日刊アメーバニュース

ユーウツな季節がやってきた~と思ってる人は注目! 花粉症に関する実態と対策

2016年02月05日 11時59分
提供:OVO

 これから春にかけて憂鬱になる人も多いはず。そう、花粉症シーズンの到来だ。日本調剤(東京)は、全国の花粉症経験者1053人を対象に「2016花粉症の実態と対策」調査を行った。昨年に続く実施となる。

 日本気象協会の発表によると、2016年春のスギ花粉の飛散開始は、西日本と東日本で例年より早く、北日本は例年並みとなるとか。実のところ、アレルギーを引き起こすさまざまな花粉は一年中飛散しているのだが、症状が生じ、かつ酷くなるのは春先だ。実際、花粉症経験者に聞いてみると、率にして90.4%の人が春(3~5月)に発症している。

 では、その症状はどうかというと、トップ5は「鼻水・鼻づまり」(87.1%)、「目のかゆみ」(81.9%)、「くしゃみ・咳」(56.4%)、「鼻のかゆみ」(40.5%)、「目の充血・涙目」(34.8%)だ。人によって症状に差が出るものの、「必ず行く」(22.3%)と「行く場合もある」(36.2%)を合わせると、治療のために6割近い人が病院に行くという。病院に行くと答えた層で最も多かったのが、70代以上の女性(72.1%)。反対に、30代の男性の5割以上は行かないという。 


性年代別:病院に行かない人の「行かない理由」(複数回答)

 病院に行かない理由として、約半数の人が「我慢できる程度だから」(49.9%)を挙げ、「市販薬で十分だと思うから」(29.2%)、「面倒だから」(25.5%)との回答が続く。「行かない」が最も多かった30代男性の理由の1位は「面倒だから」(44.4%)だった。ちなみに、病院で支払う1回あたりの診療費や治療薬費は「1,000~2,000円程度」(42.5%)が最も多く、「2,000~3,000円程度」(27.6%)が続いている。


花粉症の治療薬を使用するタイミング(単数回答)

 治療薬を使用するタイミングとしては、「花粉症がひどい時だけ使用する」(29.0%)が最も多い。2位は「花粉症が発症してから使用する」(28.4%)で、薬は症状が出てから使っているようだ。治療薬を使わない人も2割以上いるなど、我慢している人も少なくない。他方、治療薬以外に行っている花粉症対策では、「マスクをする」(68.5%)と「うがい・手洗いをする」(48.3%)がツートップ。「空気清浄器を使用する」(15.2%)は離れた3位で、“対策にそこまでは”といった感じか。


治療薬以外の花粉症対策トップ10

 最後に薬剤師からアドバイス! (1)花粉症とわかったら、まず「マスク」、「うがい・手洗い」などで、できるだけ花粉を吸い込まないよう心掛ける。(2)酒やタバコを控える、食事や運動に気を配るなど日頃の生活習慣を改善、体の免疫力を高めることも大切。(3)治療薬については、症状によってさまざまな薬があるので、専門家に相談する。「たかが花粉症の薬」と自己判断で市販薬を使用することは危険な場合も。他の薬との併用などは、薬剤師に相談した方がいいだろう。



【関連記事】
1月23日は「花粉対策の日」 早めの対策でしっかり防御
一番弱いのは「お腹」 体の不調抱える人52%
「明らかにおかしい」処方!? 4人に3人の医師が経験
薬を飲んでくれない子もこれなら大丈夫? 服薬用チョコレート「にがいのにがいのとんでいけ」
みんなが検索している医療・薬系のキーワードは何? 病院探しトップは「大腸・内視鏡」

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

経済アクセスランキング

  1. 1【やった】kiriの「濃厚クリームチーズアイス」が再再登場! 大人気のローソン限定アイス写真4 5月27日10時40分
  2. 2天丼の概念が加速する! てんやが満を持してローストビーフ天丼を発売写真5 5月27日14時38分
  3. 3ランサムウェアで暗号化されたファイルを元に戻すツールをトレンドマイクロが無償提供?写真 5月27日19時31分
  4. 4敵は紫外線だけじゃない!? 肌にシミができる意外な原因写真 5月28日11時20分
  5. 5まさに飲むチーズケーキ! スタバの新作フラペチーノは丸ごとチーズ尽くし写真5 5月27日17時01分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る