日刊アメーバニュース

「セカンドライフ、覚えていますか?」―仮想世界で赤い羽根募金、2万リンデンドル集める

2016年02月02日 12時40分
提供:インターネットコム

「覚えていますか?」そんな問いかけとともに、かつて話題になった仮想世界サービス「Second Life(セカンドライフ)」の近況が発表になった。2015年も「赤い羽根共同募金」がキャンペーンを実施し、仮想通貨による募金で2万1,260リンデンドルを集めたという。日本円で8,758円相当。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

赤い羽根共同募金に協力しているインターネットサービスプロバイダ―、インターリンクが明らかにした。

それによると、赤い羽根共同募金は、2007年からセカンドライフにある仮想の土地「八国山アイランド」でキャンペーンを行っており、2015年で8回目を迎えたらしい。

八国山アイランドにある特設ブースの募金箱に仮想通貨リンデンドルで寄付をすると、「セカンドライフ版赤い羽根」などのグッズがもらえる内容だった。ほかにもセカンドライフ内で仮想の服などを販売する「BareRoseTokyo」主催のチャリティーライブがあり、そちらにも寄付があったという。

集まったリンデンドルは日本円に換金する。用途も通常の赤い羽根共同募金と同様だそう。

このキャンペーンについては、セカンドライフを利用する世界中の人が日本に来なくても参加をしており、微力ではあるが今後も社会貢献の一環として継続する見通しだとか。


【関連記事】
PlayStation 的セカンドライフ、アジアで終焉
LINE、台湾地震の被災者を支援する募金スタンプ「Pray for Taiwan」公開
ユニセフが LINE 公式アカウントを開設--募金活動も順次展開
おめでとう三陸鉄道!全線運行再開1周年でポケモン列車や応援チャリティ

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

ITアクセスランキング

  1. 1話題のVRスコープが付録『じゃらん』で360度旅先体験! 書店へ走れ!写真2 5月28日14時15分
  2. 2『おそ松さん』1つで6つ子を付け替え可能! オフィスコーデにもピッタリなオトナ腕時計[オタ女]写真4 5月27日17時30分
  3. 3約25m先までOK--テレビ用ワイヤレススピーカーがサンワダイレクトから写真 5月28日13時00分
  4. 4モバイルバッテリーとACプラグとiPhoneケースが一体化!プリンストンの「PWR Case」写真 5月30日00時20分
  5. 5東京の路線図をプリント基板で描いたICカードケースが発売!X-WINGの設計図もあり写真 5月30日00時15分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る