日刊アメーバニュース

恵方巻きだけじゃない! 節分に食べたい伝統料理&食材3つ

2016年02月01日 17時00分
提供:マイナビ学生の窓口



節分が近くなると、コンビニやスーパーで派手に「恵方巻き」の宣伝が出るようになりますが、これは近年始まったもので昔は恵方巻きを食べる習慣はなかったともいいます。ではどんな食べ物が節分の伝統料理とされていたのでしょうか? 地域によって節分に食べる物の違いはあるのか、はたまたどんなものを食べているのか、まとめてみました。

■恵方巻きは、単なる「巻き寿司」だった!?

その年の最もいいとされる方角を向いて、恵方巻きをかぶりつくと願い事が叶い、いい運に恵まれるという恵方巻き。ただしこの習慣、昔はあまり聞いたことがなかったような気も……。それもそのはず、この恵方巻きが全国で「節分の食べ物」として広まったのは、コンビニやスーパーで恵方巻きの販売を開始してから。それまで恵方巻きを食べる習慣があったのは、主に関西のみだったとか。太巻きを切らないようにして、恵方と呼ばれる方角を向いて食べる、節分の日の関西での風習を、コンビニやスーパーが全国区に広げたのだそう。節分の日になると当たり前のように並ぶ恵方巻き。実は最近広まった風習だったなんて、驚きですね。

■いわし

節分の日に食べる物として、有名なのがやっぱりイワシ。これも太巻き同様西日本を中心によく食べられている縁起物なのだとか。西日本ではヒイラギの枝にイワシの頭を刺したものを、魔除けとして玄関に飾ります。ヒイラギのとげやイワシを焼いた時の強い匂いが、邪気を払ってくれると信じられているようです。

■こんにゃく

節分の日に「こんにゃく」を食べるという地域もあります。この風習は四国および全国各地に残るもので、こんにゃくは食物繊維が豊富で胃腸を掃除してくれるため、「胃のほうき」や「腸の砂おろし」と呼んで年末の大掃除後や節分にこんにゃくを食べていたとか。これもあまり知られていない節分の風習かもしれません。

■けんちん汁や年越しそば

主に関東地方で食べられていた節分料理がけんちん汁と年越しそば。この2つは旧正月を祝う行事食として主に関東地方で食べられてきましたが、旧正月がなくなり風習だけが残り、旧正月に近い節分行事の食べ物として定着したと言われています。

節分の料理と言っても、地方によってこんなにさまざま。全国区の節分の食べ物となった恵方巻きだけでなく、節分を楽しめる料理はいろいろあります。今年は恵方巻きだけでなく、こんな節分料理を味わってみてはいかが?

(ファナティック)

【関連リンク】
チェーン店がグレードアップ! 飲食店で使える裏ワザ7選「牛丼の『つゆだけ』を注文して持ち帰りできる」
食べてみたい?! 全国各地の「ご当地回転寿司」変わりネタ8選「フォアグラ握り」「抹茶アイス軍艦」
免疫力をアップさせる! 辛い鼻づまりを解消する食材&レシピまとめ
冬のカサカサ乾燥肌に効く! 肌荒れが気になるときに取り入れたい栄養素&食材4つ

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1パクチストが急増中!パクチーの凄すぎる効果が話題に写真26 8月24日12時00分
  2. 2正直やめて!夫がゲンナリしている「妻のファッション」ランキング写真5 8月26日17時00分
  3. 3友人の「結婚式写真」をFacebookに投稿……これって非常識?写真6 8月26日13時01分
  4. 4たった1年間で100万円貯めるコツを大公開!写真25 8月26日05時45分
  5. 5定番のニベアクリームが自在すぎる!驚きの使い方とは?写真24 8月25日21時24分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る