

まず、Android版でFacebookアプリを削除してみると、20%もバッテリー寿命が延びたという。さらに、iOS版で試すと、iPhoneのバッテリーは最大で15%も節約できた。iPhoneでの検証は、Facebookアプリを利用する状態と、Facebookアプリを削除してSafariからウェブ版のFacebookを利用する状態を比べたもの。Facebookだけでなくほかの機能も使いながら、朝7時30分から夜10時30分まで使い、バッテリーの残量を比較したところ、15%の差を確認できた。

記者が比較しただけではなく、他のiPhoneユーザーにも同様のテストを行ったが、同じような結果になった。この結果を受け、バッテリーの持ちを気にするならば、Facebookアプリを削除して、SafariのFacebookページをホーム画面に追加して使う方が、ほとんど機能的にも同じであるし、アプリとキャッシュ合わせて500MBの容量の節約もできるとしている。

バッテリーが気になる人はAppleの純正バッテリー内蔵ケース「Smart Battery Case」を使ってもいい
バッテリーが気になる人はAppleの純正バッテリー内蔵ケース「Smart Battery Case」を使ってもいい

The Guardian
URL:http://bit.ly/1Qmul2R
2016/02/09


■関連記事
Kickstarterが10万プロジェクト資金調達達成、10の革新的発明も発表 (2016.2.9)
商用利用可能な書道デザイン素材を100円から購入できるDL販売サイト「ブラッシュストック」がオープン (2016.2.9)
さくらインターネット、IoTのプラットフォームを2016年度中に提供開始 (2016.2.9)
写真の一部分だけが動いて強インパクトを与える「シネマグラフ」がキャンペーンを展開 (2016.2.8)



ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

ITアクセスランキング

  1. 1バーコードスキャンで決済可能!スタバ公式アプリがリリース写真 5月25日23時10分
  2. 2人類最後の砦・羽生善治名人出陣! 人工知能将棋ソフトとの対戦がかかる「叡王戦」に登録写真 5月24日17時45分
  3. 3とうとう実現!世界初のバッテリー駆動モバイル電子レンジが登場写真 5月25日23時15分
  4. 4「旨辛系タンメン『荒木屋』との関係について」 蒙古タンメン中本がお知らせを掲載写真 5月26日13時00分
  5. 530年分、600以上の携帯電話が見られる「auケータイ図鑑」が公開写真 5月26日22時50分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る