日刊アメーバニュース

【注意】雪の日を「長靴ナシ」で乗り切る6つの歩き方

2016年01月18日 08時20分
提供:しらべぇ

18日未明から、東日本一帯に広く降雪が確認されている。関東地方でも朝7時現在、すでに4~5センチ程度の積雪が確認されており、昨日から出されていた大雪警報・注意報は当たった様子だ。

【大雪警報】会社・学校は休み?休校の判断は「午前7時」

今回のような「想定外の雪」の場合、心配なのが「靴はなにを履くか」ということ。事前になにかしらの準備ができていれば問題ないが、雪国出身者でもないかぎり、前日に「長靴」を用意できなかった人も多いハズ...。

そこで今回は北海道生まれ北海道育ちの道産子A氏(25歳・男性)に聞いた「長靴がない時にできる6つのこと」をご紹介しよう。

(1)厚底、ぎざぎざ、ゴムの靴を選ぶ

「なるべく柔らかいゴム底の靴を選ぶこと。そして、靴底にはちゃんと溝があるものを選ぶこと。

靴底がツルツルの革靴はとても危険です。永久に転び続けて、最悪骨折につながる恐れもあります。サラリーマンの方は、今日は別の靴で出社しましょう。どうしてもの場合は会社についてから履き替えて。

また、見映えは悪いですが靴に縄や太めの輪ゴムを巻くと、結構違いますよ」


(2)足の裏全体を地面につけるように

「歩き方も大事です。かかとから下ろすのではなく、足の裏全体で歩くようにしましょう。垂直に、『前に置く』イメージですね。また、すり足は危険なのでオススメできません」


(3)歩幅は小さく

「足を大きく上げると、それだけバランスを崩しやすいです。小さな歩みで」


(4)ブーツ...でもおしゃれ用ブーツは危険!

「ブーツならいいじゃん? と東京出身の人は思うかもしれませんが、冬靴としてのブーツとおしゃれブーツは全然違います。何度もいいますが、靴の裏を見てください。普段見ないことが多いけど、ツルツルのものが多いですよ?

ただ、おしゃれ用のブーツでも、マーチンの靴はゴム底で厚いし、歩けますよ! 男子なら、一昔前にはやったマウンテンブーツもおすすめです」


(5)誰かが踏んだあとの雪道も気をつける

「『やわらかい新雪は、靴が埋もれて歩きにくい』と言って人が踏み固めた場所を歩く人がいますが、踏まれすぎて固まっていたり、水が固まっていたりで危険なこともあります。中腰で歩き、最初からスリップに備えておきましょう」


(6)濡れた足は乾かして!

「濡れた足はきちんとタオルで拭くなどして乾かすこと。霜焼けや水虫になる可能性もありますので」


雪がめったに降らない大阪府出身の記者としては、一番良いのは「学校、会社を休むこと」だと思わざるを得ない今の状況だが、どうしても出かけないといけない、という人は参考にしてみてほしい。

(取材・文/しらべえ編集部・岡本拓


【関連記事】
【大雪警報】会社・学校は休み?休校の判断は「午前7時」
1000人が選んだ「チーズ料理」ランキング!1位に輝いたのは…
九州・沖縄でも意外と雪には興味なし!?雪が降ると嬉しいのは29.0%!

この記事のコメント

13件を表示 / 3件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1夫の急死で変わること、最も困ることとは?写真41 6月22日06時58分
  2. 2リバウンド知らず!運動より大事な「ヤセるテクニック」2つ写真27 6月22日11時30分
  3. 3LINEから本気度がわかる!? 彼の本心を見抜く「魔法の質問」とは写真2 6月24日17時50分
  4. 4リスクはどんどんUPする!? 「35歳以上の高齢出産」リスクと3つの事前準備写真7 6月23日23時00分
  5. 5掘北真希の妊娠報道が早すぎ!「安定期まで妊娠を隠す」秘策5つ写真21 6月23日15時20分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る