日刊アメーバニュース

[独占告白]フィリピン女性1万2千人を買った元校長 「1日30人は当たり前」仰天の性癖を饒舌に語った!

2016年02月10日 17時40分
提供:デイリー新潮

 昨年四月に児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で逮捕された横浜市立中学校の元校長の高島雄平(65)に対し、2015年12月25日、懲役2年執行猶予4年の判決が下された。彼の独占告白が18日発売の「新潮45 2月号」に掲載された。そこで吐露されたのは、彼の異常な収集癖と、逮捕されてからの日々、そして26年間にわたり約1万2千人のフィリピン人女性を買春し続けた異常な行為について、彼だけが知る真相の告白だった。自身もフィリピンに在住し、渡比をした日本人に関するノンフィクションで定評のある水谷竹秀氏が迫った。

■元校長の自宅にあった二万冊の本にDVDの山

 水谷氏は元校長の自宅に招かれ、そこで彼の収集癖の一端をみせつけられたという。(以下《 》内は「新潮45」より抜粋)

《「私は物が捨てられない質で、収集癖と記録癖があります。こだわりが強いからかと。自閉症的な傾向も感じています」》元校長はそう語り書庫を案内した。

《広さ六畳ほどの書庫に並ぶ本棚には、アインシュタイン全集や科学分野の専門書籍、SFシリーズ、源氏物語などの古典、推理小説や漫画が隙間なく詰め込まれている。その数二万冊に上るという。》

 逮捕された際、神奈川県警に押収された写真が約14万7600枚に及ぶと報道された彼の性質が露骨に表れた書庫だった。元校長はそこで、逮捕後の生活を水谷氏へ明かした。家宅捜索後の失意の日々に、自ら命を絶つことを考えたと語り、自殺の名所とされる青木ヶ原樹海へバイクで向かったが死にきれなかったという。また家族との軋轢について語る彼の表情はひどく落胆していたと水谷氏は述懐している。

■ちょっとしたODA並

 彼の人生が狂い始めたのは1988年マニラ日本人学校に赴任した際、一人でバーにでかけたのがきっかけだった。そこではじめて女性を買い、やがて泥沼にはまっていったと告白した。

《高島は妻と幼い子供を伴って家族でマニラに赴任していたが、深夜になると一人、繁華街へ繰り出した。しかも週に三、四日のペースだ。「何も言わずに出掛けていました。妻はどこかで何かしていると思っていたんでしょう」と高島は平然と言うが、よくも口論にならなかったものだ。あるいは全くばれなかったのか。》

 赴任を終えても元校長は「マンゴーの植林」との名目で26年間にわたり、64回の「買春ツアー」に出かけた。彼がマニラの繁華街で費やした金は膨大な額に上る。

《女性への支払い額は一律千ペソ(約二千六百円)。これに買った人数の一万二千六百六十人を掛け算すると、高島が二十六年間の買春につぎ込んだ総額は約三千三百万円になる。フィリピンで実施されている政府開発援助(ODA)の小規模事業に相当する額である。》

■「加藤鷹っていますよね?」

 この事件発覚後、メディアが関心を持った「果たして1万2千660人の買春は可能なのか」についても聞いている。

《(高島が)買春に費やしたのは約千二百日と推計される。

 つまり、一日平均十人以上を買わなければ一万二千六百六十人という数字には到達しない。しかも彼がマニラで買春に手を染めたのは四十前である。仮に二十代だったとしても異常な性欲だ。バイアグラを使い続けていたのかと尋ねると、高島は否定してからこう言った。

「『接して漏らさず』っていうんですかね。いつの日からか私はコントロールが利くような体になりました。射精の脈動感はありますが、射精しないでも十分に快感を得ることができる。その体質というかテクニックを身に付けてからは、何回でも挿入できます」(中略)

「そういうことが実際に他にもあるのかなって思ったら、加藤鷹っていうAV男優がいますよね? 彼の著書にそのことが出てきます。つまり、射精はしませんがオルガスムスはあるということです」》

 AV男優の名前まで飛び出す呆れた饒舌さだ。

《高島が一度にホテルの部屋へ持ち帰った女性の最多人数は「十四人」。ちなみに「一度」というのは「一日」という意味ではない。女性を部屋に呼ぶのが午前の部と午後の部、夜間の部など毎日三~五部に分かれており、毎回数人~十人以上の女性を同時に相手するのだ。

「部屋にいる女の子全員に挿入することもありました」

 一日で三十人ぐらいに挿入したことがあるのか尋ねると高島は、

「それは当たり前の話ですね。五十人もありますよ」

 とまるで自慢げに話す。

「射精していなければ何人とでもできます。その能力は『神様からのプレゼント』だって、女の子から言われました」

 取材の中で唯一、高島が笑みを浮かべた瞬間だった。》

 記事では水谷氏は元校長が日本の教え子たちについて欲情することはなかったのか、という問題についても切り込んでいる。現地での取材で聞こえてきた元校長の評判や、そこから彼のフィリピンに対する「上からの目線」の考え方も暴き出している。

 独占告白全文「フェリピン女性『1万2千人』を買った元中学校長の人生」は「新潮45 2月号」に掲載されている。

「新潮45」2016年2月号 掲載


【関連記事】
「寝室問題」は皇室にもあった 昭和天皇が変えた「寝室」の作法
「10年後破綻する人」はどんな人か 経済ジャーナリスト・荻原博子さんに聞く
「人の肉体は最後にはこうなるのだ」 死の「裏方」を知る『葬送の仕事師たち』
なぜソープランドの「本番」は取り締まられないのか?
明るくて感じが良い「あの人」が苦手 それ、人間アレルギーが原因です

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

国内アクセスランキング

  1. 1乳児の遺体埋める=容疑で高校生男女逮捕-群馬県警31 7月28日10時40分
  2. 2血の臭い充満、倒れる入所者=殺傷事件の障害者施設-現場到着の消防士写真30 7月26日20時29分
  3. 3結束バンドで職員拘束=殴打も、制止や通報阻止か-障害者19人刺殺・神奈川県警写真10 7月28日12時14分
  4. 43歳児監禁容疑、両親逮捕=浴室閉じ込め、4日後死亡-大阪府警4 7月27日19時04分
  5. 5わいせつ容疑で警官逮捕=女性に抱き付く-鹿児島県警11 7月27日23時15分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る