日刊アメーバニュース

スペルが変わる! フランス語学習者は要注意

2016年02月08日 17時44分
提供:OVO

 外国語を学んでいる人にとって、いきなり「今年からスペルが変わります」と言われるのは地獄だろう。たとえ母語でも、学校で勉強している最中の子供たちにとっては、混乱の極みだ。だが、フランスがそれをやる。学年の変わり目にあたる今年9月から、2400語以上の単語のスペルが変更になり、教科書などがそれに沿った記述になる。教師たちは困惑、子供たちからも「“私のフランス語”に触らないで!」との声、ネット上は議論沸騰だ。

 フランスで、言語に関わる基本事項を決めているのは、アカデミーフランセーズという国立の学術団体。17世紀に創設されてから、辞書の編さんを続ける“言語の守護者”だ。今回の改定も、アカデミーが既に1990年に着手していたもので、いよいよ今年“現場”での実施に至るもの。例えば、玉ねぎを意味するオニオンは、フランス語では従来「oignon」と書いたが、i がなくなり、「ognon」になる。ラテン語が語源で、日本語でも同じように言われるアプリオリは、「a priori」だったが、 スペースが消えて「apriori」に。フランス語にとっては外来語にあたる英語も、ハイフンが消えるものが多い。例えば野球の「base-ball」は「baseball」に、「week-end」は「weekend」になる。

 もっとも、多くのフランス人が抵抗しているのは、アクサンと呼ばれるアルファベットの上に付く記号の変更。例えば夕食を意味する「dîner」は、i の上の帽子型の記号が消えて 「diner」に、「冷たい、生の」などを意味する「fraîche」も「fraiche」になる。だが、アクサンがなくなって簡素化されるものばかりではなく、日本の掛軸を意味する「kakemono」は、逆にeの上にアクサンがついて「kakémono」になる。

 スペル変更については、それなりの“理由”は説明されているが、実際の“使用者”の困惑は尽きない。パリの名門校アンリ4世高校の生徒は「オニオンがognonなんて、冗談でしょう?」「確かにフランス語のスペルは難しいものもあるけれど、だからといってこういう変更はあり得ない」と反発している。

 そうは言っても教科書は変わる。日本でフランス語を学んでいる人も、要注意だ。

L’Independant
Le Figaro
Le Figaro Étudiant

【関連記事】
最後は思わぬ裏切りが…! 2度見必至のWEBムービー
これってフランスの郵便車だよ~ 「ルノー カングー ラ・ポスト」限定発売!
リヨンを旅するなら(その2) “歩くだけで楽しい場所“3選
ビーチサンダルで運転は違法?  フランスで罰金!日本では?
ミラノ万博でそばが大ヒット  計画の1.4倍売上げる

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

経済アクセスランキング

  1. 1敵は紫外線だけじゃない!? 肌にシミができる意外な原因写真10 5月28日11時20分
  2. 2何千本あるんだこれ! 16年かけて完成させた超オタク部屋が圧巻写真4 5月29日10時00分
  3. 3口の中で綿雪のようにふわっと溶ける ミスド夏の定番スイーツに新フレーバー写真1 5月29日08時10分
  4. 4「引越し料金」安くする方法を紹介!! 節約派は特に必見写真1 5月28日10時20分
  5. 5まさに飲むチーズケーキ! スタバの新作フラペチーノは丸ごとチーズ尽くし写真8 5月27日17時01分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る