日刊アメーバニュース

SF好き必見! 現実から異世界に飛ばされちゃう系のおすすめラノベ7選

2016年02月05日 20時00分
提供:マイナビ学生の窓口



ライトノベルの代表的なストーリーの一つに「現実世界から異世界に飛ばされる」というものがあります。例えば「平凡な高校生がRPGのような世界に飛ばされそこで勇者になる」といった内容がオーソドックスなスタイルです。今回は、こうした「現実から異世界に飛ばされちゃう系」のお薦めライトノベルをピックアップしてみました。

■偶然飛ばされるケースだけでなく意図的に召喚されるケースも……

●『ノーゲーム・ノーライフ』著者:榎宮祐

空と白は引きこもりだけどゲームにおいては世界最強の義兄妹。ある日二人はひょんなことから「ゲームの勝ち負け」が全ての成り行きを左右する異世界に召喚されます。空と白は最強のゲーム力を駆使し、この世界を支配し、また二人を召喚した「唯一神」に戦いを挑むことに……。

作中で行われるゲームはチェスやトランプ、しり取りといったシンプルなものですが、「実際に駒が動いて斬り掛かる」「発した言葉が現実のものになる」といったファンタジーあふれる内容になっています。そうしたゲーム中の心理描写が細かく丁寧で、実に緊張感あふれるもの。空と白のコンビの「頭脳戦」は読み応え抜群です。

●『無職転生 異世界行ったら本気だす』著者:理不尽な孫の手

トラックにひかれて死んでしまった34歳のニート男。しかし目覚めると赤ん坊になっていました。さらにそこは見知らぬ異世界で……。ルーデウスと名付けられたニート男は、今度こそ後悔しない生き方をすると心に決め、異世界で「本気の人生」を送ることになる……。

家を追い出されたニートのおっさんが麗しい美少年に転生するという、インパクトのある導入ではありますが、本編は天才少年ルーデウスの華麗な冒険譚(たん)。冒険とバトルとハーレムというオーソドックスなラノベ要素がこれでもかと詰まっている爽快な作品です。読みやすく、引き込まれる文章も人気の要因でしょう。

●『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』著者:竜ノ湖太郎

あまりにも高い能力を有することから、現実世界に退屈をしていた逆廻十六夜、久遠飛鳥、春日部耀の3人の元に封筒が届きます。封筒の中の手紙を読んだ瞬間、3人は「箱庭の世界」という異世界に飛ばされてしまいます。彼らはそこで自らの天才的な能力を駆使し、その世界を支配する魔王と戦うことになる……。

本作の見どころは、やはり「問題児」と称される3人の主人公たちが、同じく強大な力を持つ魔王に挑み、次々と成果を挙げていく描写。劣勢の状況からの逆転を目指す熱く燃えるストーリーは見逃せません。主人公最強系が好きな人に特にお薦めです。

●『灰と幻想のグリムガル』著者:十文字青

何者かの「目覚めよ」という声で目を覚ました12人の男女。自分の名前以外何も思い出せず途方に暮れるも、ひょんなことから「義勇兵団レッドムーン」に案内され、ここが「グリムガル」という見知らぬ世界であることを知らされます。さらに義勇兵として戦うか、街で細々とした暮らしをするかの選択を迫られます。12人のうちの一人であるハルヒロは、義勇兵になる道を選ぶが……。

ハルヒロたちは異世界でパーティーを組み、駆け出しの義勇兵としての日々を過ごしますが、その過酷な日々が細かく、丁寧に、また恐ろしくリアルに描かれています。英雄でも天才でもないハルヒロたちは、一般的に雑魚扱いとされるゴブリンとの戦闘でも苦戦します。その戦闘描写も、泥臭く実にリアルなのです。王道ではない「等身大」の冒険に引き込まれるでしょう。

●『宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する』著者:すずの木くろ

「物は試し」と購入した宝くじが当たり、40億円もの大金を手にした志野一良。しかしそのことを聞きつけた人々が彼に付きまといます。一良は彼らから逃れるために先祖代々伝わる屋敷に避難しますが、その屋敷は異世界の村につながっていたのでした。しかし訪れた異世界の村は困窮しており、一良は大金を使って村を救おうと考え……。

異世界へのアプローチが、よくある異世界ファンタジーものとは大きく違うのが本作の魅力。主人公の一良は大金を使って現実世界でさまざまなものを買い、それを異世界に持ち込みます。それにより危機状態にあった村が救われていくのですが、この描写が実にほのぼのと描かれています。血湧き肉踊るという作品ではありませんが、じっくりと楽しめます。

●『フェアリーテイル・クロニクル』著者:埴輪星人

人気VRMMO『フェアリーテイル・クロニクル』をプレー中に意識を失った東宏。目覚めるとそこはフェアリーテイル・クロニクルそっくりの世界でした。異世界に飛ばされたことが現実であることを受け止めた宏は、ゲームで培った生産スキルを駆使し、この世界で自給自足の生活を送ることになる……。

ゲームそっくりの異世界に転生してしまった主人公ですが、よくある「元の世界に戻ろう」と奮闘するのではなく、異世界で「生産」をすることで生計を立てていきます。この「異世界の自給自足の日々」というのが、他のファンタジー系ラノベとは違った切り口で魅力的なのです。

●『オーバーロード』著者:丸山くがね

ゲーム内の世界に転移できるオンラインRPG『ユグドラシル』のサービス終了日。古参プレーヤーであるモモンガは、ゲーム内で過去の思い出に浸りながら終了のときを迎えようとしていました。しかしサービス終了の時間を過ぎても強制ログアウトされません。モモンガは自分がゲームの世界ではなく、本当の異世界に転移したのではと調査を開始する……。

ゲーム内の能力そのままで異世界に転移してしまった主人公は、古参プレーヤーだけあってその能力は恐ろしいほど強力。次々と敵が襲い掛かってきたり、異世界の実力者と対峙(たいじ)することになりますが、その圧倒的な力でねじ伏せていきます。この無双描写はこの作品の魅力の一つでしょう。また転移した世界の謎についても見逃せません。

お薦めの異世界に飛ばされる系のラノベをピックアップしてみました。他にも、2016年1月アニメで放送されている『この素晴らしい世界に祝福を!』も、原作は人気の高い異世界系ラノベです。春休みなど時間のあるタイミングで読んでみてはいかがですか?

(中田ボンベ@dcp)

【関連リンク】
意外なキャラが一緒!? アニメ『ドラゴンボール』の同じ声優さんのキャラクター12選
逆に萌える!? 男なんだけど女の子みたいにかわいいアニメのキャラクター7選
これぞ青春! 胸が熱くなるスポーツアニメのおすすめランキングTop10
何年たっても色あせない! 日本人なら読むべき名作漫画ランキングTop10

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1実は問題アリかも! 「夫に不倫される妻」の特徴6つ写真57 9月25日17時50分
  2. 2ワーママの尻拭い役? 子なし夫婦が「損してる」と感じた体験談4つ写真30 9月26日20時00分
  3. 3女性の朝食欠食率が増加中!朝がラクになる「夜家事」のコツ4つ写真13 9月26日06時30分
  4. 4沈黙の多い夫婦も!「脳卒中のリスク」が1.5倍になる人の特徴写真2 9月26日22時00分
  5. 5ないないっ! 男性が、色気をまったく感じない女性の体形5選写真14 9月25日20時38分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る